SSDを増設し、Windows10を導入した

 私は長らくデスクトップPCでWindows7を使ってきましたが、今週にSSDを増設して、そこにWindows10をクリーンインストールしました。

 2009年にWin7をインストールして以来、再インストールすることなく同じOSを使い続けていましたが、久しぶりに新環境になってスッキリしました。SSDにインストールしたおかげで、動作もキビキビして快適です。

2325

■Windows10

 Windows10は無料でアップグレードできるという話でしたが、既存OSのアップグレードしかできないということでしたので、Win10化は避けてきました。アップグレードだと、Win7/8のドライバが残ってトラブルの原因になるという話もちらほら聞いていましたし。

 しかし、2015年11月のBuild 10586から、新品のドライブにWin10をクリーンインストールできるように仕様が変更されましたので、導入を決断しました。

 インストール時に参考にしたのは以下のページです。

 →Windows 10 バージョン1511のクリーンインストール方法と旧バージョンとの手順の違い (Solomonレビュー[redemarrage])

■SSD

 Windows10はSSDにインストールすることにしました。以前からSSDの導入には興味があったのですが、OSがインストールされたドライブをSSD化するのは、どんな方法をとるにしても手間がかかります。そのため決断ができなかったのですが、今回はWin10をインストールのついでに行うということですので、よい機会になりました。

 SSDについてはどのメーカーが良いのかといった知識はあまりなく、情報収集してもよくわかりませんでしたので、amazonでよく売れている製品を選ぶという安易な手段をとりました。(^^; 金属製で放熱も良さそうでしたし。

 →Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s (amazon.co.jp)

2326


 SSDの導入を決断した背景には、今のSSDの耐久性が非常に高くなっているという数々の記事を読んだこともあります。

 →SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? (GIGAZINE)

 >毎日10GBのデータ書き換えを行っても7万日つまり約190年もつという計算になるため、SSDの書き換え寿命を心配する必要はほとんどないことは確実です。

■Windows10の使用感

 SSDの設置からWindows10のインストールまでいろいろ含めても、3時間もかからない作業で、トラブルなく簡単に終わりました。

 Windows10の使用感ですが、思ったほどWindows7と違いはないなという印象です。インストール直後は、長年かかって設定してきたWin7との違いに戸惑いましたが、文字の大きさなどの設定を以前と同じにしたところ、違和感は消えました。

 SSDはさすがの威力ですね。起動は速いですし、アプリの挙動もキビキビしていて良い感じです。実はWindows10を使うために、PCの新調も検討したことがありました。しかし今回のWin10化とSSDの導入で、このPCであと3年は戦えそうです。

| | コメント (0)

Kobo Aura H2O を購入した

2324

 電子書籍リーダーを新調しました。今までは初代の kobo Touch を使用していましたが、より性能の高い端末への購入を検討していました。そうしたところ、新型の Kobo Aura H2O が発売されたということで、買い替えました。

 買い換えの決定打は、画面の大きさです。画面が6.8インチと大きいですので、携帯性や軽さには劣りますが、文字が大きく見やすいです。また、フロントライト内蔵で暗いところでも読みやすいですし、電子インクも Pearl から Carta へと新世代のディスプレイとなり、コントラスト比に優れます。

 →電子書籍リーダー Kobo Aura H2O (楽天ブックス)

■電子インク端末

 実際使ってみて、以前の端末の不満点がかなり解消されて満足です。これをあと2~3年ぐらいは使えれば良いかな、と思っています。なお、『趣味の文具箱』のような雑誌やマンガは、iPadで閲覧しています。

2323


 私は電子書籍は amazon kindle と楽天koboを利用していますが、クーポン目当てで主にkoboの購入が多くなっています。kindleの方でも kindle voyage という新型端末が最近発売されましたので、kindleとkoboの二台持ちにしようかどうか、かなり迷いました。迷っている間にaura H2Oが発売されましたので、継続性を考えて aura H2Oにしました。ただ、サービス撤退の可能性が低いのは amazon kindle の方ですので、保険を考えていずれ二台持ちにしようかなとも思っています。

| | コメント (3)

アウロラから 「大陸シリーズ オセアニア」 が発売に

 アウロラから、大陸シリーズの新作として「オセアニア」が6月に発売されるようです。大陸シリーズは今までに「アフリカ / エイシア / エウロパ / アメリカ」と発売されてきて、このオセアニアで第5弾となります。一般的には地球の大陸は6つを指しますので、後は南極大陸が揃えば、大陸シリーズは全制覇となります。

2321_2

 今回のオセアニアの色は、オーストラリア大陸の内陸部をイメージしたような砂漠色という感じでしょうか。かなり個性的な色合いですので、実物を見ると意外と印象は異なるかもしれません。

 →Aurora Oceania Limited Edition: It’s Not Just Australia. (FPGeeks)

■オチェアニア?

 ところで、日本語ソースではまだ商品の情報は出てませんので、日本語での名称がどうなるかはまだわかりません。過去の製品は、イタリア語でエイシアやエウロパとなっていましたので、もしかするとこれもイタリア語発音で、オチェアニアなどのように表記されるかもしれません。

 気になる価格ですが、Fountain Pen Hospital での値付けでは860ドルとなっていますから、日本では8~9万円あたりになるでしょうか。ちょっと高めですね。エイシアからの定価の流れからすると、致し方ないでしょうか。

 →Aurora | Oceania Collection  (Fountain Pen Hospital)


過去の大陸シリーズの価格
アフリカエイシアエウロパアメリカ
58,000円 65,000円 70,000円 80,000円


 最近はアウロラの万年筆を購入していませんので、そろそろ購入したいと思っていますので、実物を見て購入検討しようと思っています。

2322

| | コメント (4)

輪島塗の漆価格の上昇が心配

 円安の影響で、漆の輸入価格が大幅に上昇しているという気になるニュースがありました。輪島塗の組合は、メーカーに販売する漆の価格を最大30%程度引き上げるそうです。このことが、漆塗り万年筆の値上げにつながらないか心配です。

 →円安影響 漆の販売価格大幅引き上げへ (NHKニュース)

2114

■購入タイミング

 価格の上昇は中国漆の輸入価格上昇が原因ですので、国産漆を使用しているパイロットのカスタム845などは心配ないでしょう。しかし他のメーカーで中国漆を使用している所は、影響があるでしょうね。

 私は最近は漆軸や木軸が好きになっていますので、価格上昇となっては厳しいです。消費税率アップの話もありますし、その前に漆万年筆を1本買おうかと検討中です。

1795

| | コメント (0)

キャップレス楓を購入した

 キャップレス50周年のキャップレス楓ですが、発売日に購入しました。先月から仕事が年末進行の修羅場に入ってしまい、ものすごく周回遅れの記事になってしまいました。(^^; 一度箱を開けて見ただけで長くそのままでしたが、本格的に開封して使用するのは今日が初めてになります。

2318

■カエデ

 楓の軸と、ゴールドトリムのバランスは、予想していたよりもマッチしていていい感じです。私が所有している日本のキャップレスは、シルバートリムとマットブラックですので、ゴールドトリムのキャップレスは初めてです。

2320


 最初からコンバーターが付属しているのは好印象です。今までの3本はどうだったのか忘れましたが、棚吊り防止機構が付属した、最新式のCON-50でした。まずは第一印象まで。しばらく使ってみてから、またいろいろ書きたいと思います。

2319

| | コメント (0)

«「ゴールドブレンド 挽き豆包み」を購入した