« ペリカン 自然の美観シリーズ は打ち止めかも | トップページ | 色軸万年筆を "マンセル色相環" 風に並べてみた »

万年筆関連ブログ 定点観測 2 (09/06/02)

鹿角の利用 ~鹿角万年筆試作結果 (鳥獣害ニュース
[万年筆] 鹿の角で万年筆を作ることは出来ないか、という話。製品化は難しいようですが、試作の鹿角万年筆の写真はとても興味深いです。どーむさんの記事でこのことを知りました。


MY FOUNTAINPEN 01062009 (MY MUSEUM
[万年筆] こちらは手作り銅製品での特注万年筆。叩き出しの銅の感じが良いですね。プラチナの銀無垢鍛金のような感じなのかな。


色彩雫の山栗を購入したので、パイロットインキをペーパークロマトで分析してみる。 (趣味と物欲
[インク] パイロットインキのペーパークロマトによる分析です。さすが自作インクを作られている方だけあって、インクに対する造詣の深さには脱帽です。パイロットインクは価格が安いですが、優秀なんですね。


温もりの万年筆 ナミキの中型 (左利きの万年筆
[万年筆] Namikiと言えば50号のペン先というイメージがあるのですが、20号というのもあるんですね、知りませんでした。20号ペン先の特徴については、こちらにも書かれています。
 →ナミキ 万年筆 漆コレクション中型 (スミ利文具店)


やってみました♪ (道化は踊る
[改造] パイロットの CON-20 のゴムサックと空きカートリッジを使って、ミニ万年筆用コンバーターを作るお話。ミニ万年筆用には、カートリッジにスポイトでインクを注入するのが定番ですが、これは新しい方法ですね。


リップスティック? (Mew's Room
[万年筆] リップスティックのようにペン先を繰り出すタイプのモンテベルデの Diva です。面白いギミックですが、首軸の回転が固定されないのは、ちょっと扱いにいかも?


万年筆のベッド (ペリカン堂万年筆本舗
[グッズ] 万年筆の収納方式に悩んでいる私ですが、こういう小さな棚式の収納方式も悪くないかも。個人的に、万年筆をペン立てに立てるのは好きではないですが、横置きなら良い感じです。


再入荷いたしました (NAGASAWA PenStyle DEN
[ショップ] "ナガサワオリジナル"の中屋万年筆『朽葉溜』が再入荷とのことです。個人的には『黄朽葉』が気になります。黄色の漆というのはどんな感じなんでしょうかね。機会があれば、実物を見てみたい所です。


SAILOR21kプロフィット万年筆 (シューちゃんの万年筆日記
[万年筆] 2003年に、阪神タイガースがリーグ優勝した時の記念万年筆です。この万年筆の黄色軸を、私も実際に店頭で見たことがあります。今から思えば、その時に買っておけばよかったと、ちょっと悔やんでます。


色彩雫 冬柿と土筆と山栗 (RemのDigitalCaravan
[インク] 色彩雫の新色が出てからしばらく経ってますから、色々なブログで購入報告やレビューがあがってますね。代表してこちらの記事を。


CROSS C-Series Carbon Black (B)ぺん★ぱれーどっ!
[万年筆] 最近発売になった、クロスの C-Series のレビュー。首軸がラバーグリップ調に加工されているのは興味深いです。

|

« ペリカン 自然の美観シリーズ は打ち止めかも | トップページ | 色軸万年筆を "マンセル色相環" 風に並べてみた »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ご紹介いただきありがとうございます。
インクは奥が深くて、まだまだ分からないことが多いですが、それだけに少しずつ分かってくると楽しいです。

投稿: gary | 2009年6月 2日 (火) 08時12分

こんにちは、

再びご紹介いただきありがとうございます。
20号ペン先はなかなか個性的で面白いです。

投稿: オヴリーク | 2009年6月 2日 (火) 13時01分

 gary さん、こんにちは。

 私は根っからの文系人間ですので、科学的なことはさっぱりなのですが、主に使っているパイロットインクが優秀と聞くと嬉しいですね。安さと入手性の高さ故の使用ではありますが。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年6月 2日 (火) 16時13分

