« デルタ 「マリーナ・ピッコラ」 を入手 | トップページ | セーラーからの限定万年筆を3つ紹介 »

久々に、amazonを使ってみた

445 『趣味の文具箱 Vol.12』が発売されましたね。さっそく入手するために本屋へ直行、といきたいところですが、年末で仕事が立て込んでいて、本屋に行っている時間が取れそうにありません。

 ということで、ひさびさにamazonを使って、『趣味の文具箱 Vol.12』を注文しました。


▼店頭主義

 私は万年筆にせよ書籍にせよ、実際に店頭で購入する方が好きで、ネットショッピングはあまりしません。
 特に万年筆の場合は、写真の印象と見たときの印象が違うことがよくあります。思いっきり買う気満々で店に行ったのに、実物を見てガッカリしてやめた、なんて経験はいっぱいあります。ペン先の個体差のこともあって、ネットで万年筆を買うのはごく稀ですね。買う場合は、実物をすでに確認済みで、しかもペン先の個体差の少ない国産万年筆、という場合がほとんどです。

 しかし、万年筆以外の書籍や生活雑貨で、購入する対象が決まっているときは、出かけなくても確実に手に入れられるネットショッピングは、忙しいときに便利なのは確かです。


 どうせ注文するなら、ということで、他に新書やビジネス書なども注文しました。ただ、実際に届いてみると、いくつかの本はちょっと期待はずれだったかも。内容にある程度の保証がある本でない場合は、やはり本屋で中身を確認してから購入した方がよさげですね。

446  まずは、購入した古典の名著である『大暴落1929』 ジョン・K・ガルブレイス (著) は期待外れでありませんでしたので、これから読むとしましょう。

 →大暴落1929 (日経BPクラシックス) (amazon リンク)

|

« デルタ 「マリーナ・ピッコラ」 を入手 | トップページ | セーラーからの限定万年筆を3つ紹介 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/43504517

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に、amazonを使ってみた:

« デルタ 「マリーナ・ピッコラ」 を入手 | トップページ | セーラーからの限定万年筆を3つ紹介 »