« "日刊ココログガイド"に掲載されました | トップページ | 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ »

「パイロット バンブー」のレビュー

 PILOTのバンブー ダークブルー、Fニブです。

96

(1)外観

 この万年筆は、その名の通り、竹のような外観を持ちます。もちろん竹とは言っても、セーラーの竹万年筆とは異なり、樹脂製の軸です。フランスのデザイナーであるジュリエット・ボナム-ル氏のデザインによるもので、魅力的な万年筆だと思います。

101

 先端と後端が斜めに切り落とされており、胴軸は後ろに向けてすぼまる形状をしています。キャップも、中央が引き締められた独特の形状で、キャップを閉めたとき、キャップを後ろに差し込んだとき、それぞれ異なるフォルムで目を楽しませてくれます。

(2)書き味・ペン先

 ニブは超ガチニブです。現行のパイロットのラインナップの中でも、最も硬いニブと言って良いと思います。高い筆圧でガシガシ書くのに適した万年筆です。

 そしてバンブーのニブのもう一つの特徴が、マット処理されたニブのデザインです。

512

 14Kのペン先にロジウムコーティングされたニブなのですが、周辺部がマット調に加工されているのです。ニブの装飾で凝ったものと言えば、複雑な刻印やバイカラーメッキがよく見られますが、このバンブーのようなマット処理というのは手持ちの中では他に例がなく、その点で独特の存在感を放っていると言えます。

 このマット処理のこともあって、私はこのバンブーのニブが、手持ちの万年筆の中で最も好きなデザインです。

(3)首軸部の段差

512  バンブーを他の万年筆と異なる存在としている特徴のもう一つが、首軸部の段差です。

 多少の段差のある万年筆なら他にもありますが、ここまでの段差を持つ万年筆はバンブーだけでしょう。私は基本的に、大方の万年筆でネジが切られた部分を持つことが多いのですが、この大きな段差は、真ん中を持つということを許しません。この万年筆を使う者は、低くなっている首軸部か、太くなっている胴軸部かのどちらを持つかの選択を迫られます。

 私自身は、このバンブーは低くなっている首軸部を持ちます。とはいえ、多少は胴軸部にかかる感じですね。他のバンブー使いの話を聞いても、首軸部を持つという人もいれば、胴軸部を持つという人もおり、様々です。胴軸部にすべり止めのような凹みが設けられていることから考えても、胴軸部を持った使用も想定しているのでしょう。

 この大きな段差ゆえ、人によっては使いにくい、と感じる恐れがあります。ですから、できれば試筆してから購入した方が良いと思います。
 (※とはいえ、マイナーな万年筆故、店頭にこのバンブーを置いている店は少ないので、試筆は難しいかもしれませんが。)

 私自身は、段差にもかかわらず、使いにくくはないと感じています。

(4)材質等

 バンブーの胴軸は樹脂製ですが、ネジ部は金属の部品が使われており、34gと少し重めです。しかし、バランスは悪くないと思います。

 キャップはネジ式で、金属故に"カシュカシュ"という独特の感触の締まり方をします。

101

 クリップはローズゴールドでメッキされており、独特のアクセントになっています。ローズゴールド好きの私としては、高評価のポイントです。パイロットのスタンダードラインに多い丸玉クリップでないのも、良い感じです。個人的には、あの丸玉クリップは苦手なんですよね。

(5)コストパフォーマンス

 バンブーの高評価のポイントとしては、そのコストパフォーマンスがあります。バンブーは10号ニブの万年筆ですが、同じ10号ニブをつけたスタンダードラインのカスタム742と全く同じ価格の2万円なのです。

 普通、こうした凝った形状の万年筆は、スタンダードラインの黒軸万年筆よりも高価格に設定されるのがこの業界の常です。しかし、このバンブーは同じ価格に設定されており、とても財布に優しいです。さすが、国内万年筆業界の雄であるパイロットだけのことはあります。

 「パイロットの10号ニブの万年筆が欲しいけれど、黒軸のバランス型はもう飽きた」というような人には、このバンブーは最適だと思います。

(6)総評

 全体のフォルムもニブデザインも、あらゆる意味で異彩を放っているのがこのバンブーです。

 普通の万年筆は飽きたので、変わったデザインの万年筆が欲しい、という人の欲求を満たしてくれる万年筆だと言えます。もちろん、決してインパクトだけの万年筆というわけではなく、実用としても非常に優れている万年筆だと思います。

101


※スペック一覧

・重さ 全体:29g キャップ:13.5g キャップなし:15.5g
・長さ 全長:14.9cm キャップなし:13cm 後尾にキャップ:16.7cm
・太さ 首軸最小径:10.5mm 首軸最大径:12mm 胴軸最大径:15mm 胴軸最小径:10.5mm キャップ先端:15mm キャップ後端:13.5mm

|

« "日刊ココログガイド"に掲載されました | トップページ | 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ »

万年筆 / 感想・レビュー (国産)」カテゴリの記事

コメント

自分は書かれてあるとおり、あの段差が気になって
てゆーか、痛そうなのでまだ入手していません(^^;
デザインの好き嫌いもありますが(汗)
硬めのニブということで、たぶん買わないでしょうね。
しかし、いつも行く店には置いてありますのでそのうち
試し書きさせてもらおうかな(^^;

投稿: ZEAK | 2008年7月17日 (木) 08時15分

 段差はたぶん、思ったよりも気にはならないのでは、と思います。意外と、あれはあれで持ちやすいです。
 ただ、問題はガチニブの方だと思います。ガチニブ好きの私ですら、少し硬すぎるかな、と思うほどですから、柔らかニブ好きのZEAKさんには合わないだろうな~と予想します。(^^;
 パイロットは、スタンダードライン以外は柔らかめのニブを持つことが多いのですが、このバンブーは例外のようです。

投稿: もきゅすけ(管理人) | 2008年7月17日 (木) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "日刊ココログガイド"に掲載されました | トップページ | 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ »