« マーレン 「ル・レーヴ ピンク」を入手 | トップページ | セーラーから 「ディグナムバイタ」 が発売に »

Marlen 「ル・レーヴ」 のレビュー

 マーレンのル・レーヴ ピンク、Fニブです。購入の経緯や付属の香水関連については、以下の記事を参照してください。

 →マーレン 「ル・レーヴ ピンク」を入手

1307

(1)外観

 ピンク、パープル、アルミが輪切り状に並んだデザインです。マーレンにはこうした模様の万年筆が多くあり、十八番のデザインでしょうか。ピンクとパープルは単色ではなく、微妙に色合いが変化しており、とても綺麗です。ピンクとパープル部分には茶色い渦模様が走っていて、アクセントになっています。

1312

 私はこのデザインが気に入って購入しましたが、ピンクとパープル色だけに、ちょっと人を選ぶ色合いかもしれません。このピンクは女性をイメージしたデザインですが、ブルーの方は男性をイメージしており、そちらの方がより一般向けでしょうか。ただピンクや紫の万年筆は数が少なく、私のようにピンクや紫趣味のある方にはいい選択肢だとお思います。

(2)ペン先

 14Kの中程度の大きさのニブで、しなりのない硬いペン先です。舶来のF字にしてはそこそこ細めです。なめらかで十分に書きやすく、快適な筆記感です。

1313

(3)筆記バランス

 金属が使われていますがアルミニウムですので、26gと軽めの万年筆です。キャップを挿さなければ15gですので、軽快に使えます。胴軸はそこそこ太めですが、首軸は持ちやすく凹んでいます。キャップも軽いですので、キャップを後ろに挿しても挿さなくても、どちらでも快適に使えると思います。

1317

 注意点としては、胴軸部と首軸部との間で段差があることです。パイロットのバンブーほどの段差ではないですが、ちょうど段差部分を持つ人の場合は気になるでしょう。私はネジが切られた部分を持ちますので、少しだけですが段差が気になります。その点、少し注意が必要でしょうか。

 →パイロット 「バンブー」 のレビュー

1314

(4)キャップの隙間

 この万年筆の問題の一つが、キャップの隙間です。クリップの根元に隙間が空いており、インナーキャップもないため、とてもペン先が乾きやすいです。パーカーと同じ傾向です。クリップ根元の隙間はマーレン21にもありましたので、マーレンの万年筆に広く見られる問題でしょうか。

1316

 意図的に隙間が空けられているのかどうかは不明です。クリップはスターリングシルバー製ですので、もしかしたら弾力確保のためかもしれません。どちらにしても、ペン先の乾き問題はちょっと厄介です。私は自己責任で穴をふさぎました。改造に属する事柄ですのであまり勧めませんが、一つの対策として考えられるでしょう。

(5)その他

 キャップは回転式で、なんとキャップを閉めるのに3回転と1/2も必要です。これはかなり多い回転数です。手早くキャップを開け閉めできることを重視する人には向かない万年筆かもしれません。

 →ネジ式万年筆におけるキャップ回転数の一覧

1315

 入手時の記事にも書きましたが、尻軸部に香水が入れられるギミックがある関係で、カートリッジ専用の万年筆です。

(6)総評

 印象的なデザインを持った美しい万年筆です。好みが分かれるデザインだとは思いますが、ピンクや紫が好きな人にはいい選択肢の一つかと思います。

 隙間や回転数など、キャップ関連でちょっと気になる面があります。その点さえクリアできるなら、軽くて扱いやすく、実用としても十分活躍してくれる一本だと思います。

1306


※スペック一覧

    ・重さ 全体:26g キャップ:11g キャップなし:15g
    ・長さ 全長:13.4cm キャップなし:12.2cm 後尾にキャップ:16.3cm
    ・太さ 首軸最小径:10mm 首軸最大径:12mm 胴軸最大径:14.5mm 胴軸最小径:11mm キャップ先端:15mm キャップ後端:12mm

|

« マーレン 「ル・レーヴ ピンク」を入手 | トップページ | セーラーから 「ディグナムバイタ」 が発売に »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。同じペンを持っていて、気になることがあり、
ご質問です。このペンを購入したのは2008年の11/12の事ですが、
尻軸部とキャップ部(アルミ部分)が剥げてしまい、がっかりな事に
なってしまいました。私の管理が悪いのでしょうか?もし、
何か、管理方法、または回復方法をご存知であれば、記事にしていただけると
ありがたいと思います。よろしくお願いいたします。

投稿: LENNON | 2010年10月15日 (金) 12時11分

 >LENNON さん

 アルミの剥げは怖いですね。管理が悪いということはないのではないでしょうか。私も多くの万年筆を持ち歩いたり、ペンケースの中でガチャガチャしたりしていますが、塗装が剥げたりといったトラブルは基本的には経験してません。マーレンは小さな会社だけに、その辺りのノウハウがしっかりしていないか、あるいはコスト的な問題かもしれません。
 回復方法はちょっと分からないです。すいません。さすがに塗装やコーティングが剥げた場合は、ユーザー側では回復が難しいと思います。ニブだけでしたら再メッキも不可能ではないのですが、胴軸だとそうもいきませんし。

投稿: EF Mania | 2010年10月15日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マーレン 「ル・レーヴ ピンク」を入手 | トップページ | セーラーから 「ディグナムバイタ」 が発売に »