« パイロット 90周年記念 「朱鷺」・「螺鈿朱鷺」が発売に | トップページ | ペリカン M800 デモンストレーター が発売に »

英雄のスライド式コンバータ

 「DUKE(公爵)のコンバータの謎」という記事の、どーむさんのコメントを見て、最近スライド式コンバータを手に入れていたのを思い出しましたので、それを紹介します。

134

 中国万年筆メーカの英雄のスライド式コンバータです。
 このコンバータは、入るインク量がどう見ても少なそうだったのと、スライド式というのが安っぽく見えて、道具箱に放り込んだまま、まだ使ってません。
 よく見ると、DUKEのコンバータと同じく、スプリングが入ってますね。

 パーカーのスライド式コンバータは所有していないので分からないのですが、英雄はパーカー51などに似た万年筆を作っていた経緯から見て、これも真似っこなのかもしれません。

135

 英雄という漢字表記が入っているのが中国万年筆らしくて独特ですね。

※余談

137

 ちなみにこれは、英雄の中押し式コンバータです。パイロットのCON-20と同じ仕組みで、ペコペコ押すことで、中のサックにインクが吸入される仕組みです。CON-20に比べると大きめなので、結構インクが入ります。

138

 上が英雄のコンバータ、下がパイロットのCON-20です。

|

« パイロット 90周年記念 「朱鷺」・「螺鈿朱鷺」が発売に | トップページ | ペリカン M800 デモンストレーター が発売に »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

口がヨーロッパタイプとゆーのが、いかにも英雄らしいですね。
子どもの頃に買っては壊れとゆー苦い経験があるので
あまり好きではありませんが(^^;

投稿: ZEAK | 2008年8月 8日 (金) 18時05分

私が子供の頃は、シャーペンばかりで、万年筆どころか、
ボールペンも使ってなかったですね。
私の中国万年筆の使用歴もそんなに長くないので、これから
どうなるか分かりませんが、そんなに安物は使っていないので、大丈夫と思いたいです。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2008年8月 9日 (土) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイロット 90周年記念 「朱鷺」・「螺鈿朱鷺」が発売に | トップページ | ペリカン M800 デモンストレーター が発売に »