« プラチナの 「肥後象嵌 万年筆」 が気になってきた | トップページ | 人気記事ランキング (2009/04/14 版) »

「プロフェッショナルギア ファミリー」の一覧表

 セーラーのプロフェッショナルギアには、派生モデルが4種類あります。それらを一覧表にまとめてみました。

709

ニブ 軸径×長さ 重量 吸入方式 ※(1) 価格
プロギア 21金 大型 φ18×129mm
(筆記時φ18×150mm)
21.6g 両用式 嵌合式 \20,000
プロギア ミニ 21金 大型 φ18×108mm
(筆記時φ18×139mm)
20.2g カートリッジ
専用
ネジ式 \20,000
プロギア スリム 14金 中型 φ17×124mm
(筆記時φ17×142mm)
16.8g 両用式 嵌合式 \12,000
プロギア スリム ミニ 14金 中型 φ17×103mm
(筆記時φ17×132mm)
15.8g カートリッジ
専用
ネジ式 \12,000

    (※1) キャップを後ろにはめる時の方式です。

▼それぞれの特徴

プロフェッショナルギア
21K大型ニブを備えた、スタンダードラインの上位版で、プロフィット21の円筒型版です。パイロットの742やプラチナのプレジデントに相当する太軸モデルです。
710
(上:プロフェッショナルギア  下:プロフィット21)

プロフェッショナルギア ミニ
プロフェッショナルギアの「太軸&21K大型ニブ」という特徴はそのままに、軸を短くしたバージョンです。軸が短いこともあって、カートリッジ専用です。キャップを尻軸に付けるときはネジではめる方式です。

プロフェッショナルギア スリム
プロフェッショナルギアの胴軸を細くして、長さを少しだけ短くしたバージョンです。ニブは一回り小さな14K中型です。こちらは、プロフィットスタンダードの円筒型版とも言えます。
711

プロフェッショナルギア スリム ミニ
プロギアスリムを短くしたバージョンです。プロギアミニと同じく、カートリッジ専用で、キャップは尻軸にネジ式で付けます。
712

▼私的雑感

 私が持っているのは、プロギア ミニ以外の3モデルです。

 「プロギア ミニ」が、4モデルの中で最も影が薄い印象があります。ショートサイズの万年筆の割に、太軸で大型の21Kニブが付いているというのは、少しアンバランスかもしれません。(※プロギアミニの愛用者の方がいましたら、すいません。)


 「プロギア スリム」は、「スリム」という名称から、小さい万年筆というイメージがあるかもしれませんが、キャップを後ろに付けさえすれば、十分な長さがある堂々とした万年筆です。デスク上で使っても違和感のない万年筆だと思います。ただ、キャップを後ろに付けないと、ちょっと短すぎると感じるかもしれません。私はほとんどの万年筆でキャップは尻軸に付けない派ですが、プロギア スリムはキャップを尻軸につけて使います。

715



 「プロギア スリム ミニ」は、とても小さな万年 筆です。収納状態だと本当に小さくて、かわいらしい万年筆です。キャップは尻軸にネジで付ける方式ということもあって、キャップを尻軸に付ければ、それなりの長さが確保されて、筆記に問題はないですね。

 小さな万年筆だけに、携帯用として検討される方もいるかもしれません。ただ、キャップを尻軸にネジで嵌めるのは片手では難しいため、手帳を片手に持った状態で、プロギア スリム ミニを筆記状態にもっていくのは、すこしやりにくいです。なので、本体の小ささにもかかわらず、携帯用には意外と向かないかもしれません。私はデスク上で使ってます。

713



 「プロフェッショナルギア」は派生モデルがいくつかありますが、大きさの微妙に違うバージョンがあります。「プロギア マーブルエボナイト」や「プロギア モザイク」は、キャップは大きめで、胴軸も少し長めです。キャップリングも形が違いますね。

1633

 (※関連記事)
 →セーラー 「プロフェッショナルギア モザイク」 のレビュー
 → 「プロギア マーブルエボナイト」「すみれ色 キャップレス」「キティ スウィートベリー」を購入
 →セーラー万年筆の2種類のキャップリング

|

« プラチナの 「肥後象嵌 万年筆」 が気になってきた | トップページ | 人気記事ランキング (2009/04/14 版) »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

プロギは、私が初めて買った万年筆です。
国産を知らずに海外製品使うのも何でしたし、
天冠の錨に惚れた、というのが理由です。
書き味やわらかくて好きです。
月夜を入れて常用してます。

投稿: zero-52 | 2009年4月11日 (土) 20時31分

 zero-52 さん、こんにちは。

 zero-52さんはプロギアが最初だったんですね。私の場合は、鉄ペンのヤングプロフィットが最初でした。
 セーラーの21kニブには独特な柔らかさがありますよね。私は万年筆の使い始めの頃は、少し苦手でした。筆圧が高かったですし。そんな私でしたが、今ではセーラー21kニブの万年筆の割合が一番高いんですよね。自分でもビックリです。

投稿: もきゅすけ | 2009年4月12日 (日) 13時49分

プロギアのレギュラーモデルはスリムミニだけです。
派生モデルのグランザスネオは持ってますが、実はレギュラー品には手が出てません。

ホワイトゴールドは萌える色なので検討したいですが、ペントレで金使いすぎて余力ありません( ̄▽ ̄;)

投稿: どーむ | 2009年4月17日 (金) 23時38分

 どーむ さん、こんにちは。

 私も、通常ラインと言えるのはプロギアスリムだけですね。プロギアはモリタオリジナルですし、あとはキティやらモザイクやらマーブルエボナイトやらグランザスネオやらで、変わったのが多いですね。基本的に派手めが好きなので、どうしてもそうなってしまいます。

 セーラー21kニブはどちらかと言えば苦手な部類に入るのですが、セーラー21kニブをつけたモデルに魅力的な万年筆が多いせいで、いつの間にか増殖してしまっています。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年4月18日 (土) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラチナの 「肥後象嵌 万年筆」 が気になってきた | トップページ | 人気記事ランキング (2009/04/14 版) »