« 「万年筆ベストコーディネイト賞」で、役所広司さんらが受賞 | トップページ | カヴェコ 「アート スポーツ アジア」 が気になる »

パイロット 「Plumix」 再び

 以前、海外版ペン習字ペンとも言える Plumix と Pluminix についての記事を書きました。その Plumix を、ブログ「★ちゃんネルDays★」さんがパリで購入され、レビューを書かれています。

 →パイロットのカリグラフィーペンを買ってきました。(PILOT Plumix) (★ちゃんネルDays★)

880


 実際に購入されてのレビューは、とても詳しくて参考になります。日本でも手軽に手に入れることが出来ればいいのですが。イタリックのペン先やヨーロッパ規格のカートリッジを使うという仕様から、難しい面はあるでしょうが、短めのプレラに対して、長めの Plumix は、ちょうどいい具合のように感じます。


 (※関連記事)
 →海外版ペン習字ペン? 「Pilot Pluminix & Plumix」
 →パイロット 「ペン習字ペン」 のレビュー

368

|

« 「万年筆ベストコーディネイト賞」で、役所広司さんらが受賞 | トップページ | カヴェコ 「アート スポーツ アジア」 が気になる »

コメント

自分のこのエントリー見ました!ぜひカリグラフィー用の方が欲しいですね!しかし1つ疑問が……なんでカリグラフィー用のペンってデスクペンのようになが〜〜いのでしょうか?これでは持ち歩こうにもこれに合うペンケースもなくて困ってしまうのですが……

投稿: たがみ たけし | 2009年10月12日 (月) 23時51分

貧乏だった学生時代、万年筆と云えば、シェーファー・ノンナンセンスか、ロトリンクのアート・ペンでした。
よく、先輩と「いつかはマイスターシュテュック」と誓い合ってました(^^)。
ロトリンクの方は、EF派とカリグラフィー派がいました。私はEF派でした。
たがみさんは持ち歩きに苦労なさっているようですね。学生時代の私は比較的大きな鞄を使っていたので、困らなかったですけど。
カリグラフィー用のペンは基本的に、持ち歩くことを前提にしていないのではないでしょうかね。

投稿: 狂四郎 | 2009年10月13日 (火) 00時07分

 たがみ たけし さん、こんにちは。

 なぜなんでしょうね。カリグラフィーと言えば、デスク上でするものという考えがあるからなんでしょうか。たしか、カンポマルツィオのカリグラフィーセットは小さかったような気もしますが、店頭では見たことがないですね。日本ではやはりメジャーではないのでしょう。

投稿: EF Mania | 2009年10月14日 (水) 08時56分

 狂四郎 さん、こんにちは。

 私の場合は、学生時代はヤング・プロフィットでした。万年筆というものの種類がよく分からなかったので、百貨店で五千円程度のが欲しい、と伝えて手に入れたのがこれでした。あれだけ筆記具をよく使っていたのに、こだわることはしなかったです。
 社会人になって、使う機会が減ったのに筆記具にこだわるようになったのは、皮肉なものです。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年10月14日 (水) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイロット 「Plumix」 再び:

» アウロラ・オプティマ大気圏再突入 [狂四郎日月抄]
調整に出したらインクフローが貧弱になってしまったオプティマが [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 00時13分

« 「万年筆ベストコーディネイト賞」で、役所広司さんらが受賞 | トップページ | カヴェコ 「アート スポーツ アジア」 が気になる »