« そろそろ電動ミルの買い時かも | トップページ | 細軸の万年筆が最近のお気に入り »

パイロット CON-20 の差し込みの固さ

 パイロットのコンバータには、CON-70、CON-50、CON-20の3種類があります。このうちCON-20は、とりあえずは所持していたものの、使っていませんでした。

375

 CON-20はゴムサック式です。金属筒の中にゴムサックが差し込まれており、プッシュすることでインクが吸入されます。

■CON-20を使ってみる

 最近になってミュー90を購入し、CON-20を使うことにしました。ところが、コンバーターをしっかり差し込むことができませんでした。スカスカで、固定できなかったのです。CON-20は使ったことがなかったので、よく分からないままCON-20の使用を断念し、「カートリッジ+スポイト」方式でミュー90を使うことにしました。

313


 CON-20のことはそのまま放置していたのですが、先日、ペン習字ペンのレビューを書くときに、「これにはCON-20が使えるかな」と試してみました。やはりCON-20はカッチリ嵌められず、「おかしいな~」と思ってよく見てみると、CON-20が根本までささっていませんでした。もしかして、と思って、かなりの力を入れて差し込んだところ、ガッチリ嵌めることが出来ました。ペン習字ペンは完全透明で、コンバータを差し込む根本まで外から見えます。そのために、差し込みを深くする必要があると分かった訳です。

376
(上の写真では、CON-20が奥までささっていません。ここから力を入れて嵌めます。)


 というわけで、CON-20は差し込みが結構固い、というのが真相でした。今まで色々なコンバータを使ってきましたが、ここまで差し込みが固いのは初めてでしたので、少し戸惑いました。

(※関連記事)
 →「パイロット ミュー90」のレビュー
 →カートリッジでボトルインクを使う方法
 →「パイロット ペン習字ペン」のレビュー

|

« そろそろ電動ミルの買い時かも | トップページ | 細軸の万年筆が最近のお気に入り »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そろそろ電動ミルの買い時かも | トップページ | 細軸の万年筆が最近のお気に入り »