« セーラーから 「プロフェッショナルギア ア・モード」 が発売に | トップページ | ビスコンティの 「クリスタル インクポット」 を購入した »

「Classic Shell」で Windows7 のスタートメニューをXP風に改造

1232  Windows7を導入して数ヶ月たちました。今ではすっかりWindows7に慣れて、不満点は基本的にないのですが、どうしても慣れないのがスタートメニューです。Vistaまでは、XP互換のスタートメニューにするオプションがついていましたが、Windows7ではそれがついに廃止されてしまいました。

 新しいインターフェースに慣れようとしましたが、どうしても違和感が消えませんでしたので、試みにスタートメニューをXPデザインに改造するソフトを導入してみることにしました。

 →Vista/7のスタートメニューをXP風のデザインへカスタマイズ「Classic Shell」 (窓の杜)

■懐かしいが少し野暮ったい

 Classic Shell を導入することで、スタートメニューはまんまXP風になりました。やはり長年使ってきた仕様はいいですね。使いやすいです。ただ、Windows7で使うと、Aeroの雰囲気と合致しないので、少し野暮ったいのは止むを得ないですね。

 スタートメニューは改造してXP風に戻しましたが、タスクバーは、Windows7の仕様がとても気に入っています。使っていて、とても便利です。

 →[Giz Explains] Windows 7のタスクバーがMac OS Xのドックより良い理由 (ギズモード・ジャパン)

 この Classic Shell は、エクスプローラーも改造できます。ただ、私はファイラーとしては FileVisor6 を使っていますので、その機能は導入しませんでした。システムに深く関わるソフトはトラブルの元ですから、できる限りは導入を控えた方が無難でしょうし。

|

« セーラーから 「プロフェッショナルギア ア・モード」 が発売に | トップページ | ビスコンティの 「クリスタル インクポット」 を購入した »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セーラーから 「プロフェッショナルギア ア・モード」 が発売に | トップページ | ビスコンティの 「クリスタル インクポット」 を購入した »