« 大橋堂の記事についての訂正と、イベント出展情報 | トップページ | Stylo Art 軽井沢 「プリンスジョージ」 のインク漏れ問題が解決 »

万年筆関連ブログ 定点観測 5 (09/08/17)

う~ん。残念!シューちゃんの万年筆日記
[メーカー] 2000年に復活を遂げたコンクリンが倒産したそうです。私は安物の鉄ペンを一本だけ持ってますが、今となっては、金ペンのクレセントフィラーでも買っておけば良かったかな、と思います。


中国万年筆の古典? 英雄100海外在住夫婦のお買い物日記
[万年筆] 英雄は偽物が多いそうで、「800防偽」というシールで偽物が見分けられるシステムを備えているそうです。電話で真贋が鑑定できるシステムなので、中国語ができない私には使えませんが。(^^; また、中国ではペリカンは人気がないそうで、ちょっと意外です。


取れたー!Σ(゚ω゚ノ)ノどーむの出張日記 &○欲日記
[万年筆] セーラー万年筆には錨マークの天冠がついていますが、それが取れてしまったお話。この天冠が接着剤で付けられているのは知っていましたが、思っていたより厚みがあるものなのですね。


Cleo Skribent EBONITE-EDITION Blue Marbleぺん★ぱれーどっ!
[万年筆] クレオ・スクリベント社のエボナイト万年筆です。このメーカーも初耳でした。旧東ドイツの国営企業からスタートしたメーカーだそうです。エボナイトとしてはブラックと赤マーブルがメジャーですが、青マーブルというのは珍しいですね。正11角形という形もユニークで興味深いです。


Jean Pierre Lepine - INDIGO Metal Wood 【ココボロツイスト】の魅力万年筆評価の部屋
[万年筆] まるで木材をねじったような独特なデザインの木軸万年筆です。変わった万年筆が好きな私としては、これはかなり興味を惹かれました。ジャン・ピエール・ラピーヌについては今までよく知りませんでしたが、こういう面白い万年筆があるなら、注目株かも。


暗黒面(Dark Side)くまめくり ~ 日々是自転車操業 ~
[万年筆] ものすごく偏った位置に切り割りが入っているブライヤー軸のル・マン100です。切り割りのズレは舶来万年筆ではたまに見られますが、これはかなり極端ですね。


緑の山くまめくり ~ 日々是自転車操業 ~
[万年筆] ペンポイントの形状が、上から見たときに押しつぶしたような形になってます。筆記自体には関係がないとは言え、目に見える部分ですから、やはり綺麗に整形して欲しいですよね。


まさかの万年筆当選Photocrome
[万年筆] 「OLYMPUS PEN」の発売50周年特別企画のオリジナル万年筆が抽選で当たった人のレポートがありました。万年筆マニアの私からすれば、デジカメが当たるより、こちらの方が羨ましいです。(^^;


ちょっとマニアックな「つけペン」のお話☆まゆ姫のペン習字日記☆
[つけペン] つけペンのペン先レビューが書かれています。私は万年筆オンリーでつけペンは使ったことがありませんが、つけペンの種類もいろいろあって、奥が深そうですね。


革のデスクマットペリカン堂万年筆本舗
[グッズ] 革のデスクマットというのもあるのですね。初めて知りました。雰囲気があっていいですね。ただ、書類を一枚だけ載せて書く場合は、下敷きがいりそうです。


フィッシングに引っかかる eBayのこわーい話Penペン草子 万年筆初心者の断想
[eBay] eBayでのフィッシング詐欺の話です。フィッシング詐欺というのは話には聞きますが、実際の体験談を聞くと怖く感じます。パスワードも出来るだけ共用しない方がいいのでしょうけれど、どうしても複数のサイトで同じパスワードを使ってしまいがちです。気をつけないといけないですね。


