« 「PARKER ソネット」に「ペン習字ペン」のニブをつける | トップページ | "日刊ココログガイド"に掲載されました »

VISCONTI 「オペラ」 のレビュー

 ヴィスコンティの「オペラ サマータイムイエロー」、Fニブです。

 私は派手目の色軸が好きですし、また丸形ではない変わった形の軸も好きです。ですから、四角軸で渦模様のこの万年筆は、とてもお気に入りの一本です。

1279

(1)外観

 このオペラという万年筆は、軸が四角の形をしています。四角と言っても、ウォーターマンのエクセプションとは異なり、角が削られて面取りされていますから、筆記していても角が手に当たって痛い、などということはありません。この面取りされた四角軸のおかげで、かえって持ちやすく、安定した筆記が可能になっています。

 →Waterman 「エクセプション・スリム」 のレビュー

1280


 軸とは異なり、首軸部は円形になっています。ですから、右ひねりや左ひねりなど、さまざまな人の筆記スタイルにも適合しやすいと言えます。ただし、首軸先端部の金属は少し滑りやすいです。汗かきなどの人は、その点は注意した方が良いと思います。

(2)書き味・ペン先

91

 ニブは大型でガチニブです。なめらかな書き味で良いと思います。インクフローはかなり良い方で、そうした書き味が好きな人にはお勧めです。

 ただ、イタリア万年筆はニブの個体差があるとよく言われます。ですから、自分で試筆して、問題のない個体を選んだ方が良いでしょう。


 軸は結構重めです。しかしバランスはよいですから、書きにくいということはありません。私はキャップを後ろにポストせずに使用しています。

(3)模様

 四角の軸に加えて、この独特の模様が、オペラの魅力でしょう。色軸の中ではかなり気に入っている一本です。

94


 ただ注意する必要があるのは、この模様にはかなり個体差があるということです。実際、私は複数本の中から選んで購入しましたが、中にはイマイチ綺麗でない個体も多く見られました。写真でも少し見られますが、模様の中の濃い線に沿って、黒くなっている部分が浮き上がっているのが確認できると思います。それが過剰に目立つ個体があるのです。また、ラインの描き方についても、一本一本が異なります。美しいラインの個体もあれば、そうでない個体もあります。

 ですから、ペン先の個体差と模様の個体差の二つの理由から、このオペラを買うときは、自分で実際に個体を目で見て買うことをお勧めします。ブログ「私的電脳小物遊戯」さんのところでも、オペラ ブルーベリーのレビューが掲載されています。その写真を見ると、相当に模様が綺麗でうらやましい限りです。私が選んだ中では、あそこまで綺麗なのはありませんでした。

(4)天冠

92

 オペラの天冠には"VISCONTI"の銘が刻まれた円形の部品が付いています。この部品は磁石で天冠にくっついていますから、取ろうと思えば取り外すことが出来ます。この天冠は、"My Pen System"というシステムで、イニシャルなどを装着することができるそうです。(※そういうサービスが日本で行われているかどうかは分かりませんが)

 かなり強力な磁石ですので、いつの間にか外れていて紛失するという事態になることはなさそうです。

(5)その他

 クリップはバネ式になっており、アーチ型で側面に"VISCONTI"という名が刻まれているデザインは、イタリア万年筆らしく、お洒落で楽しいです。しかし、微妙にぐらつきがあり、頼りない印象があります。耐久性が十分にあるのか、ちょっと不安に感じる面があります。

 コンバーターは、見た目的に高級感があって、好きです。ネジ式で本体に固定する仕組みになっているのも、安定性という点で評価が高いです。

93

(6)総評

 イタリア万年筆らしい美しい外見、四角軸というユニークさ、そしてそれが生み出す持ちやすさと、このオペラという万年筆はさまざまな意味で他の万年筆にはないものを持っており、所有する満足感を与えてくれる一本だと思います。

 ただ、すでに書いたとおり、個体差故に、ちゃんと店頭で手にとって購入することをお勧めします。数ある中から、自分の気に入るペン先と模様の一本を選んで購入すれば、間違いなく値段分の価値を見いだせると思います。

