« 中屋万年筆(十角軸 赤溜)を注文した | トップページ | ファーバーカステル、パーカー、ウォーターマンが値下げに »

プロフェッショナルギアのインナーキャップが外れた

 先日、プロギアのキャップ内部に付着したインクを落とすために、水洗いしました。その後、キャップ内部に丸めたティッシュを差し込んで水分を取り除いていた所、ティッシュと共にインナーキャップが外れてしまいました。

558
(※ニブはオリジナルとは異なっています)


●インナーキャップ・プラー

 それにしても、案外簡単に外れるモノですね。もちろん、メーカーやモデルによってインナーキャップの素材や構造、固定方法は異なるでしょうから、みんなが同じように外れるわけではないでしょうけれど。

 私はペン先を調整したり改造したり、といった行為は色々とするのですが、万年筆を分解するということは基本的にしません。なので、外れたインナーキャップを見るのは初めてです。インナーキャップを外す道具も持っていませんし。

557
(Inner Cap Puller)

 セーラーのインナーキャップは、割合シンプルですね。ちょっと安っぽいかも。まあ、基本的には見えない部品ですので、問題というわけではありませんが。
 この後、細い棒でインナーキャップをキャップに押し込んで、元通りにしました。

559

 インナーキャップと言えば、カスタム74透明では、キャップとインナーキャップの間にインクが入り込んでしまって、難儀したこともあります。

 →カスタム74 透明のインナーキャップの罠


●モリタ・オリジナル

 ちなみに写真のプロギアは、大阪のモリタという万年筆店のオリジナル色です。ザルツブルグの大聖堂(ドーム)の屋根の色をイメージして製作されたそうです。

 →E-Shop モリタ万年筆店

 派手な色軸の万年筆はいろいろとありますが、こういうパステルカラーの万年筆は意外と少ない印象があります。そうした意味で、貴重なモデルだと思います。
 余談ですが、私がこのモリタ・オリジナルを最初に購入した人間だったりします。いつも通っている店のオリジナルということですぐに購入したわけですが、その時はここまで一般化するとは思わなかったです。

560

 これからは、こういうパステルカラー系の万年筆をもっと購入したいですね。手持ちだと、パイロットのプレラ(ライムグリーン)が、パステル系と言えるでしょうか。

 最近発売された、セーラーの「プロフェッショナルギア ピンクゴールド」は、白軸で悪くはないのですが、3万円というのはちょっと高いですよね。

 →セーラー プロフェッショナルギア ピンクゴールド 万年筆 (万年筆キング)

|

« 中屋万年筆(十角軸 赤溜)を注文した | トップページ | ファーバーカステル、パーカー、ウォーターマンが値下げに »

調整・修理・改造・トラブル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、もきゅすけさん。
私は、以前サファリデモのインナーキャップの後ろにインクが回ってしまいましたおりに
中性洗剤  いわゆるママレモン類  をかなり濃いまま入れ、立てかけておくことで
事なきを得ました。
恐るべし 界面活性剤。ペン芯など 侵されるかも知れませんね漬けておくと。

インナーキャップの外れって 私たちが考える以上に重大な問題なのかも知れません。
先日 購入したばかりの息子のインナーが外れまして・・・押し込んでおいても嵌合式の為キャップをするたび 再度先軸についてくる・・・写真を添えて『いかがすればよいでしょう』と購入先にメールしましたところ、早速に代品を送って下さいました。

さて、もきゅすけさん そしてここにお立ち寄りになる先輩方 質問させて下さい。
ここにも 以前書かせて頂いた友人から ラミの黒を使って居るんだが "にじみ"が甚だしく
とても書道の昇進試験には使えない との相談を受けました。
裏写りやにじみは各社の癖です。僕の経験から パイロットの黒を使ってご覧なさいと申しました。

『すごい!にじまない。ありがとう』ってメールです。
そこで疑問!裏写りともども紙質にも大きく左右されることだとはおもうんですが 裏写りは手帳やノートでもない限り裏面をつかわないとゆう対策もあるわけですが
にじみの出やすいインクって 相当上質の紙を使う前提での設計なんでしょうか???
フルース紙とか??
日本の紙ってかなり紙質が悪いってことでしょうか??
その紙ににじみを出さない為に 日本のインクメーカーは苦心なさっているのでしょうか??
欧米には にじみの好きなライターもいらっしゃるのでしょうか???
どなたかご存じのかた ご教示下さい。
ありがとうございます。

投稿: ペン芯のカス | 2009年2月23日 (月) 12時02分

 ペン芯のカス さん、こんにちは。

 デモンストレーターは、汚れなどが見えますから、インナーキャップの後ろにインクが回るのは気になりますよね。もっとも、見えないだけで、普通の万年筆でもそうなっていたりするのかもしれませんが。(^^;
 さすがに、中性洗剤は、ペン芯には影響がないんじゃないでしょうか。根拠はないですけれど。

 私はインクについては、こだわりというモノが全然なく、あまり詳しくないので、ご質問の内容には答えられる知識は持っていないです。すいません。
 パイロットの黒がにじみにくいというのは意外ですね。パイロットはキャップレスをラインナップに持っている関係上、どのインクもシャバシャバの傾向が強いですので、てっきりにじみやすいのだと思ってました。

