« 「KING CROWN 孔子 克己復礼」のレビュー | トップページ | 英雄のプッシュ式コンバータ 豪華版(?) »

Parker 「デュオフォールド センテニアル」 のレビュー

 パーカーの「デュオフォールド センテニアル パール&ブラック」、XFニブです。この万年筆は軸の美しさに惹かれて買いました。一度発売された後廃番になり、その後に欲しくなりましたので、再発売はとても嬉しかった記憶があります。

1929

(1)外観

 その名の通り、真珠色に黒線がアクセントとして入れられている独特の模様です。色々な軸色の万年筆がありますが、白色系というのは意外と少なめです。白色系の万年筆を一本欲しい、という方にはオススメです。

 黒線の模様は型で作っているらしく、基本的に共通です。ヴィスコンティなどにみられるような、一本一本の柄が違う、というタイプではありません。ですから、何本もの万年筆から気に入った柄のを選ぶ、という作業は必要ないかと思います。

1928

 全体的なフォルムは円柱形で、長めの軸を持ちます。重さは軽くもなく重くもなく、平均的です。

(2)ペン先、書き味

 ニブはガチニブで、しなりはほとんどありません。コリコリ系の書き味ですね。最近の万年筆は総じてガチニブですが、デュオフォールドの書き味はその中でもかなり独特の個性があります。好き嫌いが分かれる書き味でもありますので、試筆してから購入された方が無難かと思います。

 インクフローは良すぎるぐらいの潤沢さで、調整次第でいくらでもインクドクドクに出来ます。ニブにはバイカラーで、スペードのマークがデザインされています。ペン芯はフラットフィーダーで、シャープな横顔をしています。正直に言えば、これはあまり好きなデザインではありません。

1930

(3)センテニアルとインターナショナル

 デュオフォールドの多くには、センテニアルとインターナショナルの2種類が用意されています。センテニアルの方が軸が太くて長く、ニブも大きいです。

 →Parker 「デュオフォールド インターナショナル」 のレビュー

1933


 私がこのパール&ブラックを買う際、「どうせ買うなら、大きくて押し出しの良いセンテニアルだろう」と深く考えず、あまり試筆などをせずにセンテニアルにしました。しかし、個人的にそれはちょっと失敗だったかも、と思ってます。というのは、センテニアルの首軸の太さは、私の好みからすると、微妙ですが太すぎるのです。少しの文章を書くのなら良いのですが、私の万年筆を使う主目的である大量筆記を行うとなると、ちょっと首軸が太すぎて疲れるのです。

 どれぐらいの軸の太さが好みか、というのは人によって違いますので、私の体験が皆に当てはまる訳ではないでしょう。ただ、それなりに大きさが違いますから、どちらを選ぶかは、しっかり試筆してから選んだ方が良いと思います。

(4)キャップの穴

167

 パーカーの万年筆らしく、キャップには穴が開いていますので、ペン先が乾きやすいです。分かりにくいですが、特徴的な矢形クリップの下に穴が開けられています。

 ただ、ソネットに比べれば、ニブやペン芯が大きいですからインク保持容量も多く、1~2週間ぐらい放置したとしても、書き出し掠れが生じる、といったことはありません。しかし、インクが煮詰まってインクが濃くなる、という症状は見られます。

 →キャップの穴を 「バスコークN 透明」 で埋める


176_2

 それが気になるという人は、上のリンク先記事のように、自分でキャップの穴をふさぐこともできます。ただ、キャップの穴をふさいでいるせいか、キャップを開け閉めする負圧でキャップの天冠がスポッと抜けた、という話もネットで見たことがあります。

 もしキャップの穴をふさぐという場合は、そうした面も了解の上で自己責任で行いましょう。

(5)吸入時の注意

 前の項目で書いたとおり、ニブとペン芯は大きく、フィンも首軸内部にたくさん用意されていて、ペン芯のインク保持量はかなり大きいです。そのため、コンバータでボトルインクから吸入した時には注意が必要です。

 吸入式の万年筆やコンバータでインクを吸入する場合、2~3滴インクをボトルに戻して、逆さにしてペン芯のインクを吸う、という儀式をするのが定番です。その行為はしっかり行った方が良いです。それをしっかりしなかったために、ペン芯内のインクがボタッと紙に落ちるということが何度かありました。

 →パーカー デュオフォールドにおけるインクのボタ落ち

739

(6)キャップの模様の途切れ

 非常に気に入っている軸の柄ですが、一つだけ気になることがあります。それはキャップの二重リングの上下で黒線がつながっていないことです。この辺りにまで気を配ってデザインしてくれれば個人的には嬉しかったのですが。

1931

(7)総評

 綺麗で人目を惹く、特徴的なデザインを持つ万年筆です。似たような柄の万年筆はありませんから、デザイン買いしても後悔しないと思います。もちろん、筆記性能も期待に応えてくれるだけのものはあります。ただ胴軸は太く、書き味は独特ですので、試してから購入された方が良いでしょう。

1932

※スペック一覧

・重さ 全体:28.5g キャップ:9.5g キャップなし:19g 首軸:6.5g
・長さ 全長:13.6cm キャップなし:12.8cm 後尾にキャップ:17.2cm
・太さ 首軸最小径:10mm 首軸最大径:11mm 胴軸先端:12mm 胴軸最大径:13mm キャップ:15mm

|

« 「KING CROWN 孔子 克己復礼」のレビュー | トップページ | 英雄のプッシュ式コンバータ 豪華版(?) »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

パーカーはなかなか縁がなくて、45しか持っていません(^^;
デュオフォールドあたりが欲しいのですが、それ以外に目が
逝ってしまって、結局買わないんだろうな・・・orz

投稿: ZEAK | 2008年8月21日 (木) 19時24分

私が万年筆に興味を持ちだした頃は、もう45はなかったんですよね。
良い万年筆だったとは聞くので、興味はあるんですが、あのタイプの万年筆は最近ではあまり見ないですよね。

デュオフォールドは相当にガチニブなので、たぶん柔らかニブが好みのZEAKさんには合わないかもです。どちらかと言えば柔らかいのはソネットの方ですが、こちらも最近はガチニブ化が激しいですね。

投稿: もきゅすけ | 2008年8月22日 (金) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「KING CROWN 孔子 克己復礼」のレビュー | トップページ | 英雄のプッシュ式コンバータ 豪華版(?) »