« パーカー デュオフォールドにおけるインクのボタ落ち | トップページ | 世界史関係の書籍や漫画を読む »

ドルチェビータ スリム と Zen の日本発売はいつ?

 ドルチェビータ スリムが海外で発売されてから、それなりの日にちが経っていますが、日本では一向に発売される様子がないですね。
 同じデルタのカプリコレクションや少数民族シリーズなどは、特にタイムラグなく日本でも発売されているのを見ても、ドルチェビータ スリムの発売遅れは気になります。

746


 そうこうしている間に、ドルチェビータの新しいモデルとして、"Dolcevita Zen"が発売になるようですね。

741

 →Dolcevita Zen Collection (Fountain Pen Hospital)


▼ドルチェビータ スリム

 ここの所、デルタはドルチェビータのラインナップの拡充が著しいですね。ついこないだ、吸入式のドルチェビータが発売されたばかりです。それに続いてのスリムと Zen の発売ということで、小型から大型まで、あらゆるニーズを満たそうとする勢いです。

423

 一つのモデルの多様性で言うと、セーラーのプロフェッショナルギア並みですね。

 →「プロフェッショナルギア ファミリー」の一覧表


 私が持っているドルチェビータはミディアムです。外見も書き味も気に入ってはいるものの、ちょっと持つ部分が私には太すぎるのが不満です。胴軸が太いのは構いません。しかしドルチェビータ ミディアムの場合、首軸が太い胴軸のそのままの太さになっていて、持ちにくいのです。

749

 細い首軸のドルチェビータと言えば、パピヨンがありますが、あれは首軸が金属です。以前の記事にも書きましたが、乾燥肌の私は金属の首軸は苦手です。なので、首軸が樹脂で細いドルチェビータが発売されるのでしたら、それが一番有り難いです。

748

 →滑りやすい金属首軸への対処

 ドルチェビータ ウェイはある程度首軸が細いですが、あれは価格がちょっと高めなんですよね。また、ドルチェビータ ミニはカートリッジ専用なのが難点です。

743



 胴軸も首軸も細いドルチェビータ スリムは、手が小さめの日本人には合っていると思うのですが、なかなか日本で発売になりませんね。
 「海外で人気で、生産が追いつかないから日本発売が遅れている」といったことならいいのですが、「最初から日本では発売しない」ということであれば、残念です。


▼ドルチェビータ Zen

 新しく発売になる、ドルチェビータ Zenは、その一番の特徴は、キャップの長さですね。キャップ単独で75mmというのはとても長いです。それだけに、キャップは胴軸にかなり深く差し込めるようになっているみたいですね。
 また、キャップのエンドが丸くデザインされているのは、ドルチェビータ一族では初めてですね。

 それ以外の特徴は、ドルチェビータ スリムに似ているでしょうか。スリムと同じく、14kの小型ニブが付いているようですし。

741



 ん~、正直 ドルチェビータ Zen は、位置付けのよく分からないモデルでしょうか。他のモデルとかぶっている面がありますし。まあ、ドルチェビータの場合、ウェイとかスタウトとか、位置付けがよく分からないモデルはたくさんありますので、突っ込んだら負けなのかもしれません。(^^;


750  ちなみに、私が今一番欲しいドルチェビータと言えば、ドルチェビータのデスクペン・セットですね。

 もっとも、これだけ大きいデスクペン・スタンドを置いておくスペースは、今の私のデスク上にはありません。なので、購入しても間違いなく持て余しそうではありますが。(^^;


▼各スペック表

 おまけとして、ドルチェビータの各モデルのスペックを載せておきます。データは以下の2ヶ所からのものです。

 →Delta DOLCEVITA (Oversize, Medium and Slim) Reviews
 →Delta Zen Fountain Pen (Fountain Pen Network)

オーバーサイズ ミディアム スリム zen
通常 141mm 135mm 131mm 142mm
後ろにキャップ 177mm 162mm 147mm 154mm
胴軸のみ 131mm 122mm 120mm 121mm
キャップのみ 66mm 62mm 56mm 75mm
胴軸径 φ16.5mm φ14.7mm φ12.7mm
首軸径 φ14.5mm φ12.7mm φ10mm
重さ 48g 32g 25g
胴軸のみ 30g 20g 15g

|

« パーカー デュオフォールドにおけるインクのボタ落ち | トップページ | 世界史関係の書籍や漫画を読む »

万年筆 / 欲しい物・購入検討」カテゴリの記事

コメント

吸入式のタイプを、欲しいとと思ったのですが、
結構高いし、とても手が回りません。
イタリアだとアウロラも欲しいし・・・。

でも、いい色の軸ですよね。
いつかは手にしてみたい。

投稿: レッドのコッカー | 2009年4月24日 (金) 15時17分

 レッドのコッカー さん、こんにちは。

 ドルチェビータの吸入式は、ネットで「軸が折れた」という報告を見たことがあります。デルタ初めての吸入式だけに、初物はちょっと怖いかもしれません。アウロラの時も、初期は使うインクによっては、インク窓付近から折れたりしたそうですし。
 ドルチェビータに比べれば、アウロラの方が価格的にお手頃感がありますよね。

投稿: もきゅすけ | 2009年4月26日 (日) 07時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« パーカー デュオフォールドにおけるインクのボタ落ち | トップページ | 世界史関係の書籍や漫画を読む »