 オヴリーク さん、こんにちは。

 大きいニブで柔らかいとなると、なかなか面白そうですね。ただ、価格的な面から、私には Namiki の万年筆はなかなか手が出ないのですけれど。もうちょっとパイロットさんも価格を勉強してくれれば、と思うのですが、さすがに高級ブランドだけに難しいでしょうか。

投稿: もきゅすけ | 2009年6月 2日 (火) 16時18分

もきゅすけさま

こんばんは、
私も同意見です^^)
価格だけみるとモンブラン№149+αが購入できる値段ですしね。。
パイロットの中でもナミキは別格で支社長決済が無いと販売店にも卸せないとか
漏れ聞いておりますし、なかなか難しいようです。。

投稿: オヴリーク | 2009年6月 2日 (火) 21時20分

 オヴリーク さん、こんにちは。

 Namiki はそういう販売戦略をとっているのですね。初めて知りました。
 販売店を高級店などに絞るというのは、モンブラン的な販売戦略ですね。基本が通信販売の中屋万年筆とは異なる売り方でしょうか。財布に余裕のない私にしてみれば、中屋スタイルの方が有り難いですね。実際、中屋のおかげで漆塗りの万年筆を手に入れられましたし。
 でも、Namiki に対する憧れもあったりするのですが。(^^;

投稿: もきゅすけ | 2009年6月 3日 (水) 01時17分

 初めまして、こんにちわ。当ブログを御紹介頂き、ありがとうございますm(_ _)m
 アクセスが急に伸びてびっくりしたんですが、まさかこのブログで取り上げられているとは夢にも思いませんでした。本当に感謝感謝です。
 ただ、取り上げられた内容について、少し誤解を生まないように補足をさせて下さい。
 CROSSのC-Seriesの「ラバーグリップ調」の加工については、これは“調”という表現をしていることから想像して頂ければ有り難いのですが、決してラバーグリップそのものでは御座いませんので、その点を誤解無きよう御理解頂きたいと存じます(当方のブログのC-Seriesの記事の方に、追記として具体的にどういう加工かというイメージを多少詳細に書かせて頂きました)。

 当方のブログはまだまだ始めたばかりで、未熟な点もいっぱい御座いますが、今後とも是非御愛顧頂ければ非常に有り難いかと思います。

追伸:当方のブログにこちらのブログへのリンクを貼らせて頂きたく思うのですが、宜しいでしょうか?

投稿: ガマ | 2009年6月 4日 (木) 01時31分

 ガマ さん、こんにちは。

 コメントいただいて、恐縮です。クロスの C-Series は発売されたばかりで、ネットでもレビューを見たことがありませんでした。ですので、とても詳しいレビューは、とても参考になりました。
 首軸は、「調」という言葉が入っていたので、ラバーグリップそのものではないと分かりましたが、確かに読み手によっては誤解する人がいるかもしれませんね。

 リンクの件は構わないです。こちらからも、ガマさんのブログにリンクを張らせていただきました。何か問題がありましたら、おっしゃってください。
 これからも宜しくお願いしますね。

投稿: もきゅすけ | 2009年6月 4日 (木) 07時21分

もきゅすけさま

 こんにちわ。
 早速のリンク許可有難う御座います。また、相互リンクも貼って頂いて本当に有り難いですm(_ _)m

 今後とも是非宜しくお願い致します。
 

投稿: ガマ | 2009年6月 4日 (木) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆関連ブログ 定点観測 2 (09/06/02):

« ペリカン 自然の美観シリーズ は打ち止めかも | トップページ | 色軸万年筆を "マンセル色相環" 風に並べてみた »