« "シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス | トップページ | 首軸先端の金属リングの廃止 »

ペリカン万年筆におけるペン芯ズレ問題

 前回の記事で、ペリカンのニブユニットを外して、シリコンスプレーを塗布することについて書きました。その時、ペン芯ズレが生じていないかどうか、確認することが肝要です。

 ペリカンのニブユニットは回転させて外すわけですから、ニブに対してひねりの力が加わるわけです。それ故、ニブユニットを外して組み直したとき、ペン芯ズレの問題が発生しやすいのです。特に現行のペリカンはペン芯ズレが生じやすいようです。

108

 写真の状態がペン芯ズレと言われる状態です。ペン芯ズレが生じた場合、ペン先のイリジウムに段差が出来てしまいますから、書き味が悪化します。
 ペン芯ズレが生じた場合は、指で横からニブを押してやって、正しい位置にニブをセッティングしましょう。


 ペン芯ズレが生じているかどうかは、肉眼で分かることもありますが、微妙なペン芯ズレの問題はルーペを使わないと分からないことが多いです。10~20倍程度のルーペを使って確認した方が良いでしょう。

109

|

« "シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス | トップページ | 首軸先端の金属リングの廃止 »

調整・修理・改造・トラブル」カテゴリの記事

コメント

左のルーペは私も写真をやっていたときにポジフィルム
の確認をするときに使っていました。
15倍ですが(^^;
それにしても、ここまでずれたことはないですね。
鉄ペンの場合は差し込みのものが多いので時々ずれ
を調整しますが。
ペリカンでは今のところ経験が無いです。

投稿: ZEAK | 2008年7月24日 (木) 17時25分

 あ、私のも15倍ですので、たぶん同じ物だと思います。ポイントが余ってましたから、ヨドバシカメラのカメラコーナーで購入しました。デジカメ全盛時代になってますから、こうしたルーペを使う人も少なくなってきているのかもしれません。

 ペリカンの現行品は、リングが金属になってますから、ここまで豪快にズレることはないですね。
 ペン芯ズレの写真を撮るために、わざとずらそうとしたのですが、ペリカンでは分かりやすくずれなかったので、パイロットにご登場願いました。パイロットの場合ペン芯奥にある半透明の部品を抜いてやれば、簡単にペン芯ズレさせられますので。(汗)

投稿: もきゅすけ(管理人) | 2008年7月25日 (金) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/41919242

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカン万年筆におけるペン芯ズレ問題:

« "シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス | トップページ | 首軸先端の金属リングの廃止 »