« ユーロ安の進行と万年筆価格への影響 | トップページ | ドルチェビータ ミディアムのニブを元に戻す »

ロングプロダクツから「アクリル グリーンのきらめき」が発売に

322 ロングプロダクツから、「グリーンのきらめき」という名前の万年筆が、40本限定でペンハウスから発売されました。


 →ペンハウスの商品ページ (外部リンク)


◆埋もれた軸材の利用

 ロングプロダクツの工房に埋もれた過去の軸材を使って、40本だけ作られたということです。ですから、欲しい人は早めに買った方が良いでしょう。
 ただ、私がこの記事を書いている時点で残り13本です。もしかしたら、すでにそれも売れてしまっている可能性もありますが。


 埋もれていた軸材の利用といえば、カトウセイサクショから発売された、透明軸の"スケルトン ミニ"と同じですね。また、カトウセイサクショのアクリル万年筆「オーロラ」も同様です。

 →カトウセイサクショから、透明軸の"スケルトン ミニ"が発売に

 カトウセイサクショやロングプロダクツの倉庫には、まだまだおいしそうな軸材が残ってたりするかもしれませんね。


◆プロフェッショナルギア モザイク

 この「グリーンのきらめき」の外観を見ていると、私が持っている「プロフェッショナルギア モザイク」を想起します。似た感じのような気がします。
 もしかしたら、同じ部材を使用している、という可能性もなくはないでしょう。

241

 →「セーラー プロフェッショナルギア モザイク」のレビュー

 もっとも、この手の柄の軸は、写真写りや光線の具合で全然印象が変わってきますから、実際に見てみるとまるで違う、という可能性も否定は出来ませんが。


 いずれにしても、魅力的な外観を持つ万年筆であることは間違いないでしょう。

|

« ユーロ安の進行と万年筆価格への影響 | トップページ | ドルチェビータ ミディアムのニブを元に戻す »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。40本限定、緑ということで悩むこと30秒。
衝動買いしてしまいました。

投稿: zero-52 | 2008年10月10日 (金) 19時52分

 zero-52 さん、はじめまして。

 お、zero-52 は購入されましたか。
 14gと軽い万年筆で、携帯に向いている万年筆ですから、私もかなり心が動かされました。ああいう綺麗な外観を持つ万年筆は大好きですから。ただ、つい最近に3本も万年筆を購入した所でしたので、さすがに資金の余裕がありませんでした。(^^;
 zero-52 さんもブログをお持ちになられているのですね。さっそく、リンク欄にzero-52 さんのブログを加えました。これからよろしくお願いしますね。

投稿: もきゅすけ | 2008年10月11日 (土) 07時25分

こういう部材がデッドストックからしか出てこないというのが不思議。
逆に話題になるのだから作ろうっていう化学メーカーがあっても良いと思うんですがね。

投稿: どーむ | 2008年10月12日 (日) 11時48分

 どーむさん、こんにちは。

 国産メーカの場合、色軸を出そうという気がないのが問題なような。(^^;
 パイロットのレガンスは、独自開発の素材だそうですが、ここは体力のあるパイロットに頑張って欲しいところです。
 あと、パイロットはシルバーン以外のシルバー軸を復活させて欲しいですね。

投稿: もきゅすけ | 2008年10月13日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/42804931

この記事へのトラックバック一覧です: ロングプロダクツから「アクリル グリーンのきらめき」が発売に:

» iroshizuku〜深緑 [D-blog]
なにやら、とり憑かれたが如く、連日のエントリです。 特に一日一本とか決めてるわけじゃないけど、今日で先月分に追いつきました。 帰りに、インクを買うために、東武池袋の伊東屋に寄ってみました。 明るめの、オマスかパイロットの緑を買おうと思ったけど、置いてなかったです。 なのでまたまた色彩雫さんです。これで三色目。 特に全色集める、でもないのでこんな感じでぼちぼちと。 第三弾は赤・茶系かな。そしたらまた物色しよっと。 カクテルインクのGrasshopperは渋めの緑。 深い緑と... [続きを読む]

受信: 2008年10月17日 (金) 23時37分

« ユーロ安の進行と万年筆価格への影響 | トップページ | ドルチェビータ ミディアムのニブを元に戻す »