« ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 | トップページ | ブロッター(吸取器)が意外に便利 »

ペリカンから「インディアン・サマー」が発売に

 ペリカンから自然の美観シリーズの第五弾として、「インディアン サマー」が発売になりました。てっきり、自然の美観シリーズは「エベレスト」で打ち止めだと思っていました。自然の美観シリーズの独特の形状が好きな私としては、この発売は嬉しいですね。

1058

 →ペリカン 特別生産品 自然の美観シリーズ M640 「インディアン・サマー」 万年筆 (高級万年筆の文栄堂)

 (※関連記事)
 →Pelikan 「自然の美観シリーズ ナイアガラの滝」 のレビュー
 →ペリカン 自然の美観シリーズ は打ち止めかも

■こはるびより

1060  インディアンサマー (Indian Summer) とは、日本語で言うところの「小春日和」です。晩秋から初冬にかけて、通常より暖かく穏やかな日和が続く気候のことです。また、この言葉は「晩年の穏やかで落ち着いた生活の続く一時期」を比喩的に指すそうです。


 この万年筆はその名前の通り、紅葉の模様がレーザー彫りで軸に描かれています。今までの「ナイアガラの滝 / サハラ / ポーラー・ライト / エベレスト」が、比較的抽象的な模様だったのに比べると、今回のインディアンサマーは即物的な描写ですね。

 こういうはっきりとした絵柄が描かれた万年筆というのは、好みが分かれるところでしょうね。万年筆の場合、蒔絵万年筆でよくあるデザインです。ペリカンで言えば、「加賀沈金万年筆 『春秋二季』 紅葉」が似たようなデザインですね。

 →ペリカン 限定品 加賀沈金万年筆 『春秋二季』 紅葉 (高級万年筆の文栄堂)

1059


 私はどちらかといえば、こういう絵柄ものはちょっと苦手かな。ただ、凝った絵が描かれているわけではありませんから、模様と考えられなくもないです。また、オレンジがかったような紅葉の軸色は、とても綺麗で惹かれます。実物を見てみないと分かりませんが、派手な色柄好きの私としては、購入を検討する対象として有力ですね。

 店頭でディスプレイされているのを見た、という報告もあがってますので、ぼちぼちネットショップでも販売されるようになるでしょう。

|

« ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 | トップページ | ブロッター(吸取器)が意外に便利 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

えらく女性的な風貌になりましたね。
いっそ女性用と銘打っておくといいのかも?
しかし、これは万年筆よりローラーボールの方が似合っていそうな気がいたします。

投稿: 二右衛門半 | 2009年9月22日 (火) 00時58分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 私の場合は男ですが、派手好きなので、これぐらいの風貌の方が好みだったりします。(^^; まあ、会社で使ったりするのはためらわれる感じかもしれませんね。
 惜しむらくは、キャップと首軸が単色で地味なことでしょうか。もっと派手な方が私の好みです。

投稿: EF Mania | 2009年9月22日 (火) 01時10分

おおっもみじの万年筆!
広島県の、花も木も紅葉。
てなわけで、セーラーが、もみじをあしらったのを出してますよ。
情報の早いEF Mania さんだから、もうご存知でしょうね。
http://www.sailor.co.jp/BUNGU/SP-CONTENTS/limited/index.html
宮島です。
鳥居がちょっと目立ちすぎかな。

投稿: 白髪猫 | 2009年9月26日 (土) 22時32分

 白髪猫 さん、こんにちは。

 宮島のことは知っていましたが、てっきりもう売り切れているものだと思っていました。セーラーの公式サイトを見ると、「※ご好評により追加販売」なんですね。¥26,250と低価格な割に、綺麗な図柄ですから、人気があるのでしょうね。細字好きとしては、中字しかないのは残念ですが。

 ところで、白髪猫 さんも万年筆関係のブログをお持ちなのですね。興味深く拝見しました。ということで、こちらから 白髪猫 さんのブログにリンクを張ったのですが、よろしかったでしょうか。もし問題がありましたら、おっしゃってください。

投稿: EF Mania | 2009年9月28日 (月) 11時12分

リンクありがとうございます。うれしいなー。

あら、宮島は、中字しかないんですね。見落としてました。

ぼくも、細字が大好きで、(というより、漢字がつぶれることが許せない(許されなかった)ので) 買うのはほとんど細字です。

こちらの記事に触発されて、太字を引っこ抜いたり削ったりしています。

投稿: 白髪猫 | 2009年9月28日 (月) 21時04分

 白髪猫 さん、こんにちは。

 限定万年筆の場合、字幅が限られる場合が多いのが辛いところですよね。ポケット万年筆の場合は、細字のみという場合もあるのですが。
 「漢字がつぶれるのが嫌い」というのは、私も同じです。綺麗に楷書が書ける万年筆が好きです。
 削って細くするのは、なかなか上手にならないのが悩みです。誰かに習ったわけではなく、基本的に自己流なので、どうも壁がある感じです。難しいですね。

 これからもよろしくお願いしますね。

投稿: EF Mania | 2009年9月29日 (火) 18時50分

私男ですが、秋が好きでこの万年筆購入を検討しているのですが、男性が使っていたら、やはり目立ちますかね、。。
購入するんだったら、やはり家で使うものにした方がいいでしょうか。
もし、紅葉がモチーフの男性がつかっていても、そんなに違和感がない万年筆があったら、教えて下さい。。。

投稿: maas | 2011年1月25日 (火) 00時35分

 >maas さん

 私は気にせず使うのですが、使う場所にもよるでしょうか。ただ、そもそも万年筆を使っている時点で珍しがられますので、デザインが派手なのはあまり関係ないかもしれません。(^^;
 この万年筆以外で紅葉モチーフとなると、国産の蒔絵万年筆しか思い浮かびません。基本的に万年筆の胴軸に蒔絵以外で絵柄が描かれることは少ないですので、この万年筆は貴重だと思います。

投稿: EF Mania | 2011年1月25日 (火) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/46266445

この記事へのトラックバック一覧です: ペリカンから「インディアン・サマー」が発売に:

« ペン先に激しい段差がある愛用万年筆 | トップページ | ブロッター(吸取器)が意外に便利 »