1281


※スペック一覧

・重さ 全体:37.5g キャップ:13.5g キャップなし:24g 首軸:8.5g
・長さ 全長:14cm キャップなし:13cm 後尾にキャップ:16.5cm
・太さ 首軸最小径:10.3mm 首軸最大径:11.3mm 胴軸最大径:13.5mm 胴軸最小径:10mm キャップ先端:15mm キャップ先端:13mm

|

« 「PARKER ソネット」に「ペン習字ペン」のニブをつける | トップページ | "日刊ココログガイド"に掲載されました »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
サマータイムイエローもきれいですね。
ビスコンティは2本しか持っていませんが、
アイーダの大振りな18kのペンはとても柔らかなの
ですが、オペラのペン先は硬いのが難点でしょうか(^^;
フローは良く書きやすいのですけど。

投稿: ZEAK | 2008年7月15日 (火) 08時25分

 コメントありがとうございます。
 オペラを買うとき、ZEAKさんが所有されているブルーベリーにしようかサマータイムイエローにしようか、どちらにしようか迷ったんですよ。
 ただ、行った店にあったブルーベリーは、ZEAKさんが所有されているられるのとは異なり、あまり綺麗な柄ではなかったので、サマータイムイエローにした次第です。
 柄の個体差があるというのも、イタリア万年筆らしいと言えばらしいでしょうか。

 国内限定20本のアイーダを所有されているというのは、すごいです。
 私自身は、ちょっとペン先が柔らかいのは苦手です。字がそんなに綺麗でないこともあって、固めのペン先でガシガシ書くのが常ですね。

投稿: もきゅすけ | 2008年7月15日 (火) 18時24分

michitです。
こちらEFマニアさんのショップリストから、イタリアのショップにコンタクトを取り、VISCONTIを購入しました。
OPERA Master DEMO(Blue)EFニブです。先週の9/16(金)にオーダーして、Shippingは、9/19(月)FedExと言うメールが来ました。FedExHomePageで9/22着予定との事で、その通りに、9/22に配達されました。(実際には、不在で、9/23朝に受け取りましたが。)
さて、日本では手に入らない(と思われる)オペラ・マスター・デモのEFですが、以前書かせてもらいました、ペリカンM800EFより、かなり細いです。非常に満足です。ただし、大きくて、重い!
しかし、なぜ、日本ではEFが輸入されないのでしょうか?細いペン先は、日本でこそ需要があると思われますが。。。。
日本ではEFペン先が想定されていない他の万年筆も、ほとんどのものがイタリアで手に入る事がわかりました。
ちなみに、ショップのMarco氏とは、メールをやり取りする中になってしまいました。(英語ですが!)
手に取って見られない、試しに書けない、というデメリットはありますが、このユーロ安!早速、次のアウロラを物色しています。
梱包もしっかりしていますし、中の箱もちゃんとしたもの、万年筆自体もキズ等皆無でした。 取り急ぎ報告を。

投稿: michit | 2011年9月24日 (土) 05時44分

 >michit さん

 購入おめでとうございます。オペラマスターデモとは、良い買い物をされましたね。私も憧れる一本です。最近は円高ですから、海外通販にはピッタリの状況ですね。

 ビスコンティのEFはちゃんと細くて、細字好きの私には嬉しいことです。と言うよりも、ペリカンのEFは太すぎると言った方が良いのかもしれませんが。(^^; EFの不在は不思議ですよね。海外では特殊ニブぐらいの扱いになっているのかもしれません。

 私も初の購入では、Marco氏と多数のメールのやりとりが必要でした。とは言っても、当時のHPのショッピングカート・システムのトラブル絡みでしたが。(^^; トラブル絡みとは言え、迅速で誠実な対応でしたので、信頼できるショップだと思います。

 最近は私は国産ばかり買っていますが、そろそろ海外産の万年筆を買おうと思っています。

投稿: EF Mania | 2011年9月26日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「PARKER ソネット」に「ペン習字ペン」のニブをつける | トップページ | "日刊ココログガイド"に掲載されました »