お台場ガンダム・LAMY編くまめくり ~ 日々是自転車操業 ~
[万年筆] ガンダム…ではなく、もうすぐ発売になる LAMY Dialog3 のいち早いレポートです。クリップの沈み込みは、予想よりも控えめですね。収納機構は興味深いです。首軸部も太いだけに、扱いやすいのかどうかが問題になってきそうです。


ブライヤーの不思議な木目文房具ラバー 万年筆好きのブログ
[万年筆] 軸の材料として人気のブライヤーですが、その原木の写真が見られます。木の根塊というのは聞いたことがありましたが、仕上がりからは想像しにくい印象の外見です。

|

« 大橋堂の記事についての訂正と、イベント出展情報 | トップページ | Stylo Art 軽井沢 「プリンスジョージ」 のインク漏れ問題が解決 »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんにちは。
ブログPhotocrome管理人の41096と申します。

この度はブログをご紹介頂き誠にありがとうございます。非常に嬉しいです。
いつも片手程度のアクセスしかないウチのブログにはありえない数のアクセスがあり驚きました。

万年筆の情報を収集したい為、これからもお邪魔させて頂きます。本当にありがとうございました。

投稿: 41096 | 2009年8月17日 (月) 18時17分

青マーブルのエボナイトの記事が目に留まりますね。
赤マーブルだけではなく、赤エボナイトというのもあるのはご存じの筈だと思うんですが。。。。
ちなみにうちの処にもそういうのとおぼしきのがある。

投稿: 二右衛門半 | 2009年8月17日 (月) 23時21分

 41096 さん、こんにちは。

 OLYMPUS PENのオリジナル万年筆は、当選者数が少なかったですので、レポートが読めてありがたかったです。これからもよろしくおねがいしますね。

投稿: EF Mania | 2009年8月18日 (火) 10時11分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 そういえばそうでした。赤エボナイトもありましたね、失礼しました。ついつい、手持ちの万年筆や、現行で目にした万年筆だけで考えてしまいました。日興エボナイトさんやmasahiroさんなど、最近ではエボナイトが復興しつつありますね。いろいろな色のバリエーションが増えてくれることを期待したいところです。

投稿: EF Mania | 2009年8月18日 (火) 10時16分

EF Maniaさん、こん○○は。
コンクリンはまた潰れたのですか。山一證券のように、二度目が完全死にならないことを祈ります。
万年筆とは無関係ですが、世界的にバイクが売れなくなっているみたいで、一旦潰れて復活した名門トライアンフがコンクリンと同じ轍を踏まなければよいのですが。
ところで先日、アウロラ・オプティマを調整に出して、見積内容を聞いたら腰が抜けました。詳細はトラックバックさせてくださいませ。

投稿: 狂四郎 | 2009年8月18日 (火) 21時12分

 狂四郎 さん、こんにちは。

 コンクリンは日本では販売している店自体が少なかったですので、いつの間にか倒産していたという印象です。ヨドバシカメラで扱っていたので一本購入しましたが、今ひとつ、ブランドの独自性が感じられないきらいがありました。コンクリンもいずれ復活するかもしれませんが、もうちょっとハジけて欲しいかな。

 オプティマの修理費は高いですね。アウロラ側にしてみれば、自社製品を変わった風に研がれるのは歓迎しない、ということなんでしょうか。研ぎはそのままで、とリクエストしたい所ですが、インク切れの原因が独特の研ぎにあった場合は、そうもいきませんから、難しいですね。

投稿: EF Mania | 2009年8月20日 (木) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆関連ブログ 定点観測 5 (09/08/17):

» 医療費高騰! [狂四郎日月抄]
先日、アウロラ・オプティマを行きつけの文具店を通じて入院させ [続きを読む]

受信: 2009年8月18日 (火) 21時23分

« 大橋堂の記事についての訂正と、イベント出展情報 | トップページ | Stylo Art 軽井沢 「プリンスジョージ」 のインク漏れ問題が解決 »