« セーラーのインク工房が復活 & 「透明プロギアスリム」の謎 | トップページ | 30万アクセス到達 御礼 & フォント指定キャンセル »

万年筆関連ブログ 定点観測 1 (09/05/22)

 最近の万年筆関連ブログの記事で、興味を惹かれた記事をまとめてみました。


萬年筆の座敷牢 (万年筆評価の部屋
[グッズ] 私が購入するかどうか迷っている万年筆ケース Kaweco Cube を購入された方がいました。う~ん、魅力的です。悩みますね。
 (関連記事)→Kaweco の新しいコレクションボックスが気になる


万年筆の狭小建売住宅 (Penペン草子 万年筆初心者の断想
[グッズ] こちらはキューブケースどころではない、大型のコレクションケースです。これはすごいです。


日興エボナイトの万年筆 (左利きの万年筆
[万年筆] 私も気になっている日興エボナイトの万年筆を購入された方がいました。


Center-G カスタムバレル チタン軸 (どーむの出張日記 &○欲日記
[改造] Finemanさんが製作されたチタン製の替え軸です。格好良いですが、重そうではありますね。


[ 083 - 使い込むとこうなります( ウソ ) ]  (国産定番万年筆 最強インプレ
[改造] 上のチタン製替え軸を作られたFinemanさんによる、軸の焼き入れです。素晴らしく綺麗だと思います。


「よく落ちる!」 (道化は踊る
[インク] プラチナの顔料ブルーは、意外と手にはこびりつかないというお話。


古典ブルーブラックの新色を調色、今度は青、緑、黄。 (趣味と物欲
[インク] 自作インク(!)を作られている方による、古典ブルーブラックの新色です。


アウトレットで万年筆。 (本と文房具にかこまれた日々。
[万年筆] 無印良品のアルミポケット万年筆の購入記。OHTOのタッシェのOEMとは初めて知りました。


PilotTシャツ (ペン先に写る毎日 ~ステーショナリー生活~
[グッズ] ユニクロから発売された、PilotのコラボTシャツ。部屋着に欲しいかも。


パイロット万年筆の勉強会 (文具館コバヤシ ブログ
[インク] パイロットの証券用インクと製図用インクの違いについて。知りませんでした。


自作ペンケース写真追加+純正ケース 1 (ペリカン堂万年筆本舗
[グッズ] 万年筆の革ケースの自作話。革材料の調達価格がネックでしょうか。


90日間の旅 (万年筆評価の部屋
ビンテージ シェーファー 太字 「目玉」のはずが・・・ (Penペン草子 万年筆初心者の断想
[eBay] eBayでのトラブル話。eBayは掘り出し物を手に入れられる反面、トラブルもあるみたいですね。英語力のない私には厳しそう。

|

« セーラーのインク工房が復活 & 「透明プロギアスリム」の謎 | トップページ | 30万アクセス到達 御礼 & フォント指定キャンセル »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。古典ブルーブラック系インクの試作をしているがりぃと申します。
ページをご紹介いただきありがとうございます。光栄です。

投稿: がりぃ | 2009年5月22日 (金) 08時25分

はじめまして、

日興エボナイトの万年筆とても良いです!
インキ止めが問題なければお勧めです

よくお邪魔しているブログで記事をご紹介いただけるなんて
嬉しいやら、恥ずかしいやら、
ありがとうございます。

投稿: オヴリーク | 2009年5月23日 (土) 08時20分

 がりぃ さん、こんにちは。

 以前にそちらからもリンクをいただいて以来、ブログを拝見していました。私自身は、インクはパイロットなどの安いのを使うばかりであまり詳しくないのですが、インクの自作というのはそうそうできることではありませんから、興味深く読ませてもらってます。

投稿: もきゅすけ | 2009年5月23日 (土) 11時06分

私のブログをあらためて取り上げていただき、有難うございました。

紹介した万年筆「コレクションケース」ですが、写真では大型に見えますが、実測はそんなに大きくないのです。Kaweco Cubeが約23cmの立方体+台座の大きさですが、当方は横幅が2倍弱。縦、奥行きはさほど変わりません。万年筆がすし詰め状態となります。「万年筆の狭小建売住宅」という所以です。

ゆったりとした「万年筆の大聖堂」に、それなりの万年筆を収納するのが夢なのですが、先ずは豪邸ではなく、身の丈にあった「狭小建売住宅」からスタートです。

投稿: Bromfield | 2009年5月23日 (土) 11時10分

 オヴリーク さん、こんにちは。

 やはり日興エボナイトはいいですか。写真を見ても、良い色合いですものね。インキ止式の万年筆には、結構興味あります。私自身、一本も持っていませんし、どんなものか所有してみたい気持ちもありますので。
 さすがに人気で手に入れにくいのと、すでに手に入れたセーラーのプロギア・マーブルエボナイトとカブってしまうのが難点ではありますが。いずれにしても、注目しているメーカではあります。
 そういういみでも、オヴリーク さんのブログ記事はとても参考になりました。感謝です。

投稿: もきゅすけ | 2009年5月23日 (土) 11時15分

 Bromfield さん、こんにちは。

 写真だと、ついついタンス見たいのを想像してしまいますが、小型の長持みたいな感じでしょうか。私自身、いつまでも万年筆をむき出しで置いておくのも問題だと考えていますので、コレクションケースを物色している途中ですが、いまだにどれにしようか悩んでいる最中です。特に、エボナイト製の万年筆を購入してからは、光に常時当たらない環境の構築は急がれる所です。

 こういうケースの場合、やはり外国まで手を伸ばすと選択肢が一気に広がりますね。eBayが使えればいいのですが、私の貧弱な英語力とビビリな精神力のため、ちょっと尻込みしてしまいます。Kaweco Cube だと、まだショップで買えますので、何とか、という感じです。
 あまり長く悩んでいると品切れになったりしそうで怖いのですけれど。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年5月23日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆関連ブログ 定点観測 1 (09/05/22):

« セーラーのインク工房が復活 & 「透明プロギアスリム」の謎 | トップページ | 30万アクセス到達 御礼 & フォント指定キャンセル »