« Yahoo!オークションでデザインが変更に | トップページ | カトウセイサクショから、透明軸の"スケルトン ミニ"が発売に »

「セーラー プロフェッショナルギア モザイク」のレビュー

 セーラーの「プロフェッショナルギア モザイク」 グリーンのEFニブです。

236

 私は派手な色軸とシルバーを中心とした金属軸が好きですが、これは色軸系では一番好きな万年筆です。国産はデザインが地味なものが多いですが、これは派手で人目を惹く一本です。

(1)外観

 写真の通り、グリーンのモザイク柄でとても綺麗です。派手といっても、明るい色一辺倒ではなく、黒に近い深いグリーン部分も多く、メリハリのあるデザインで、かなり好みです。

242
 (※上から、現行レガンス、旧レガンス、プロギアモザイク、です)

 プロギアモザイクは、パイロットの一世代前のレガンスに似たタイプの柄ですね。現行レガンスは明るい柄の部分が多めで、ハッキリとした色味がある一方で、柄が単調気味な傾向があります。それに比べれば、このプロギアモザイクは、深みのある部分を含む色軸で、私はこういう系統の柄の方が落ち着きがあって好きですね。

(2)書き味、ペン先

239  セーラー21kのペン先は14kに比べて穂先が長く、若干のしなりがあります。もちろん、パイロットのS系ニブやペリカンのM1000のような柔らかさ、弾力とは違います。しかし、一定の柔らかさがあるのは確かです。柔らかニブ好きに言わせれば、こんなの柔らかい内に入らない、と言われそうですが、ガチニブ好きにとっては、セーラー21kでも、柔らかく感じてしまいます。

 私はガチニブが好きで、最近までセーラー21kの書き味は苦手でした。この独特の感触があるペン先をうまくコントロールできず、綺麗な字を書けなかったのです。最近になって、21kニブの扱い方がだんだん分かってきて、苦手意識もなくなりつつあります。

 ニブはリング等に合わせて、ゴールドを基調としたバイカラーニブです。

(3)キャップ

 このプロギアモザイクは、ノーマルのプロギアと比べ、キャップが大きいです。胴軸は少しだけ大きいぐらいなのですが、キャップはかなり大きいです。

245

 大きい分、金属リングも派手で目立ちますから、押し出しが良いです。人によってはシルバートリムの方が好きという人もいるでしょうが、私は派手好きなので、ゴールドトリムはお気に入りです。

 キャップが大きい分、重めです。そのため、キャップを後ろにさしたときは、若干、ノーマルのプロギアよりも重心が後ろ目になります。

240

(4)特別モデル?

 このプロギアモザイクは、スタンダードモデルとして広く流通していた物ではありません。詳細は不明ですが、どうも「ペンギャラリー 報画堂」という通販サイトの持込企画みたいです。ただ、私は百貨店の店頭で購入したので、扱いがどうなっていたのか、不明なところが多いです。

244

 私が百貨店の店頭でこのプロギアモザイクを発見したときは、セーラーの万年筆とは思わなかったです。近くに配置されていたオプティマのグリーンかと最初は思いました。しかしよく見ると形が違います。セーラーにもこんな派手な色軸の万年筆があったのか、と驚きました。

 出してもらうと、EFという細字でラッキーでした。その一本だけしか入荷していない物でしたから、太字でしたら私的にアウトだったところです。即決で購入し、後でPCで検索して、プロギアモザイクというモデルだと分かった次第です。

(5)廃番

 現在では、ペンギャラリー 報画堂さんの所では、プロギアモザイクはもう売り切れになってますね。かなり以前に、店頭でまだ残っている所がある、という噂も聞きましたが、現状では入手は難しいでしょうか。

 個人的に気に入っている万年筆ですが、広く流通しなかった上に廃番というのは残念です。現状では、国産万年筆で派手な色軸を持つのは、事実上レガンスだけという状態です。派手な色軸&細字好きな私としては、国産万年筆の軸展開の現状は寂しいですね。

241

(6)その他

 インク吸入方式は両用式です。セーラーのコンバータは、あまり多くインクが入らないので、あまり好きではないですね。パイロットのCON-70のようなたくさんインクが入るコンバータを望みます。

243

(7)総評

 派手な色軸を持つ国産の大型万年筆は多くなく、その意味でユニークな存在です。21kのペン先はまだすこし苦手なのですが、それでも外見の綺麗さから、かなりお気に入りの一本です。見ていて飽きない万年筆です。

 こういう綺麗な万年筆を、これから国産三社が多く出して欲しいですね。

237

※スペック一覧
・重さ 全体:30.5g キャップ:14.5g キャップなし:16g 首軸:7g
・長さ 全長:13.6cm キャップなし:12cm 後尾にキャップ:15.6cm
・太さ 首軸最小径:10.5mm 首軸最大径:11.5mm 胴軸先端:12.5mm 胴軸後端:8mm キャップ先端:16.5mm キャップ後端:10mm

|

« Yahoo!オークションでデザインが変更に | トップページ | カトウセイサクショから、透明軸の"スケルトン ミニ"が発売に »

万年筆 / 感想・レビュー (国産)」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見しております。
現在セーラーのシグマ21kとスリムの14k迷っています。21kついては意見が分かれるようですが、選ぶ際の意見をお聞かせください。使い方としては実用ガシガシしようする予定です。

投稿: 万年筆道 | 2014年12月15日 (月) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Yahoo!オークションでデザインが変更に | トップページ | カトウセイサクショから、透明軸の"スケルトン ミニ"が発売に »