« Visconti 「ディヴィーナ デザートスプリング」 のレビュー | トップページ | 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 »

ビスコンティから、23Kパラジウムのペン先が登場

1206

 ビスコンティから、23カラットのパラジウムペン先が発売されるそうです。23カラットですから、95%がパラジウムのニブということになります。ビスコンティはいろいろと変わった万年筆を発売していますが、これも面白い仕掛けですね。

 →Press Release on the 23ct Palladium nib From Visconti (The Fountain Pen Network)
 →Chatterley Visconti Limited Edition Ripples (Pentime.net)
 →Visconti Palladium Extra Fine Nib (Youtube)

■パラジウム

1207

 パラジウムといえば、万年筆の場合はクリップやリングなどへのメッキとして使われるのが主です。そうした金属をニブの主原料として用いるというのは面白いです。変わり種のニブとしては、セーラーの23Kニブやプラチナの白金ニブがすぐに思い出されますが、このパラジウムニブもそれに負けないぐらいの変わり種ですね。

 書き味はどのようなものなのかが気になります。初期の報告ではペリカンのM1000のような弾力のあるニブというネットでの書き込みもあったのですが、実際の所は硬めのニブという報告の方が多いようです。このパラジウムニブはどんな感触なのでしょうか。興味が惹かれます。

 追記(2012/01/16):パラジウムペン先の万年筆を購入しました。
 →ビスコンティ 「ホモサピエンス BY MAZZI」 を購入


 パラジウムは高価な金属なのかと思いきや、現時点では金価格が高騰していることもあって、パラジウムの方が安いみたいですね。(金:¥3380/g パラジウム:¥1280/g) もちろん気軽にバンバン使える金属ではないですが、できれば比較的手に入れやすい価格の万年筆にパラジウムニブをつけて欲しいところです。ただ、現段階では10万円を超える高額商品のリップルに装着される、という情報しかありません。基本的に10万円以上の万年筆は買わないことにしている私からしてみれば、それは残念な話です。せめて5~7万前後の万年筆にもパラジウムのペン先をつけて欲しいですね。


 ビスコンティはマニア心を刺激する万年筆を次々にリリースしてくれますね。これからも目が離せないです。

|

« Visconti 「ディヴィーナ デザートスプリング」 のレビュー | トップページ | 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

そういえばキングダムノートのホームページにパラジウムニブ付きのシェーファーPFMがでていましたねー。

投稿: 二右衛門半 | 2010年1月11日 (月) 08時23分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 シェーファーにもパラジウムと銀(?)の合金ニブがあった、という話は聞いたことがあるのですが、調べても詳細ははっきりわからなかったです。私はヴィンテージの話は弱いです。(^^; 他にもチタニウムニブなど変り種ニブはあるみたいですが、やはり主流にはならないみたいですね。

投稿: EF Mania | 2010年1月11日 (月) 11時26分

ブログを拝見してます。いつこのnibの話を取り上げられるかと思っておりました。
FPNに出てますがWall Streetにもつけて販売しているようです。こちらのほうが入手しやすい値段です。
EFがよいというので(幅が筆圧によって変化するタイプらしい)気になってます。

PFM I というのが合金ですよね。持ってないのでどういう書き味なのかわかりません。


投稿: bamboo | 2010年1月11日 (月) 13時15分

ヤフオクの某ストア出品で、パラジウムニブのオペラが出ていましたね。
途中までウォッチして、値段が26,000円を越えたあたりでウォッチするのを止めてしましましたが。

ヴィスコンティはオペラとゴッホミディアムを持っていますが、両方とも素晴らしい書き味のペンで大好きです。
調整してやらないといけない個体も多いですが・・・。
ゴッホは去年キャップを破損してイタリアに里帰りさせましたが、サマーバケーション期間にも関わらず2週間ほどで手元に帰ってきました。
なかなかアフターサービスも「やるなぁ」って感じで、今後も応援していきたいですね。


そういえば、大阪のモリタでディヴィーナのスワロバージョン、見てきましたよ!
キラッキラでしたが思いのほか軽く、且つ60,000円台で買えるとあって、ちょっとときめいてしまいましたw

