« ウォーターマンから「パースペクティブ」が発売に | トップページ | ついにモンブランを購入 »

CROSS から「アポジー エグゼクティブ (APOGEE EXECUTIVE)」が発売に

 クロスから、アポジーの新ラインナップとして、「アポジー エグゼクティブ (APOGEE EXECUTIVE)」が発売になりました。昨日の「ウォーターマン パースペクティブ」の記事で、スターリングシルバーのモデルが欲しい、と書きましたが、アポジーからその通りの万年筆がちょうど発売されました。

280

 → クロス アポジー プレシャスメタル 万年筆 (高級万年筆の文栄堂)


◆プレシャスメタル仕上げ

 アポジーは胴軸が金属軸のラッカー仕上げですが、"アポジー エグゼクティブ"は胴軸にプレシャスメタルを配した豪華な仕上げになってます。

281 ・23金ヘビーゴールド プレート
282 ・スターリングシルバー (ゴールドトリム)
283 ・スターリングシルバー (プラチナトリム)
284 ・ローズゴールド プレート

 この4種が発売になります。


◆ローズゴールドが好き

 個人的に気になるのはローズゴールドの万年筆ですね。今までの記事で何度か書きましたが、私はローズゴールドが大好きなんですよね。

(関連記事)
 →「Waldmann タスカーニ」のレビュー
 →「カレン メリディアン ローズゴールドST」を衝動買いしそうに


 ただ、下地が真鍮というのは、ちょっとマイナスポイントです。もしこれが、スターリングシルバーの下地にローズゴールドがメッキされたバーメイル仕上げなら、文句なく購入するのですが。買うとすれば、スターリングシルバーかローズゴールドかですね。

 なお、ヘビーゴールドというのは、2.5ミクロンの厚さ以上の厚さで金をメッキした物のことだそうです。でも、金張り(gold filled)と表記しないということは、それよりかは薄いということでしょうか。


◆アポジーという存在

 クロスのXFは、舶来万年筆の中では一番細字が書けると思います。(タウンゼントを除く)それゆえ、私はクロスの万年筆を多めに持ってます。ただアポジーは、小さめのペン先である割に、40gという大きくて重い胴軸を持つことがミスマッチに思えて、今まで購入してませんでした。

285

 しかし、今回のプレシャスメタル仕上げは、購入の大きな動機付けになります。通常版に比べて、スターリングシルバーが1万円、ゴールド仕上げが1万5千円高いだけというのは、コストパフォーマンス的にも納得のいく価格でしょう。


◆スターリングシルバーかローズゴールドか

 "グランザス ネオ"に"ミュー90"と、買う予定の万年筆が2本ありますから、すぐに買うというわけにもいきませんが、非常に物欲がそそられる万年筆です。問題は、スターリングシルバーかローズゴールドか、どちらを買うかが迷うところです。

|

« ウォーターマンから「パースペクティブ」が発売に | トップページ | ついにモンブランを購入 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

うーにゅ、スターリングシルバーなら欲しいかも。。。
でもクロスだしなぁ、私もグランザス、3776、ミューと行っちゃったからなぁ。。。
金無いの…(´Д⊂)

投稿: どーむ | 2008年10月 4日 (土) 16時08分

 どーむ さん、こんにちは。

 クロスは低価格で懐には優しいんですが、ちょっと品質的に疑問符な所が散見されますからね。
 ただアポジーの場合は、どちらかといえば、その重量バランスの方が人を選ぶと思います。なんていっても40gですから、さすがに重すぎると感じる人も多いんじゃないでしょうか。

 それでも、私はシルバー物を初めとする金属好きですから、いずれ機会を見て突撃しそうです。ただ、私も今のところは、続けて万年筆を買いすぎで買えないんですが。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2008年10月 4日 (土) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/42804940

この記事へのトラックバック一覧です: CROSS から「アポジー エグゼクティブ (APOGEE EXECUTIVE)」が発売に:

« ウォーターマンから「パースペクティブ」が発売に | トップページ | ついにモンブランを購入 »