投稿: もきゅすけ | 2009年2月25日 (水) 14時23分

その後をお話しします。

私の友達曰く 筆圧が掛かる感じで書くとやはりパイロットもにじむそうです。
そこで私、確かめました。キリッ
ちょうどヤマダうどんのカウンターに座っているときにメールが入りましたんでその場で
バッグから手帳、メモ用紙 その場に持っていたペン。
筆圧も関係あるかも知れませんが、紙質に依るところが大きいですね。
でパイロット赤 セーラー緑 パイロットBB セーラーBB
セーラーBBは強い 全然にじまない。
で一番弱いのはパイロット赤。
この線で考えると パイロットの黒あるいは ブルーも近い線なのかも知れませんね
私、パイロットの黒ってふでで萬年しか黒の入ったペンが無い物で分かりません。

モンブランBBは確かに濃い これを入れると一垂らしも出ないペンが私のところにあります。

(>。<)

投稿: ペン芯のカス | 2009年2月25日 (水) 16時05分

プロギアのインナーキャップはすぐ外れます。
まぁ元々ねじ込み式ですから気密性は保たれていますのであまり重要なパーツじゃないですし(笑)

>ペン芯のカス様
インクの粘度と滲みやすさもあまり相関性はありませんね。シャバシャバのインクでも滲まないものもたくさんあります。仰るとおり紙によって滲む滲まないが結構ありますので、完全な正解はありません。滲まない事だけを重視するのなら染料系インクではなく顔料系インクを使われるのが無難です、プラチナカーボンインク、セーラー極黒などです。

投稿: どーむ | 2009年2月25日 (水) 22時55分

 ペン芯のカス さん、こんにちは。

 確かにパイロット赤はにじみやすいですね。私も赤インクはパイロット赤を使っています。もっとも、赤インクはパイロット以外は使ったことがありませんが。(^^;
 赤インクはあまり使いませんから、入手性が良くて安いパイロットを何も考えずに入れてます。まあ、あんまり渋いと固着して困ったりもしますから、使用頻度の低い赤インクはシャバシャバのパイロットでいいのかもしれません。

投稿: もきゅすけ | 2009年2月27日 (金) 07時56分

 どーむ さん、こんにちは。

 インナーキャップが外れやすいのは、プロギアだけの話なんですね。初めてインナーキャップが外れるという経験をしたのでビックリしましたが、他のが外れやすくないのなら安心です。

 インクの粘度とにじみやすさにあまり相関性がないというのは意外な情報です。そういうものなんですね。私は万年筆本体にはこだわるくせに、インクにはあまりこだわらないので、インク関係はさっぱりだったりします。
 書き味とインクは密接な関係がありますし、万年筆とインクとの相性もありますから、本当はもっとこだわった方が良いのでしょうけれど。しかし、何となく、入手性の良い国産インクと、万年筆を購入したとき(特に限定)についてくる、オマケのインクで済ませてしまいます。

投稿: もきゅすけ | 2009年2月27日 (金) 08時01分

どーむさん、もきゅすけさん、返信頂いてありがとうございます。

相ですか にじみはいろいろ関わりがあるんですね。
カーボンは強いんですか。友人に知らせてみます。ただ価格が高めですからね。
>オマケのインク
もきゅすけさんくらいの頻度でペンを購入していたら それも可能ですね。
僕の購入する価格帯のペンでは、ボトルインク付きは無いしなぁ。

僕はラインナップとして、国産最安のセーラー各色、パイロットレギュラー三色、プラチナBB、
モンブランBB、パーカーBB、ラミブルーです。

桝屋のホームページには、にじむ暇の無いほど吸い込みのいい紙って書いてあります。
きっとインクより紙質に依るところの方が影響大かもですね。

ありがとうございます。

投稿: ペン芯のカス | 2009年2月27日 (金) 11時15分

 ペン芯のカス さん、こんにちは。

 いえいえ、私もオマケのボトルインクが付いてくるような万年筆は、そうはバンバンと買えないです。
 私が使うインクの基本がパイロットですね。黒だけがペリカンです。モンブランのボトルインクは形状が便利なのですが、いかんせん高いのが悩みです。

投稿: もきゅすけ | 2009年2月28日 (土) 08時00分

はじめまして。以前から拝見しており、古い日付のものへのコメントで失礼致します。
私は最近このモリタのプロギアを買いました。私もモリタはずっと通っていて、
調整もお願いしたりしていますが、どこかでお会いしているかもしれませんね。

モリタの息子さんは、このプロギアを「ティファニーのブルーをイメージしました」って
言ってましたw なんとまぁテキトーな。
でも、あのお店のキャラは独特ですね。
愛すべき老舗、お父さんももう84歳とのことですが、元気でいてほしいものです、

投稿: ウサっ子三昧 | 2009年7月31日 (金) 20時32分

 ウサっ子三昧 さん、初めまして。

 モリタさんは、ヨドバシを除けば関西圏で唯一の値引き店ですし、また在庫も豊富ですので、ホントにありがたい存在ですよね。唯一の難点は、3人お客がいるといっぱいになってしまう店の狭さでしょうか。(^^; あれだけ本数が多くあると、化粧箱が相当に場所を取りますね。購入する万年筆がなくても、気軽に寄れる雰囲気の店なので、かなり頻繁に行ってます。貴重な存在なので、これからも頑張って欲しいですよね。

投稿: EF Mania (管理人・改名中) | 2009年8月 1日 (土) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/44148947

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナルギアのインナーキャップが外れた:

« 中屋万年筆(十角軸 赤溜)を注文した | トップページ | ファーバーカステル、パーカー、ウォーターマンが値下げに »