« 「パイロット ミュー90」のレビュー | トップページ | ロングプロダクツから「アクリル グリーンのきらめき」が発売に »

ユーロ安の進行と万年筆価格への影響

 ここ一週間ほどで、欧州の金融不安の高まりやユーロの利下げ観測とその実施などから、ユーロが対円でかなり下落してますね。一時は1ユーロ=170円ほどをつけていましたが、この記事をアップした時点では137円ほどになってます。

 だいたい、2~3年前ぐらいのレートになってますね。

321

Yahoo!ファイナンス -EURJPY=X (外部リンク)

 サブプライム問題に端を発する欧州の金融不安が顕在化して以降、今までも多少の下げは見られましたが、最近の下げはかなり本格的です。


■万年筆価格への影響は

 日本経済全般への影響を考えるといろいろあるのでしょうが、一人の万年筆ファンから見れば、円高の進行は歓迎すべきものがあります。なにせ、ここ数年のユーロ高で、ヨーロッパ製の万年筆の価格上昇はとどまるところを知らず、万年筆ファンはそれに苦しめられてきましたからね。

 例えばアウロラの場合、オプティマ・クラシックは2002年頃は38,000円でしたのが、今では58,000円ですからね。


 モンブランに関しては、リシュモン傘下において高価格ブランド化戦略をとっていますから、もう別問題と考える…というか、もうある種の諦めの境地に入ってます。
 しかし、そうした戦略をとっていないメーカの万年筆まで高価格になっているのは、万年筆ファンにとっては厳しい状況です。


■果たして値下げはされうるのか

 通貨のこれからを正確に予想するのは私には無理ですが、今の欧州圏の状態を見る限り、1ユーロ=170円台のようなユーロ高の状況には、なかなか戻りそうにない感じです。

 となると気になるのは、果たして万年筆の価格がどうなるかですね。値上げした分を戻して値下げしてくれれば嬉しいのですが、何となくそうならないような気がします。
 万年筆に限らず、ブランド物って、基本的に値下げはあまりしないですよね。値上げした方が、値上げ前の駆け込み需要が発生してオイシイ、なんて話も聞きますし。


 そうした悲観的なことも考えたりしますが、ユーロ安がこのまま続いた場合は、万年筆メーカの値下げの英断をぜひとも期待したいところではあります。
 最低限、新しく発売するモデルの価格を抑えめにする、ぐらいはやって欲しいです。というか、やってくれないと泣きそうです。(T_T)

|

« 「パイロット ミュー90」のレビュー | トップページ | ロングプロダクツから「アクリル グリーンのきらめき」が発売に »

万年筆 / 欲しい物・購入検討」カテゴリの記事

コメント

まぁ下げるわけないでしょう(w
値段上げるときはレスポンス良いのにね。。。
セーラーも定価上がるって話だし、足元見られてるなぁ(;-_-) =3

投稿: どーむ | 2008年10月12日 (日) 11時46分

 どーむさん、こんにちは。

 やっぱりそうですかねぇ…
 昔の万年筆の価格を知る度に、最近になって万年筆ファンになった自分のタイミングの悪さを呪うばかりです。

 セーラーの場合は、もう一つの業務の柱であるロボット産業の方がヤバイらしいですね。万年筆ファンとしては、万年筆一本にいってもらいたいんですけどね。でもそれでは、会社としての体力の問題で、思い切った企画とかできなくなりそうで、それはそれで問題なのかな。

投稿: もきゅすけ | 2008年10月13日 (月) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パイロット ミュー90」のレビュー | トップページ | ロングプロダクツから「アクリル グリーンのきらめき」が発売に »