« クロスから 「アフィニティ」と「センチメント」 が発売に | トップページ | セーラーから 「プロギア スリム 細美研ぎ」と「プロフィットST」 が発売に »

「プラスチック磨きクロス」で胴軸の傷を除去しようとするも…

 私が購入するのは、基本的に現行の万年筆ばかりで、ヴィンテージの万年筆はあまり手に入れることはありませんでした。しかし、最近になって昔の万年筆もぼちぼち手に入れるようになりました。そこで気になるのが、胴軸の傷です。そこで、胴軸の傷を消すために、「プラスチックみがきクロス」を購入しました。

1067

 →KOYO ポリマール プラスチック磨きクロス (amazon)

■レディーシェーファー632

 ヴィンテージ万年筆のコンディションにもいろいろあって、新品同様のもあれば、かなりひどいのもあります。首都圏に住んでいない私の場合は、ヴィンテージ万年筆を購入する手段は限られます。なので、ネットオークションで購入しています。ただ、ネットオークションだと万年筆の状態を正確に把握することが難しいため、時には胴軸が小傷だらけ、ということもあります。私が手に入れた万年筆では、「レディーシェーファー632」がそうでした。

1069

 小傷があっても、実際に使う上で問題があるわけではありません。しかし、やはり見た目が悪いです。なので、東急ハンズに行って「プラスチック磨き」を購入してきました。金磨きや銀磨きクロスに比べれば研磨力が落ちますから、結構根気よく磨く必要がありました。

1068

 多少は綺麗になりましたが、ちょっと研磨力が物足りない気がします。今回は小傷なのでなんとかなりましたが、ある程度深い傷がある万年筆を磨く場合は、コンパウンドなどもっと研磨力のあるものを使った方がいいと思います。

|

« クロスから 「アフィニティ」と「センチメント」 が発売に | トップページ | セーラーから 「プロギア スリム 細美研ぎ」と「プロフィットST」 が発売に »

用具・ツール・関連小物」カテゴリの記事

コメント

最近はヴィンテージにどっぷりハマっている自分ですが同じく首都圏に住んでいない自分にとってもオークションはかなり有効な入手手段です!


胴軸などに傷がいっていた場合はプラスチック磨き布よりも有効だと思われるのがプラスチック用コンパウンドです!こないだ東急ハンズで買ってきました!


汚れ取り、艶出しも同時に行えるのでかなり重宝しています!

投稿: たがみ たけし | 2009年9月29日 (火) 21時08分

みなさん、色々と工夫されていますねー。
わたしみたいに”放置”というのは気楽すぎかな~(笑)

投稿: 二右衛門半 | 2009年9月30日 (水) 00時10分

こんにちは!

バフがけは今まで専門店に任せていましたが、これなら自分でも簡単に出来そうですね。
ご紹介ありがとうございました☆

投稿: 安達功太 | 2009年9月30日 (水) 10時17分

 たがみ たけし さん、こんにちは。

 やはりコンパウンドの方が研磨力が高いですか。万年筆の胴軸はプラスチックとしては結構硬めっぽいですから、磨きクロスでは十分ではないのかもしれませんね。気軽に使えるという点ではクロスにも利点があるのでしょうけれど、難しいところです。

投稿: EF Mania | 2009年9月30日 (水) 22時25分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 私は基本的には現行品ばかりを買っていますから、それと比較すると、どうしても気になってしまいます。シルバー軸なんかだと、思いっきり銀磨きで磨けるので、そうした意味では、綺麗にしやすいのですが。

投稿: EF Mania | 2009年9月30日 (水) 22時29分

 安達功太 さん、こんにちは。

 自分ででも出来ますが、やはりプロには敵わないと思いますよ。プロは、お金を取るだけの仕事をしますし。私の場合は、ペン先調整も含めて、みんな自分でやっちゃうことも趣味の一つになってますから、かなり自己満足が入ってます。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年9月30日 (水) 22時35分

金磨き布も、プラスティック磨き布も、全て同じ研磨剤が入っています。
研磨剤の量が一番多いのがプラチナ磨き布ですが、これは価格も高い。

同じ値段で最も研磨剤の量が多いのは銅磨き布らしいです。

投稿: pelikan_1931 | 2009年10月 2日 (金) 10時03分

 pelikan_1931 さん、こんにちは。

 どちらも同じ研磨剤が入っているというのは驚きです。それなら、銀磨き布オンリーで代用できたりするんでしょうかね。ただ、他の成分が入っていたりするかもしれないので、なんとなく流用するのははばかられますが。(^^;
 やはり一番使用量が多いのが銀磨き布ですね。もうちょっと価格が安くなってくれるとありがたいのですが。

投稿: EF Mania | 2009年10月 3日 (土) 15時31分

これで「ニューヤングレックス」の傷とりをしたいですね。グラマーの首軸の下半分も傷だらけです。

投稿: mituno235 | 2011年9月24日 (土) 19時58分

 >mituno235 さん

 個人的には、このプラスチック磨きクロスは、ちょっと研磨力が足りない感じです。万年筆の胴軸に使われるプラスチックは、これで磨くには硬すぎるのかもしれません。

投稿: EF Mania | 2011年9月26日 (月) 01時07分

どうも。ついに(メーカーは違いますが)同じような製品を買いました。
傷は光にかざすと見えるくらいの浅いものだったので、3分磨いてると結構とれました。新品の輝きが戻ってきました。ただ、消しカスみたいなやつが出ますが・・・(削りかすでしょうが)
あと、キャップのJAPANの文字が少し削れて薄くなりましたが。。。(文字が薄くなったのは古い万年筆みたいになっていいですね。削れ過ぎはあれですが・・・)

投稿: mituno235 | 2012年8月14日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/46346013

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラスチック磨きクロス」で胴軸の傷を除去しようとするも…:

» SHEAFERのコンバーター [D-blog]
やっとこさ買いました。 以前のエントリで、i-robotさんにご尽力いただいたシェーファーの万年筆の。 まだ、インクは何も入れていません。 無難に、ブルーブラックにしようか。 でもそれじゃあ、今までのカートリッジと一緒やし。 さりとて、カクテルインクじゃあ裏写りする可能性あるし。 そもそも、万年筆用じゃないんですよね、ガラスペン用。 けど、ラミーのアルスターで使ってます。 (ていうか俺、ペン買う前にインク買ってるよ・・・) さてさて、どうしますか、しばらく楽しむとし... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 22時47分

« クロスから 「アフィニティ」と「センチメント」 が発売に | トップページ | セーラーから 「プロギア スリム 細美研ぎ」と「プロフィットST」 が発売に »