« Marlen 「ル・レーヴ」 のレビュー | トップページ | セーラーから 「プロギア ピンクゴールド クリア」 が発売に »

セーラーから 「ディグナムバイタ」 が発売に

 セーラーから、胴軸に「リグナムバイタ」という木材を使用した万年筆が、5月上旬に発売されます。群馬県にある JOYFUL2新田店 の店舗限定万年筆です。

1318

 →JOYFUL2新田店 オリジナル万年筆「ディグナムバイタ」 (セーラー万年筆 公式)

■世界の銘木シリーズ

1319  この万年筆で気になるのは、「世界の銘木シリーズ 第一弾」と書かれていることです。この記述からすると、この店舗限定の木軸万年筆をシリーズとして続けていくということでしょうか。だとするとなかなか面白いですね。今までのセーラーの店舗限定万年筆は、その多くがプロギアの色違いやスケルトンでした。それはそれで悪くなかったですが、種類が多くなるにつれて、食傷気味に感じられる面も少しありました。ですので、新しい展開であるのならば、歓迎したいところです。


 胴軸に使われている「リグナムバイタ」という素材は初めて聞きました。いろいろな木材があるものですね。ところで、この万年筆は「プロフィット21型」か「プロフィット スタンダード型」なのか、どちらなのでしょうね。ニブが14金ということはプロフィット スタンダード型なのかな。サイズが書かれていませんので、実物を確認する必要があるでしょうか。


 また興味深いのは、二重価格になっていることです。価格は57,750円で、「店頭特別価格」が39,800円です。かなりの価格差がありますから、店頭以外で購入するのはキツいですね。これは店舗への客の誘導や常連客の優遇を意識しての対策でしょうか。通販であらかた売れてしまっては、店舗オリジナルの意味が薄れてしまいますし。ただこの対策が一般化すると、地方の万年筆ファンにとってはちょっと残念かもですね。

■限定ラッシュ

 このブログでは取り上げませんでしたが、最近発売されたセーラーの限定万年筆としては以下のものがあります。

 →東急ハンズ名古屋店 10周年記念オリジナル万年筆 (セーラー万年筆 公式)
 →髙島屋大阪店限定 プロフィット スケルトン万年筆
 →日本橋三越本店限定 ピンクパンサー万年筆

|

« Marlen 「ル・レーヴ」 のレビュー | トップページ | セーラーから 「プロギア ピンクゴールド クリア」 が発売に »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

非常に気になる素材の軸ですが、やはり「細字」のみ、、、、、、、

ちなみに、阪急うめだ本店「花梨」を購入しましたが プロフィット スタンダード型でした。、
これが、「世界の銘木シリーズ 第一弾」なのでは?

投稿: Liaison | 2010年4月28日 (水) 00時12分

 >Liaison さn

 そう言われれば、確かに細字のみですね。この手の店舗限定万年筆の場合、中字や中細のみということが多かったですが、細字のみというのは珍しいですね。智頭杉も細字のみでしたし、木軸と細字とは何か関係があるのでしょうかね。(^^;
 花梨はスタンダード型でしたか。とするとやはりこれもスタンダード型なのでしょうね。仕様的には花梨が 世界の銘木シリーズ の第一弾となってもおかしくないのでしょうけれど、なぜかディグナムバイタの方が第一弾になってますね。第二、三弾がでてくると、ある程度方向性が分かってくるのかもしれません。

投稿: EF Mania | 2010年4月28日 (水) 14時21分

リグナムバイタは三重県は伊勢の業者がボールペンをヤフオクに出品されていますね。
ただ、割れやすい素材の扱いをきちんと処理できる方ではないようで、そのあたりは賭けになりそうです。
さすがにセーラーからだと、割れのあるものは販売しないでしょうけれど、それだけ高価なものになりましたね。

投稿: 二右衛門半 | 2010年4月29日 (木) 07時18分

 >二右衛門半 さん

 木軸の手作り業者は、フットワークが軽いだけに、こういう変わった木材での製作は得意そうですね。私はあまり木軸の万年筆を購入していないので、どういうのがいいのか、今ひとつ分かっていません。セーラーの泡瘤なんかはよさそうなのですが、さすがに価格的に厳しいです。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年5月 3日 (月) 01時44分

梅田阪急の花梨とまったく同じ形ですよ。
このお店の十周年記念でセーラーさんにお願いされたそうです。
ちなみに持った感触は蝋を塗ったようなすべすべした感じで花梨よりも若干重さがあり経年変化で緑色に変わっていくそうです。
店頭に緑色になりつつあるサンプルを置いておられました。
行った時には在庫のあるものを全部見せてくれて好きな木目を選ばせてくださいました。

投稿: てつ | 2010年5月 5日 (水) 19時38分

 >てつ さん

 この万年筆は、セーラーからの提案だったのですか。そういう形もあるんですね。緑色への変化というのは珍しいでしょうか。
 木目を選べるというのはいいですね。私はもう智頭杉を買ったのですが、通販でしたので、ギャンブルでした。幸い、大きな外れではなかったです。手入れをどうしようかは悩み中です。

投稿: EF Mania | 2010年5月10日 (月) 04時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Marlen 「ル・レーヴ」 のレビュー | トップページ | セーラーから 「プロギア ピンクゴールド クリア」 が発売に »