« 10万アクセス到達 御礼 | トップページ | 「デュオフォールド チェック シトリン」を入手 »

『趣味の文具箱 Vol.12』雑感 (モンテベルデ・セーラー)

455  遅ればせながら、『趣味の文具箱 Vol.12』を入手しましたので、雑感を。
 今回の表紙はマリーナ・ピッコラです。すでに持っている万年筆が表紙になっているのは、ちょっといい気分かも。

 →デルタ 「マリーナ・ピッコラ」 を入手

 今回はどちらかと言えば新商品の紹介が多めですね。現行品好きとしては、新商品を見るのも楽しいのですが、もうちょっと企画モノがあった方が嬉しいかな。

 ただ、私が好きな工場訪問記が、デルタ、スティピュラ、モンブランの3つあったのは面白く読めました。デルタの本社&工場は、ちょっと笑ってしまいました。どこにでもあるようなアパートを改造した建物なのですから。新興メーカ故の面白さでしょうか。ただ、2009年にも移転の計画があるとか。ドルチェビータも吸入式が出ましたし、着実に力をつけてきているというところでしょうか。


▼モンテベルデの新製品

 新商品で私が興味を惹かれたのは、モンテベルデとセーラーですね。
 モンテベルデの「ファンタジア コレクション」や「スリーピング ビューティ コレクション」は、価格も手ごろで、美しい軸で惹かれます。特に後者は、ローズゴールドで装飾されているというのは、個人的に評価が高いです。

456
457

 →ウォルト・ディズニー・シグニチャー・コレクション (MONTEVERDE)

 ただ、モンテベルデの万年筆は入手性が高いとは言い難いです。モンテベルデと言えば、アーティスタキットやメガインクボールはよく見ますが、それ以外はあまり目にしません。もし購入するとすれば、やはり手にとって実物を確認したいところですが、それが難しそうなのがマイナスポイントです。


▼セーラーの新製品

 セーラーも元気ですね。個人的には「キティエレガントシリーズ」が一番気になっていたり。(^^; 以前に紹介したキティとウォーターマンのコラボに比べても、真鍮製のキャップに大きくハローキティーが装飾されていて、より魅力的です。

 →ハローキティとのコラボによる万年筆が、ウォーターマンより発売に

 もっとも、「プリンセスカラー万年筆」にせよ、「スウィートベリー万年筆」にせよ、ピンク色がベースの万年筆ですから、いい歳をしたおっさんが使うようなものではないですが。ただ、細字のみのラインナップですし、また他にはないユニークさがありますから、実は真剣に購入を検討中です。


 もう一つの注目株は、「キングプロフィット モザイク」ですね。プロギア モザイクのキングプロフィット版と言えます。この万年筆はキャップに装飾リングが一切ついておらず、それだけにモザイク模様がよりハッキリ主張しているデザインです。この辺り、工夫が見られますね。
 もっとも、私は以前から言っているとおり、バランス型が好みではありませんから、購入には至らないでしょう。ただ、プロギアモザイクが再生産されて、販路が拡大される、という噂が以前からあります。個人的はそれに期待します。グリーン以外の別の色も欲しいと思ってるんですよね。

 →「セーラー プロフェッショナルギア モザイク」のレビュー


 その他にも、「プロフェッショナルギア キングサイズ」や「プロフェッショナルギア エボナイト×ブライヤー」といった注目株も発売を控えてます。これらはいずれ、独立した記事として紹介するかもしれません。

|

« 10万アクセス到達 御礼 | トップページ | 「デュオフォールド チェック シトリン」を入手 »

万年筆 / 欲しい物・購入検討」カテゴリの記事

コメント

モンテベルデの万年筆はアメリカ製でも種類が本国では多いのですね。インベンシアをBLACK&WRITEを購入しようとしましたが、国内のショップ数カ所とネットショップ10カ所くらいに問い合わせましたが全て入荷予定無しでした。こうなると意地でも欲しくなりアメリカのショップに直接購入をしました。
そうすると日本の価格よりも安く、商品の選択肢が広がります。また購入ルートのないモンテベルデは希少性も高くなります。良い買い物でした。安いので気に入ったモノを5本ほど購入しましたが、アウロラ、モンテグラッパ、デルタは国内よりも安く、ペリカンやモンブランは高めでした。
価格設定というかブランド力が国により違うのだろうと感じます。
インベンシアはやはり価格が安い割に綺麗で良い品でした。贈答品として再度購入しようと思います。スリーピングビューティも購入したので目にとまりました。では。

投稿: macan | 2010年7月29日 (木) 18時22分

 >macan さん

 モンテベルデは日本ではほとんど存在感がないですが、アメリカでは色々と販売されていて、魅力的な万年筆も多いですよね。海外の万年筆は、やはりメーカー本国のショップで購入するのが一番だと、最近実感しています。私は最近はイタリア万年筆ばかり購入していますので、Regali Novelli さんの所から購入することが多いです。本国だけに、EFやEEFなど特殊な字幅も注文できますので、重宝しています。

 インベンシアとスリーピングビューティを購入されたということは、macan さんは白色の万年筆がお好みですか。ああいう白色の美しい万年筆はあまりありませんから、貴重ですよね。

投稿: EF Mania | 2010年7月30日 (金) 06時16分

そうですね。ある方がモンテグラッパ・ミクラを使っていて・・・おばあちゃんなんですが、何て優雅な・・・と感心したのですね。クラッシックな物が文具店などにも置いてありますし、定番という意味では良いのですが少し物足りないのです。パソコンタイプの方がタイピングは早いし綺麗です。でも思考すると時はやはり手書きで品の良い万年筆が良いですね。
何度か拝見してこのサイトを購入時の参考にしています。

投稿: macan | 2010年7月30日 (金) 10時12分

 >macan さん

 ミクラは私もピンクのものをもっています。モンテグラッパは、最近の代理店変更で安く買えるようになりましたし、身近なブランドになって好印象です。

投稿: EF Mania | 2010年8月 2日 (月) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10万アクセス到達 御礼 | トップページ | 「デュオフォールド チェック シトリン」を入手 »