« 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 | トップページ | 2010年 欲しい万年筆ランキング »

アウロラから 「タレンタム ラバー」 が発売に

 アウロラから、胴軸とキャップにソフトラバーを貼った「タレンタム ラバー」が発売になっています。今までのタレンタムと異なり、マット調の外観になっていて、個人的に好印象です。

1209

 →アウロラ・タレンタム・ラバー 新発売(AURORA 公式サイト)

■マット調

 去年にも何度か記事を書いてきましたが、私は胴軸がマット調の万年筆を購入することを検討中です。そうした中、これは有力な候補の一つとして考えています。

 →中屋万年筆の石目乾漆にするか、マット調にするかが、悩ましい
 →セーラーの 「赤軸万年筆 梨地」 が気になる

832


 ソフトラバーを張っているということは、滑り止めにもなっているのでしょうか。だとすれば、他のマット調万年筆とは一味違いますね。ただ、首軸がどうなっているのかが気になります。どうも首軸にはラバーが貼られていないっぽいですので、前の方を持つ癖のある私の場合は、滑り止めの効果は期待できないかもしれません。

 万年筆の場合は、パイロットのドクターグリップのような、首軸がソフト素材になっているモデルはほとんどありません。ロットリングの「スキン」やセンサの「Plasmium GRIP(プラズミウム・グリップ)」など、ごくわずかです。そういう仕様の万年筆ももう少し増えてくれるとありがたいのですが。まあ、何十年と使い続けることが多い万年筆の場合、経年劣化のことを考えれば、いろいろと難しいのかもしれませんね。

1210

|

« 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 | トップページ | 2010年 欲しい万年筆ランキング »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

安いのでしたら、パーカーのフロンティアがグリップするところにラバーが貼ってあります。持ち心地も良く安ペンの割には書き味もそれなりに良くお気に入りの一本のひとつです。インク吸入時もさっと拭き取ればラバーに残らないのが良い感じですね。でも全体としてはマット調でないですがw

マット調と言えば、念願のスリムタルガ(1003S)を入手できたのですが、マット調の筈がよく磨かれたせいかwうすぼんやりしたラッカーという感じでちょっと残念です。漆もマット調にしたら変に磨けなさそうですね。

投稿: ardbeg32 | 2010年1月17日 (日) 16時10分

 ardbeg32 さん、こんにちは。

 そういえば、パーカーのフロンティアが首軸にラバーが張ってありましたね。持っているのですが、すっかり失念しておりました。(^^; ただ、フロンティアは細字がないのが難点です。私の好みからすると、ちょっとフロンティアは字幅が太すぎる感じです。ただ、首軸がラバーというのは良い仕様です。ずっと放置していましたが、取り出して細く研磨しようかと検討することにしました。情報感謝です。

 スリムタルガ、ついに入手されましたか。おめでとうございます。タルガにもマット調のモデルがあるのですか。調べてみると、タルガにはマット調のカラー軸があるみたいですね。手に入れられれば、それもいいなと思い始めてます。

投稿: EF Mania | 2010年1月18日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515552/47314028

この記事へのトラックバック一覧です: アウロラから 「タレンタム ラバー」 が発売に:

« 加藤製作所さんが一時的に業務縮小 | トップページ | 2010年 欲しい万年筆ランキング »