« eBayで万年筆を落札してみた | トップページ | 2009年の万年筆ライフの総決算 »

masahiro万年筆製作所で、製品ラインナップが変更に

1198  「masahiro万年筆製作所」さんのブログで、販売ラインナップや修理体制の変更告知がありました。

 →修理業務終了のお知らせ (masahiro万年筆製作所)
 →masahiro万年筆製作所製品、生産継続仕様について
 →masahiro万年筆製作所製、自社製品の販売について
 →ボーテックス万年筆の販売について


■エボナイト万年筆

 以前からmasahiro万年筆製作所さんの所では、エボナイト万年筆に対して注文が殺到したために、新規受注を一時的に停止するという措置がとられていました。

 →手作り万年筆における過熱人気の罠

 お一人で制作されている手作り万年筆だけに、制作できる本数には限界があります。特にエボナイトは非常に硬い素材ですし、こだわりから凝った仕組みの万年筆を制作されているようですので、製作本数はそう簡単には増やせないことでしょう。そうした背景もあって、今回の制作・販売体制の変更に至ったと思われます。

774

 黒エボナイトが廃盤になって、赤マーブルエボナイトが基本となるというのは、黒色万年筆が好きではない私にとっては歓迎する傾向です。ただ、私はすでにセーラーの「プロギア マーブルエボナイト」を持っています.なので、デザイン的に重複してしまいます。もちろん、masahiro万年筆製作所さんの万年筆はインキ止めですし、ペン先もパイロット製なので、違う点は多くあります。ただ、やはり違うデザインの万年筆が欲しいです。できれば、グリーンマーブルなどの違う色のエボナイト万年筆を期待したいところです。

 →「プロギア マーブルエボナイト」を購入


 エボナイト万年筆としては、日興エボナイト製作所さんの「笑暮屋」もあります。2010年は、どれかのエボナイト万年筆を購入したいですね。

 →日興エボナイト製作所の万年筆を販売する 「笑暮屋」 がオープン
 

|

« eBayで万年筆を落札してみた | トップページ | 2009年の万年筆ライフの総決算 »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

うーん、黒エボナイトが好きな私には残念部分もあるニュースですね。
ただ、エボナイト製のインキ止め式というのは、もはや絶滅危惧種指定をしていいぐらいなので、売れているという話はうれしいです。
カートリッジコンバーター式や回転吸入式、レバー式とは全く違った使い勝手の萬年筆です。
使いこなすまでには結構な努力が必要ですが、ユーザーが増えているのはそれだけ理解できる人が増えたと言うことなのでしょうね。
年末にいい話を伺わせていただくことができました。

投稿: 二右衛門半 | 2009年12月30日 (水) 07時42分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 一般的には黒軸好きの方が多いでしょうから、そういう意味では残念な面があるかもしれません。私の場合はとにかく派手であればあるだけいい、という変わった趣味を持ってますので。(^^;

 インキ止めの万年筆は、購入したいとは以前から思っているのですが、なかなか手に入れる機会がないです。デザインと価格がぴったり合えばすぐに購入するのですが、どちらかの条件が外れることが多いです。今のところは、日興エボナイトの万年筆は、かなり有力な候補と考えています。

投稿: EF Mania | 2009年12月31日 (木) 07時25分

本年は色々とお世話になりました!非常に実り多き一年でした!来年はEF Maniaさんのように情報を発信出来るようになりたいと思っています!よろしくお願いします!ではよいお年を!

投稿: たがみ たけし | 2009年12月31日 (木) 08時16分

 たがみ たけし さん、こんにちは。

 こちらこそ、お世話になりました。今年はコメントを下さる皆さんに教えられることが多かったです。皆さんに恩返しできるように、2010年はよりいっそうブログに力を入れていきたいと思っています。よいお年を

投稿: EF Mania | 2009年12月31日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/47150115

この記事へのトラックバック一覧です: masahiro万年筆製作所で、製品ラインナップが変更に:

« eBayで万年筆を落札してみた | トップページ | 2009年の万年筆ライフの総決算 »