« 「つけペン方式」で万年筆を使う | トップページ | 新しい100円ショップのペントレイ »

セーラーから 「プロギア マイカルタ」 が発売に

1250  セーラーから「プロフェッショナルギア・マイカルタ」万年筆 が発売になるそうです。

 マイカルタ万年筆は、以前にセーラーから発売されて人気を博していました。しかし基本的にはペンクリなどの場で少量販売されるのみで、一般に店頭で手に入れるのが困難だったようです。その後に廃番になって、多くの万年筆ファンから残念がられていた一品です。それが今回再発売となり、めでたいことです。

 →セーラー川口明弘企画第二弾 プロギア・マイカルタ万年筆 (スミ利のブログ)
 →セーラー プロフェッショナルギア マイカルタ 万年筆 (高級万年筆の文栄堂)

■実物を見てから判断

 商品の出荷は「4月以降5月末頃まで数回に分けて行われる」そうですから、しばらく先のことですね。マイカルタは素材としてはかなり興味がありますので、欲しいのですが、価格は57,750円とそこそこしますので、サクッと購入するのは財政的にちょっと厳しいかな。

 購入前に、店頭でどんな感じなのか見てみたいところです。色は深い緑系ですかね? 個人的には明るい色のが欲しいのですが、難しいでしょうか。

|

« 「つけペン方式」で万年筆を使う | トップページ | 新しい100円ショップのペントレイ »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

実売価格がどのぐらいになるかが問題でしょうね。
でも、マイカルタは好きな素材ですから、考えちゃいます。
セーラーは2本、中屋1本と持っています。

投稿: 二右衛門半 | 2010年3月13日 (土) 07時28分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 安売り店にどこまで供給されるかが問題ですね。以前のようなペンクリ販売だと、そういうのが期待できませんから、大変です。グランザスネオも、供給ルートが限られていましたから、定価で購入しました。

 それだけのマイカルタ万年筆をお持ちでも、まだ購入意欲をお持ちということは、それだけいい物なのですね。中屋のマイカルタは、検索してみましたが、なかなかいい感じですね。どちらかといえば、こっちの方が欲しかったかも。(^^; (プラチナの#3376系ニブが大好きですので。)

投稿: EF Mania | 2010年3月13日 (土) 07時37分

文栄堂の写真では黒一色のようですが、ナイフ業界では有名な素材、色もピンからキリまであって、私としてはモキナイフによく使われる鶯色が希望ですね。
雰囲気的にプロギアベースでしょうか?EF Mania様に以前教わった「セーラーの21金は独特」というのをお伺いしてからナヤミングです。今所有しているのがH-MFのせいか、そんなに撓るわけでもないし、これはこれで悪くないと思ってます。マイカルタも21金ですが川口師が全てを兼ね備えるというからには外せなさそうですし、悩みどころです。

投稿: ardbeg32 | 2010年3月13日 (土) 21時11分

 ardbeg32 さん、こんにちは。

 文栄堂の写真も、現状では不鮮明なものですから、色はまだ確定しにくいでしょうか。文栄堂さんは、現物を手に入れられると綺麗な写真を掲載してくれますから、そうすると判別できるのですが。
 21Kニブは、ちょっと書き味に特徴がありますから、無条件ではおすすめしにくいです。ただ21Kが好きという方もいますから、好みの違いなんでしょうね。
 個人的には、このマイカルタは価格面でちょっと厳しいです。最近、大物をいくつも購入しましたので。(まだ手元には来ていないのですが。)

投稿: EF Mania | 2010年3月15日 (月) 13時30分

founpenさんのブログに情報が掲載されました。
最初は黒のみで、あとから緑が発売されるとのこと。
楽しみですな!

投稿: 二右衛門半 | 2010年3月16日 (火) 07時14分

 二右衛門半 さん、こんにちは。

 色軸好きの私としては、緑に期待したいです。ただ、首軸がマイカルタなのはいいですが、インクで染まる恐れを考えると、インク吸入時にはかなり気をつけないと駄目そうですね。

投稿: EF Mania | 2010年3月20日 (土) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「つけペン方式」で万年筆を使う | トップページ | 新しい100円ショップのペントレイ »