« 「ペントオリジナル 錦鯉」と「Stylo Art 軽井沢 パーシモン・スウィール」が発売に | トップページ | プロフィット21のペン先が硬く変化? »

ぺんてる「ランスロット5 マーブルイエロー」を入手

 ぺんてるのランスロット5を購入しました。これは、ブログ「私的電脳小物遊戯」さんの記事で、「ぺんてるのランスロットが、62%OFFで売られている」との情報がありましたので、それに飛びついて購入したものです。私が購入したのは、ランスロット5シリーズのマーブルイエロー、細字です。

1074

 →ランスロット5シリーズ万年筆が安いっすよ (私的電脳小物遊戯)

■Pentel Lancelot 5 Mable Yellow

1079  ATOKなどを販売しているジャストシステムのネットショップで万年筆を買う、というのも変な感じですが、今まで縁がなかったぺんてるの金ペンを6千円台で購入できたので良しとしましょう。

 届いた万年筆は、国産らしく希望通りの細字が書けて満足です。細字好きの私の場合、他の国産並みの細字が書けるかどうかが一番の気になるポイントでしたので。


 胴軸は真鍮ベースですので、少し重めです。ペンの自重を利用して筆記するスタイルに合った万年筆だと思います。私は黄色系の万年筆をあまり持っていませんので、マーブルイエローを購入しました。マーブル模様は…ちょっと微妙かも。(^^; もうちょっと深みのある感じの模様の方が好きですね。

1075

 ペン先ですが、意外としなりがあります。小さいニブですが、ニブ上面が平らと言うこともあって、弾力のあるペン先です。もちろん、軟系ニブといえるほどの柔らかさではないですが、総ガチニブ化している昨今の傾向からすると、十分に柔らかさがあると言っていいでしょうね。私はこのペン先は、結構気に入りました。あまり柔らかすぎるのは苦手な私にとっては、これぐらいの抑制された弾力が、楽しむのにはちょうどいいです。

1076

 この万年筆は両用式で、パイロットのカートリッジが使えます。コンバータもCON-50とCON-20が使えます。世界最強コンバータのCON-70が、大きさの関係で入らないのはちょっと残念です。

1078

■セルフリカバーコーティング

 ぺんてるが万年筆の胴軸に施している特殊塗装として「セルフリカバーコーティング」というものがあります。これは、軸のクリヤーコート塗装部に特殊な高弾性樹脂を配合し、擦り傷が入りにくい構造となっています。

 →セルフリカバーコーティングとは? (ぺんてる公式サイト)

1077

 この技術については以前から聞いていて、興味がありました。ただ残念ながら、このセルフリカバーコーティングは、5シリーズの「シルバーリーフカラー」と3シリーズの「メタリックカラー」のみの対応です。今回私が購入した万年筆は、一世代前のモデルなので、特殊塗装は施されていません。

 この技術に興味がある方は、対応モデルを購入されると良いでしょう。ただし、金ペンの5シリーズ・「シルバーリーフカラー」は、中字しかないようですので、細字好きには向きません。細字好きの方は、鉄ペンですが、3シリーズの「メタリックカラー」を購入されると良いでしょう。

1080

|

« 「ペントオリジナル 錦鯉」と「Stylo Art 軽井沢 パーシモン・スウィール」が発売に | トップページ | プロフィット21のペン先が硬く変化? »

万年筆 / 購入・海外通販」カテゴリの記事

コメント

情報有難う御座います。

ソフトのダウンロード購入で、時々利用していたのですが、万年筆があるなんて気が付きませんでした。
と言うか、意外と文具が充実してますね。驚きました。

私も欲しかったけど、既に販売期間終了でした。
またやるかもしれないので、定期的にチェックしないといけません。

投稿: レッドのコッカー | 2009年10月 5日 (月) 15時48分

TBありがとうございました。

にょほほ~。
私も同じ色をゲットしました(^^)人(^^)ナカマナカマ
おっしゃるように、もう少し重みのある色の方が良かったですね。

でも、まあ持っていない色なのでよしとします。
意外と書き味も良いですし。
そのうちエントリーしたいと思いますが、なにせ書くことが
詰まって大変な事になっております。

投稿: ZEAK | 2009年10月 5日 (月) 15時58分

 レッドのコッカー さん、こんにちは。

 普通はジャストシステムのオンラインショップでこんなセールがあるなんて、気がつきませんものね。私もショップの存在すら知りませんでした。(^^; 私的電脳小物遊戯さんの記事のおかげで初めて知った次第です。
 今回のセールでは、すべてのモデルや字幅、色があったわけではありませんでしたから、旧モデルの在庫一掃セールという感じでした。できれば最新モデルでセールをして欲しいところでしたが、難しいでしょうかね。

投稿: EF Mania | 2009年10月 5日 (月) 16時25分

 ZEAK さん、こんにちは。

 ZEAK さんも同じカラーのを購入されましたか。黄色系というのは、意外と少なめですしね。黄色というのは、万年筆の胴軸にするには難しめの色なんですかね。金色はメジャーなんですけれど。
 今回は、ZEAK さんのおかげで初ぺんてるが買えました。ありがとうございます。これで、私が目指す「全メーカ制覇」に一歩近づきました。(^^;

投稿: EF Mania | 2009年10月 5日 (月) 16時30分

同セールでマーブルブルーを購入させていただきました。
どのへんがセルフリカバーコーティングなんだろうと思っていたのですが、このモデルはコーティングされていなかったんですね〜。
あやうく実験するところでした(^^;

投稿: pgary | 2009年10月 5日 (月) 17時39分

 pgary さん、こんにちは。

 pgary さんはマーブルブルーの方を購入されましたか。このシリーズでは、どうもマーブルイエローが一番異端のカラーという印象です。(^^;
 セルフリカバーコーティングについては、私は以前、対応モデルの購入を店頭で検討したことがあったので、知っていました。残念ながら、中字しか有りませんでしたので、購入には至りませんでした。
 5シリーズのシルバーリーフは、結構マーブル模様が綺麗で、どちらかといえばそちらの方がいい感じかも。ただ最新モデルなので、今回みたいな大セールは期待できないでしょうね。難しいところです。

投稿: EF Mania | 2009年10月 6日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ペントオリジナル 錦鯉」と「Stylo Art 軽井沢 パーシモン・スウィール」が発売に | トップページ | プロフィット21のペン先が硬く変化? »