« Dataram RAMDisk 64bit 版を使ってみた | トップページ | ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 »

超微粒子顔料インク 「青墨(せいぼく)」 が発売に

 セーラーから、極黒に続いて、青色の超微粒子顔料インクが10月に発売になります。評判の高い極黒に続いての青系顔料インクの発売ということで、これも人気が出そうですね。

 →セーラー 超微粒子顔料インク(ナノインク) 万年筆用ボトルインク (高級万年筆の文栄堂)


701  青系の顔料インクといえば、プラチナの顔料ブルーも今年発売されたばかりです。特性も違うでしょうから、選択肢が増えるのは良いことですね。

 →プラチナ 超微粒子 顔料インク ブルー ボトルインク (PIGMENT BLUE) INKG-1500#60 (高級万年筆の文栄堂)

■セーラー ジェントルインク

 青墨の発売はいいことなのですが、残念なニュースもあります。セーラーのジェントルインクが価格改定で、1,050円に値上がりします。また、黒、青、ブルーブラック以外のカラーインクが来年の3月を目途に廃番になるそうです。

 これはとても痛いニュースです。価格は、まだ海外製のインクに比べればリーズナブルとは思うのですが、多数の色の廃番はダメージが大きいです。ジェントルインクといえば、自分で混色可能という特徴を持った珍しいインクですが、多くの種類が廃番になるのでしたら、それもできなくなってしまいます。

740


 個人的には、赤色のボトルインクが結局でないまま、というのが一番残念です。国産インクの赤系では、私はセーラーの赤が一番好きなんですよね。パイロットの赤はあまりにシャバシャバ過ぎて扱いにくいですし、プラチナはちょっと色合いがオレンジがかっていて好みではありません。総合的に見てセーラーの赤が一番好きなのですが、赤はカートリッジでしか発売されていません。いつかボトルインクで赤が発売されてくれれば、とかすかな期待を抱いていたのですが、残念ながらその期待は打ち砕かれてしまいました。

1051

 セーラーからは、ジェントルインクが廃番になる代わりに、来年から季節限定カラーのインクが発売になるそうです。パイロットの色彩雫のような展開をするのかな。個人的には、そうした期間限定の企画ものより、レギュラー品の方を充実させてほしいと思うのですが、なかなか期待通りにはいきませんね。

|

« Dataram RAMDisk 64bit 版を使ってみた | トップページ | ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

ジェントルインクが値上げ・・・それは残念です。
値上げはボトルインクだけなのでしょうか?自分はカートリッジを良く使っているので、そちらも値上げされてしまうとかなり痛いです。それにしても、やはりカラーインクは採算性が少ないのかもしれませんね。

投稿: 猫柳 | 2009年9月19日 (土) 00時11分

国産メーカーに限らず、カートリッジのみでしか展開していない色って、案外注目されないものですよね?
私も、プラチナブラウンや、セーラーバイオレット、ペリカンピンクを使ってきましたけれど、セーラーバイオレットは廃蕃と寂しい限りです。
セーラーの赤インキについてはボトルでないというのは知らなかったです。
うーん、奥が深い。。。

投稿: 二右衛門半 | 2009年9月19日 (土) 00時16分

海外では、入手が簡単ではないので、先日、高いお金を払って、ようやくジェントルインクのイエローオレンジと極黒を入手したばかり。

なのに廃盤決定とは・・・。

廃盤前に値上げとは、これも酷ですね。

投稿: レッドのコッカー | 2009年9月19日 (土) 00時32分

ジェントルインクは耐水性も良好で、バリエーションも豊富だったので、とても残念です。まあ、混色を自分でする勇気はないのですけど。
極黒に続いて「青墨」ですか。ブルーの顔料インクは既にプラチナから出ていますけど、恐ろしくて(^^;使うのを躊躇していたので、朗報です。
文字どおり色々なカラーインクも楽しいですが、万年筆は実用品だと思っていますので、ちゃんとしたパーマネントインクのバリエーションが増えるのは歓迎です。

投稿: 狂四郎 | 2009年9月19日 (土) 03時59分

 猫柳 さん、こんにちは。

 流れている情報では、ボトルインクだけみたいですね。ただ、カートリッジインクは据え置き、という情報があるわけでもないですから、こればっかりは来年になってみないと分からないかもしれません。
 ボトルインクの場合は他のメーカに変えるという選択肢がありますが、カートリッジインクの場合はそうもいきませんから、困りますよね。

投稿: EF Mania | 2009年9月19日 (土) 15時12分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 セーラーのボトルインクの赤は、なぜか「レッドブラウン」という色で、茶系なんですよね。カートリッジにある色がボトルインクにないというのは、ちょっと変わっています。昔はレッドのボトルインクもあったそうなのですが、なぜか廃番になってしまいました。
 赤系の色が人気がないというのは分かるのですが、私は書類の訂正・チェックの時には赤を好んで使いますので、ボトルインクが欲しいです。

投稿: EF Mania | 2009年9月19日 (土) 15時27分

 レッドのコッカー さん、こんにちは。

 廃番、価格改定の前に入手できたということで、運が良かったとも言えるのではないでしょうか。希少価値を考えると、使いにくくなったかもしれませんが。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年9月19日 (土) 15時30分

 狂四郎 さん、こんにちは。

 青墨とプラチナの顔料インクはどう違うんでしょうね。なんとなく、青墨の方が乾いたときのダメージが少なそうなイメージがあるのですが、根拠はないです。(^^; 極黒でノウハウや実績があるセーラーからの発売ですから、青墨も安心かもしれません。
 とは言っても、私はチキンですから、どちらも怖くて使えません。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年9月19日 (土) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/46247055

この記事へのトラックバック一覧です: 超微粒子顔料インク 「青墨(せいぼく)」 が発売に:

» ブルー/ブラックインクを斬る!(黎明編) [狂四郎日月抄]
先月、ブルー/ブラックインクのテストをする旨を宣言しまして、 [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 04時00分

» [stationery]セーラー 青墨はとても良い! [趣味と物欲]
福岡の丸善で、青墨 (せいぼく) が入荷しているか聞いたら、まだ入っていなかったので、スティピュラのグリーンと合わせて通販で購入しました。セーラーのインクはジェントルインクや極黒、文具店のオリジナルインクなど結構持っているのですが、ブルーブラック以外のジェン... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 16時26分

« Dataram RAMDisk 64bit 版を使ってみた | トップページ | ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 »