投稿: ウサっ子三昧 | 2010年1月11日 (月) 15時35分

パラジウムのペン先とは面白いですね。

供給不足やプラチナ触媒の代替需要の増加で、
プラチナと高価な時期もあったのですが、今は、随分安くなりました。

プラチナの割金としても使われるので、その時期は純プラチナより、プラチナ合金の方が
下手をすると高いくらいでした。

今は、随分安くなってますから、そのメリットを生かして、お手頃なモデルに採用して欲しいですね。

投稿: レッドのコッカー | 2010年1月11日 (月) 16時14分

ヤフオクに出品してる業者が楽天でも既に売ってますね。
興味はありますが、ちょっと手を出し辛い値段が付いています。
ttp://item.rakuten.co.jp/hunnyhunt/visconti-element-palladium/

ビスコンティのニブは18金の大型ニブでも十分に柔らかいので、
パラジウムは取り敢えず見送りです…

投稿: lloigor | 2010年1月11日 (月) 21時06分

 bamboo さん、はじめまして。

 年末年始はバタバタしていまして、そのせいで記事にするのがすっかり遅れてしまいました。FPNの長いトピックを読むのに時間がとられた、という理由もあるのですが。(^^;
 Wall Streetなど、他の万年筆にも装着して販売されている方もおられるようですけれど、あれはオフィシャルのモノなのかどうかわかりませんでしたので、記事では触れませんでした。どうなんでしょうね。ビスコンティの万年筆は、ユニット構造のペン先なら交換が容易なので、店が独自にニブを付け替えて売るのも個人的にはありだと思うんですが、やはり難しい面もあるのでしょうね。

投稿: EF Mania | 2010年1月12日 (火) 22時29分

 ウサっ子三昧 さん、こんにちは。

 ちょっと調べたところ、最終的には45,000円を越えたみたいですね。オペラ エレメンツはもともと高いですから、それぐらいの価格ならアリなんじゃないかと思いますが、オークションだと高く感じてしまいますね。
 イタ万の場合は、何かしら手がかかるのも個性と感じてしまうから不思議です。(笑) イタリア本国行きで2週間で帰ってくるというのはすごく速いですね。本国帰りなら3ヶ月はかかるものだというイメージがあるのですけれど、意外です。

 ディヴィーナ・ロイヤルは、やはり派手でしたか。気になる万年筆ではあるのですが、さすがにあそこまでキンキラキンだと、ちょっとためらってしまいます。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年1月12日 (火) 22時36分

 レッドのコッカー さん、こんにちは。

 昔は高価だった時期もあったのですか。いろいろと使い道のある金属のようですから、これから価格が上昇したりもするかもしれませんね。このニブへの使用が理由となって、価格が上昇したりして・・・(^^;

投稿: EF Mania | 2010年1月12日 (火) 23時09分

 lloigor さん、こんにちは。

 リンクの紹介、ありがとうございます。うひゃあ、これはえらく高い値付けになりましたね。オペラ エレメンツを定価で購入した、と思えば、なんとか納得できる価格というところでしょうか。ただ、もともとオペラ エレメンツは昔から購入したいと思っていたので、気になる一本ではあります。う~ん、どうしましょうか。これからの本家の展開がどうなるか分からないと動きづらいですね。本家でパラジウムペン先の万年筆が安く出た場合、今購入すると後悔しそうですし… 難しいところです。

投稿: EF Mania | 2010年1月12日 (火) 23時14分

私が持っているセーラーの万年筆の中に、24Kのペン先がついたものがあります。
学生の頃に家庭教師先のご主人にいただいたものです。
見た目はハイエースをちょっとましにした程度です。
とても柔らかいペン先で、筆圧をかけると頼りなくしなります。
元にもどらないんじゃないかと思うくらい、紙に向かって沈んでいく感じです。

セーラーがちょっと遊びで作ってみましたというペンなのかと思っています。
純金のペン先がついているということで大事に保管してきたもので、これからも手放せない一本だと思っています。

投稿: yuband | 2010年1月13日 (水) 01時18分

 yuband さん、こんにちは。

 24Kとは驚きですね!100%純金ということでしょうか。ほんの少しぐらいは他の金属が混ぜられているのでしょうかね。さすがに24Kともなると、扱いにかなり気を遣わなければならないでしょう。究極の趣味性の高い万年筆と言えるでしょうか。柔らかいだけに調整も楽そうですが、変な風に曲がってしまうのも早そうです。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年1月15日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/47260229

この記事へのトラックバック一覧です: ビスコンティから、23Kパラジウムのペン先が登場:

« Visconti 「ディヴィーナ デザートスプリング」 のレビュー | トップページ | 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 »