« ペリカンのニブを単体で入手する | トップページ | マーレンから「ネイチャー」が発売に »

セーラーのハイエースが廃番に

 スミ利さんのWebページからの情報によりますと、セーラーのハイエースが2009年のカタログから姿を消したようです。どうやら、廃番になってしまったようです。

 →セーラー ハイエース万年筆・細字 (スミ利文具店)

497


■低価格万年筆の雄

 万年筆はペン先の部分で手作業がどうしても必要なため、高価格になりがちです。しかしそんな中でも、ハイエースは1000円という低価格で品質の良い万年筆が買えるということで、貴重な存在でした。もちろん、200円のプレピーには負けますが、品質の安定感、線の細さ、という点ではハイエースに分があると言えるでしょう。

 コスト的に厳しかったのでしょうが、万年筆の初心者が気軽に試せる入門用万年筆の一つがなくなるというのは、とても残念です。

 →「プラチナ プレピー (Preppy)」のレビュー


■スーパーの棚吊りで

 ハイエースと言えば、プレピーやペン習字ペン等と同じく、販売ルートが普通とは異なるため、見つけにくい万年筆でしたね。百貨店や万年筆店よりも、スーパーやデパートの棚に吊しで売られていることが多かったです。
 カタログ落ちしてまだ多くの時間が経ってませんから、どうしても欲しい人は、探せば流通在庫が残っているかもしれません。ネットでもいくつか残っているかもしれない所がありますね。
 (ネットの場合、在庫表示は余り信用できないことが多いですが。(^^;)

 →"SAILOR"セーラー ハイエース万年筆 【細字】 パック入 11-0106-220 (OFFICE PLAZA)
 →セーラー 万年筆 ☆ ハイエース万年筆12-0106-022 (Outlet Plaza)

 ハイエースは基本的に細字のみの扱いですが、いくらか中字も作られていたみたいですね。中字を好む方が、コストパフォーマンスのとても優れた中字万年筆として、ハイエースの中字を探し回った、という話も聞いたことがあります。

498

 ハイエースと同じペン先を使用している万年筆としては、セーラーの「シャルメ」や無印良品の「アクリル万年筆」「ABSポリカーボネイト万年筆」などがあります。ハイエースが廃番となった今、これらの万年筆はどうなるのでしょうね。せめてこれらは生産継続して欲しいものです。

 なお、ハイエースのペン先のハート穴は、丸形とハート型の二つがあります。手持ちのだと、シャルメだけがハート型ですね。

|

« ペリカンのニブを単体で入手する | トップページ | マーレンから「ネイチャー」が発売に »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

つい先だってまでセーラーのウエブ型録に出ていたような気がします。

ハイエース、私も使っています。
今現在は洗ってお休みですが二本持っております。
これを買ったころはこれ以外には二三本しかもっておらず、出番が多かったのですが
今や二十本も三十本も有るので、なかなか先発投手になれなくなっています。

きっと私、もきゅすけさんがおっしゃるように ホームセンターの吊り売りを買ったような気がします。 \600くらいでかっているような覚えがあります。
ペンには失礼な話ですが、どこかへ忘れたり落としたりしてもいいやって気持ちで二本買いました。しかし、そんな失礼な僕のところに今日までちゃんと居てくれてありがとう。

50歳の私、中学校へ入学した折親に買ってもらったペンはパイロットのもので千円だと思います。
これは正真正銘 紛失しました。それも買ってまもなく。
何でも紛失してしまう僕ですが、万年筆だけは不思議この一本だけ 無くしたのは。
その後 二十年以上後に買ったこのペン、私の中学生時代に販売されていたとしたらおいくら位なんでしょう?なんてことを思いながら読ませて頂きました。

投稿: ペン芯のカス | 2009年1月22日 (木) 19時05分

 ペン芯のカス さん、こんにちは。

 ハイエースはごく最近になって、カタログ落ちしたみたいですね。ですから、探すのなら今ならまだ可能かもしれませんね。
 私も、さすがに最近はハイエースの出番が少ないですね。ハイエースが使いやすい万年筆であることには代わりがないのですが、どうしても価格の高い万年筆の方を優先して使おうという気になりますから。

 ハイエース似のパイロット万年筆も一本、私の手元にあるのですが、これは何なんでしょうね。かなり古いモノなので、正体不明だったりします。(いつ手に入れたのかも分からないぐらいのものですので。(^^;)

投稿: もきゅすけ | 2009年1月23日 (金) 18時30分

ハイエースのペン先の金色がいまいちイヤで、
無印アクリル軸の銀色ペン先と交換して使っています。
最近気がついたのですが、
無印のほうのペン先って、
イリジウムポイントがありません。
ハイエースにはありますが…。
道理で、無印のはカリカリ感があったのかな?
(フローがいいので筆圧弱ければ気にならないと思いますが)

廃番のお話聞いて、もう1本、確保したくなりました。

投稿: からんせ | 2009年1月23日 (金) 22時26分

ハイエースのニブの鍍金は、超音波洗浄と貴金属磨きで綺麗にはがせますよ。
私はそれではがしました。

投稿: くろ | 2009年1月23日 (金) 23時43分

>廃番のお話聞いて、もう1本、確保したくなりました。

昨日近くの本屋さん兼文房具屋さんでた~くさん 下がってましたよ。

そこで始めて知りました。ラピタ休刊だそうですね。悲しくなりました。

>ハイエースのペン先の金色がいまいちイヤで、
私のは一本は先から5㎜くらいが、もう一本は軸側がクロム色に退色しています。
>超音波洗浄と貴金属磨きで綺麗にはがせますよ。
金属磨きって 金磨きクロスとかでしょうか?
試してみようかしら ^^;
ありがとうございます。

