« 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ | トップページ | ペリカン万年筆におけるペン芯ズレ問題 »

"シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス

104

 前回の記事で言及したシリコンスプレーを紹介します。写真に写っているのが、私が万年筆の吸入機構の滑りを良くするために使っているシリコンスプレーです。

 家の近くのホームセンターで購入したもので、それぞれ127円でした。ドライタイプとそうでないタイプの二種類があり、違いがよく分からなかったので、安いこともあって両方購入しました。


(※追記)今は大容量の「KURE シリコンスプレー」を使用してます。なお、KUREの「シリコンスプレー」と「シリコンルブスプレー」は、流通経路が違うだけで同じものだそうです。


 →KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 (amazon.co.jp)

■石油系溶剤の有無

 調べたところ、ドライタイプは石油系溶剤を使っていないようです。万年筆に使う場合は、プラスチックや樹脂を痛めないためにも、石油系溶剤を使っていないドライタイプを使用した方が良さそうです。(※石油系溶剤を使っているシリコンスプレーが絶対ダメというわけではないと思います。ただ、ドライタイプで十分に目的を達せられる以上、念のために、ドライタイプを使った方が良いでしょう。)

 これを吸入式万年筆やコンバータにひと吹きすれば、驚くほど滑りが良くなります。滑りが固いまま使うと、悪くするとピストンがねじ切れる、といった事態にまで陥ることがあります。そこまでならなくても、吸入機構に負担をかけますから、早めに、そしてこまめにシリコンスプレーで滑りを良くした方が望ましいと言えます。

105
(※写真は、分解したプラチナのコンバータに、後ろからシリコンスプレーを噴射しているところです。)


 ペリカンの場合は、ニブユニットは回転させれば外れますから、ニブユニットを外して、そこからシリコンスプレーを吹けばいいです。洗ってインクを落としてから行いましょう。なお、ニブユニットを外すときはゴム板を使いましょう。素手で外すのは固くて難しいかもしれませんし、ニブとペン芯のあわせがズレることにもなりかねません。

106


 なお、購入する場合は、必ず「シリコン」スプレーを買うことが大切です。例えば「KURE 5-56」などは、プラスチックを侵しますから使ってはいけません。呉工業の製品にもちゃんとシリコンスプレーがラインナップされていますから、それを購入しましょう。

 私が調べた限りでは、シリコンスプレーは値段が高いのも安いのもそんなに成分に違いはないようですから、石油系溶剤が使われているかどうかにさえ注意すれば、安いのでも構わないと思います。

■シリコングリス

107

 シリコンスプレーではなくシリコングリスを使用するという人の話も聞きます。シリコンスプレーの方が手軽ですが、長持ちをするという点ではシリコングリスの方に軍配が上がります。シリコングリス派の人は、時計用のシリコングリスを使用する人が多いようです。セイコーやシチズン製のシリコングリスがよく使われているようです。

 なお、ネットでパソコンのCPU用のシリコングリスを使っているという人を見て、実際に私も使ってみましたが、滑りがイマイチですし、跡が残ってしまいますので、個人的にはあまり勧めません。ちゃんとした時計用のシリコングリスを使った方が良さそうです。

|

« 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ | トップページ | ペリカン万年筆におけるペン芯ズレ問題 »

調整・修理・改造・トラブル」カテゴリの記事

コメント

シリコンスプレーの話
参考になりました。
どっちが良いかわからなかったので助かります。

投稿: ZEAK | 2008年7月24日 (木) 17時22分

 私も購入するときは分からなかったのですが、さすがにインターネットは便利で、検索するとすぐに分かるので便利です。
 石油系溶剤は揮発してしまえば問題ないですから、そこまで致命的ではないと思います。でも、実際に使っている限りでは万年筆に使う限りは石油系溶剤入りのメリットはないですから、ドライタイプの方が無難と言えば無難ですね。

投稿: もきゅすけ(管理人) | 2008年7月25日 (金) 01時59分

時計素人を騙す創設者は時計師ルイ・ブラン。
有名どころはもちろん、あまり知られていないような業者も載せているので、オメガ デビル買取の参考にして頂きたい。
取り扱い説明書に、手入れの方法がしっかりと記されているので、それを参考にしながら綺麗な状態にしておこう。
時計以外でもバッグや高級ブランド酒なども取り扱っている。
現在の相場と、減額の理由をはっきりと伝え、ユーザーに納得してもらった上で買取成約に至っている。
しかし、海外で買った、プレゼントで頂いた、購入したお店が無くなってしまった、メーカーの修理費用は高い、などの理由で時計修理の相談先が思い浮かばない、という声を多く聞きます。
最近ではLINE査定も導入し、より使いやすい買取業者として人気上昇中だ。
ネット査定、宅配買取、店頭買取など今日の日本の高級ブランド買取業者の礎を作った老舗企業でもある。
査定料金、宅配時の送料、運送時の保険など一切の費用をかけずに売ることができるのも特徴だ。
東京都からの発送料は落札者が負担しました。
都内を中心に200店舗以上が展開している。
宅配買取、店頭買取、訪問買取に対応している。
窓口買取と宅配査定の両方に対応しており、窓口買取よりも宅配買取の方が高く査定してもらえる可能性が高くなる。
ロレックスなどは、お金を払ってメンテナンスをしなければならないが、オメガの場合は、自分自身である程度の手入れ(クリーニング)が可能だ。
買う側としての円安は、物価が上昇するため買い控える傾向にあるが、売る側としては取引額がかなり大きくなる「おいしい」状況だということを覚えておこう。
受付方法は、インターネットでの受付と店頭での受付の二通りが行われている。
「スポーティ」「無骨」「男=漢」らしい時計を欲する方々は、オメガやロレックスのスポーツモデルを選ぶのです。
時計買取業者も利用するほどで、高い買取査定額と鑑定眼は業界内で一目置かれている。
もちろん買取業者でもクリーニングを行うが、汚れているオメガ デビルの場合だと、クリーニングの手間を踏まえて査定額が上がらないことも多い。
この期間を過ぎますと理由の如何を問わず返品、返金には応じることができません。
長年の運営実績のあるちゃんとした店で新品を買えば偽物はほとんどありません。
宅配買取は最短で2日、最長でも1週間で査定額を提示してくれる。
所有時に分解洗浄などを行なっていた場合には、その保証期間を証明する書類も買取の際に必要になってくることを覚えておこう。
3年から4年に一度オーバーホールを行う必要があるオメガだが、故障した場合も定期点検と同様に分解掃除は行われる。

投稿: スーパーコピーginzaok.com | 2020年5月23日 (土) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス:

« 「ナイアガラの滝」の尻軸が外れてビックリ | トップページ | ペリカン万年筆におけるペン芯ズレ問題 »