« トラックボール「フォース」(サンワサプライ)を新調する | トップページ | セーラー万年筆の2種類のキャップリング »

セーラーから「日本橋三越本店限定 カプリ・ブルー」が発売に

 またまた、セーラーと三越百貨店とのコラボで限定万年筆が発売になります。今回はイタリアのリゾート地であるカプリの海をイメージした、ブルーのスケルトン仕様のプロフェッショナルギアです。

594

 →日本橋三越本店 限定万年筆「カプリ・ブルー」 (セーラー万年筆 公式)


(関連記事)
 →セーラーから「日本橋三越本店限定 "モカ"」が発売に
 →セーラーから「SANUKI オリーブとホトトギス」が発売に

▼カプリ・ブルーと言えば

 イタリアのカプリ海をイメージした万年筆と言えば、デルタのカプリコレクションの「マリーナ・ピッコラ」を思い出します。

436

 →デルタ 「マリーナ・ピッコラ」 を入手


 ダンデライオンに続いての、カラーのスケルトン万年筆は、涼やかなイメージが良いですね。ただ、「SANUKI オリーブとホトトギス」に比べると、インパクトには欠けるでしょうか。せっかくの限定万年筆なのですから、もう少し、他にはない特殊性を期待したい所ではあります。
 字幅は中字のみで、50本限定の発売です。細字趣味の私としては、こういう風潮はあまり嬉しくないかも。

 個人的には、カプリ島の観光名所“青の洞窟”をイメージしたという付属するオリジナルインクの方が気になっていたり。ここでも、デルタの万年筆「BLUE GROTTO 青の洞窟」とカブってしまっていますが。(^^;

595

 →デルタ カプリコレクション BLUE GROTTO 青の洞窟 万年筆 (文栄堂)


 この限定万年筆、てっきり3月17日~22日に同店で開催される「第11回 世界の万年筆祭」で売り出されるのかと思いきや、その後の4月1日からの発売なんですね。どうせならその時に販売すれば良いと思うのですが。
 もしかして、プロギアスリムのスケルトン万年筆とカブるのを避けるためだったりして。(汗)

 →第11回 世界の万年筆祭 (セーラー万年筆 公式)

|

« トラックボール「フォース」(サンワサプライ)を新調する | トップページ | セーラー万年筆の2種類のキャップリング »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

これはきれいな万年筆ですね。
色もいいですが、通常の二連リングではなく幅広リングを採用しているのも気に入りました。
ただネーミングが疑問です。
大三越ともあろう者が後追いでいいのか?という気がします。

もうすぐ阪急百貨店のI Love pen, I Love letterが開催されますね。
去年の開催で、私は仙台大橋堂の万年筆と、ガラスペン、インク工房のオリジナルインクを買いました。
セーラーはブライヤーという大物を持って来てくれていましたが、今年はどうでしょうか。
この三越のプロギアと同じデザインで、阪急色の薄紫スケルトンを出してくれたら買おうと思っています。
私は阪急電車で通勤していますので、阪急といえば紫より海老茶なのですが、電車の色ならいりません。

投稿: yuband | 2009年3月11日 (水) 16時36分

 yuband さん、こんにちは

 リングについては、初めて気がつきました。よく見れば、プロギアモザイクやエボナイトと同じタイプの幅広タイプのリングですね。こちらの方が押し出しがあって豪華に見えますから、こちらが標準になれば嬉しいのですが。ただ、それだと高級ラインとの差別化が難しくなるかもしれませんが。

 セーラーがどこまでデルタの万年筆を意識していたのかは分かりませんが、結果として名前がカブっているのはマイナスですよね。同じ地中海のリゾート地なら、マルタとかニースとか、他の場所にすればいいのに、なんて思ったりもします。

 今年の阪急百貨店のイベントには何とかしていきたいですね。この3週間ほど、休日返上での仕事続きで、万年筆を見に行くどころの状況ではありませんでした。なんとか1日でも空けて行きたいとは思っているのですが、どうなることやら。
 ついでにモリタとかも行きたいですね。隣の県に遠征しなければならない分、それなりの時間を確保しないといけないのが辛い所です。

 海老茶と言えば、近鉄の車体も似たような色というイメージがあります。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年3月11日 (水) 19時43分

こんばんは。青はいいですね。
そういえば私、青系の軸は持ってないです。
スケルトン、きれいやなと思うのですが、おっしゃるようにヒネりがないように思います。
レギュラーで販売されてもいいぐらい。

私は阪神沿線で生まれ育ち、阪急は学生時代に下宿との往復によく使いました。
関東暮らしの今、帰省の折には山崎あたりで新幹線から見える海老茶の車体を見て、
「ああ、帰ってきたんやなぁ」と実感させてくれる貴重な存在です。

投稿: zero-52 | 2009年3月12日 (木) 00時24分

 zero-52 さん、こんにちは。

 私も、あまり青系は持ってないですね。言われてみれば、万年筆には青系はちょっと少なめでしょうか。万年筆はペリカンを除けば、緑系は売れない、という定評があるみたいですが、青系もあまり多くはないですね。赤系の方が売れるのかもしれません。

 私の住んでいた所では、近鉄とJRと京阪でした。JRはいまだに単線で、かなりほのぼの風味です。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年3月13日 (金) 05時32分

zero-52さん

そう言われると、海老茶も捨てたものではないかなと思います。
私はいつでも見ることが出来ますので、あの車体の色にありがたみを感じることはありませんが、以前一度だけ関西を離れることが決まったときに、ナガサワオリジナルの風見鶏のプロフィットを買いに走ったことがあります。


もきゅすけさん

阪急の今年の限定万年筆は、プロフィットタイプの黒檀ですね。
これも欲しいのですが、マーブルエボナイトを買ったことで、春の高額品の予算は尽きてしまいました。
せめて秋だったらと思います。
しかし、「マーブルエボナイト…、あれは冬だった…」と、現物を見た瞬間に思っているかも知れません。

投稿: yuband | 2009年3月15日 (日) 04時11分

 yuband さん、こんにちは。

 今回の阪急うめだのイベントには、目玉の万年筆があるんですね。幸いにも(?)長刀仕様なので、細字好きの私の財布を直撃するのは免れましたが。(^^;
 それよりも、マーブル・エボナイトとキティ万年筆なんですよね。早いこと大阪に遠征したいのですが、結局、今回の土日も仕事で缶詰状態です。
 来週はいよいよのイベントですから、なんとか行こうかと、今週は仕事を頑張ってみようと思ってます。問題は、いつ行くかです。前半はセーラーペンクリですし、後半は中屋のイベントと、どちらに行こうか、悩みは尽きません。
 どちらにしても、まずはモリタに行ってから、イベントに顔を出そうかと思ってます。

投稿: もきゅすけ | 2009年3月15日 (日) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/44309591

この記事へのトラックバック一覧です: セーラーから「日本橋三越本店限定 カプリ・ブルー」が発売に:

« トラックボール「フォース」(サンワサプライ)を新調する | トップページ | セーラー万年筆の2種類のキャップリング »