投稿: ペン芯のカス | 2009年1月24日 (土) 04時54分

私は銀磨きクロスと無印の貴金属磨きクロスしか持っていないのでそれで落としましたが、金磨きのそれでも大丈夫だと思います。

投稿: くろ | 2009年1月24日 (土) 10時20分

くろさん、ありがとうございます。
早速試してみます。
ペンを抜いて

投稿: ペン芯のカス | 2009年1月24日 (土) 16時52分

スミ利はmasahiroと並んで買ってみたいお店です。
あの、フォルカンの愛情あふれる記事、単独でブックマークしてます。

いつでも買えるや、と思ってましたが普段使いにハイエース、買おうかなと思います。
確か近所のスーパーで売ってたので。

#遅まきながらリンク張らせていただきました。
  てっきりとっくに張ってたと思ってたのですが(汗

投稿: zero-52 | 2009年1月24日 (土) 19時33分

>からんせ さん、こんにちは。

 さすがにイリジウムがないってことはないのではないでしょうか。いや、もちろん私も断言は出来ないのですが、付いていると信じたいです。(^^;
 ニブが銀色の場合、イリジウムがついているかどうか、分からない場合が多いんですよね。クロームやロジウムのメッキが、イリジウムごとかけられている場合は、なおさらその傾向がありますし。
 無印良品の万年筆はかなり高めなので、付いていて欲しいのが正直な所だったりします。(^^;


>くろ さん、こんにちな。

 ニブから鍍金を剥がすというのはかなり豪快ですね。(^^; 私は超音波洗浄機は持ってませんから、やるとすれば金属磨きでですね。そういえば、ナイアガラの滝のペン先の鍍金を誤って少し剥がしたのを思い出しました。結構、ペン先の鍍金は薄いものなんだと実感しました。


>ペン芯のカス さん、こんにちは。

 ハイエース、ある所にはあるモノなんですね。私の近くの店ではさっぱり見かけなくなってます。まあ、田舎ですし。(^^;
 ラピタは、万年筆がオマケに付いていたときだけ買っていましたが、そういう企画をする雑誌がなくなったのは残念ですね。『趣味の文具箱』が廃刊になったら、もっとショックを感じるでしょうね。


>zero-52 さん、こんにちは。

 フォルカンは気になりつつも、いまだに手を出してないですね。私が行く店にはフォルカンを試筆できる環境がないのと、どうも私は柔らかいニブが苦手だというのが理由としてあります。パイロットのS系ニブもプラチナの軟シリーズも、私はどうも使いこなせませんでした。
 まあ、それよりも普通のガチニブで綺麗に字が書けるようになるのが先なんでしょうけれど。(^^;

 リンクの件は、どうもありがとうございます。これからも宜しくお願いしますね。

投稿: もきゅすけ | 2009年1月25日 (日) 03時45分

くろさ~ん、上手く真っ白になりました。ありがとうございます。

皆様にお知らせです。ここに写真を貼りたいぐらいですがぁ
なんとハイエースのペン芯にはニブの鍍金が剥がれて貼り付いていました。
めっきなの~ とそうなの~??
ついでに 付けっぱなしのコンバータも外してばらして・・・・
コンバーターのネジ部分って固着したインキベットベト きたな~い!
気持ちよくしまえるように今、お風呂中です。 ^^;

投稿: ペン芯のカス | 2009年1月25日 (日) 19時30分

 ペン芯のカス さん、こんにちは。

 あ、うまくいったんですね。ペン芯にまで鍍金が張り付くというのは驚きです。あっさり剥がせた所を見ると、本当に塗装だったりするんでしょうか。(^^; プレピーのニブは塗装されていますが、さすがにハイエースは鍍金だと信じたいですね。

 セーラーのコンバータは、比較的ピストンの後ろにインクが回り込みやすいように思います。ですから、結構後ろが汚れたりしますよね。もっとも、セーラーのコンバータは容易に分解できますから、洗うのは楽なんですけどね。

投稿: もきゅすけ | 2009年1月26日 (月) 06時30分

古い記事に失礼します。
なぜかうちにはハイエースの金ペン付きというのがありますよ。
しかも軸は銀。
で、それをどこかの宝飾店が改造したであろうという変なブツです。
確か、楽天ブログの方に以前アップしていたと思います。

いったい、どういう位置づけだったのでしょうね?

投稿: 二右衛門半 | 2009年11月30日 (月) 23時01分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 それはまた、珍品中の珍品ですね。さすが二右衛門半 さん、珍しいモノをお持ちで。あのシンプルな外観に金ペンというのは似合わない感じです。宝飾店が改造するなら、もうちょっと高級ラインをベースにすればいいのに、と思ってしまいました。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年12月 2日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/43815691

この記事へのトラックバック一覧です: セーラーのハイエースが廃番に:

» ハイエース捕獲 [D-blog]
以前、もきゅすけさんのところで知った、ハイエース廃番。 スーパーで吊るされてるのを買ってくりゃいい、ぐらいに思ってましたが、 あると思ってた店になくって、しばらくそのままにしていました。 先日、無事に且つ危うく、最後の1本を捕獲してまいりました。 まだインク入れてません。なんかもったいない気がするので。 でもこの製品は観賞用ではなく、使ってなんぼの実用品。 インクを吸わせてこそ生まれてきた意味がある、命が宿るというもの。 黒が入った万年筆がないので、添付のカートリッ... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 00時29分

« ペリカンのニブを単体で入手する | トップページ | マーレンから「ネイチャー」が発売に »