« デルタから 「トスカーナ」 が発売に | トップページ | プラチナから乾燥に強い万年筆 「プレジール」 が発売に »

Parker 「デュオフォールド インターナショナル」 のレビュー

 パーカーの「デュオフォールド インターナショナル チェック・シトリン」 XFです。センテニアルに比べると、軸の太さや長さ、ニブの大きさが小さいバージョンとなっています。

1342

(※関連記事)
 →Parker 「デュオフォールド センテニアル」 のレビュー

(1)外観

 シトリンとは、黄色に色づいた水晶のことです。その名前の通り、少し透き通った鮮やかなイエローの胴軸です。薄い黄色と濃い黄色のチェック模様で、濃い黄色の方にはラメが入っているかのように光の加減でキラキラ光ります。

1344

 私は黄色の万年筆をあまり持っていませんでしたので、派手な黄色軸を一本購入しようとずっと探していました。そうしている内にこのシトリンが発売され、単純な黄色の単色ではない変化のあるデザインに惚れ込んで購入しました。期待に違わぬ美しさで満足です。

1341

 ただ難点としては、透き通りすぎるところです。写真に見られるように、ねじ切りや下の黒い部品がうっすらと透けて見えるのです。よく見ると、キャップに収納されたペン先もかすかに見えるぐらいです。この点はちょっと美しさという点でマイナスポイントですね。下地を工夫するなどして、透けない処理をして欲しかったところです。

(2)ペン先

 ペン先はセンテニアルと同じくガチニブです。今はほとんどの万年筆のペン先が硬くなっていますので、そういう意味では珍しくないのですが、このデュオフォールドのペン先は他と比べても特に硬めです。オープンニブの場合は、ガチニブでもある程度のしなりやタッチの柔らかさが感じられるものですが、このデュオフォールドの場合はそれが全くありません。使用感としてはカレンなどに近く、コリコリ系です。そういう意味で、少し好みが分かれるかもしれません。

1343

(3)筆記バランス

 私はセンテニアルはちょっと太すぎて使いにくいと感じていますが、このインターナショナルは私にとってはちょうどいい大きさです。センテニアルがプロフィット21やプレジデントの大きさとすれば、インターナショナルはカスタム74や#3774の大きさと言えます。

1345

 キャップの後ろへの挿さりは相当に浅いですので、キャップを後ろに挿すとかなり長めとなります。私はキャップを後ろに挿さない方がバランス的に使いやすいと感じます。全体で20g、キャップなしで12gと軽量な万年筆ですから、取り回し易いです。

(4)キャップ

 キャップにはクリップの下に穴が開けられています。そのため、ペン先が乾きやすいです。自己責任で埋めるというのも一つの手です。

 →キャップの穴を 「バスコークN 透明」 で埋める

1346

 キャップの天冠は外れることもありますので、なくさないように注意した方がいいでしょう。

 →デュオフォール ドの天冠が取れてしまった

(5)その他

 ペン芯はフラットフィーダーで、内側にフィンがあるタイプです。そのせいかどうかは分かりませんが、コンバーターでインクを吸い上げた後、ちゃんと余分なインクを落とさないと、インクがボタ落ちする恐れがあります。パイロットのような水っぽいインクを使っている場合は、特にその点に注意が必要です。

 →パーカー デュオフォールドにおけるインクのボタ落ち

(6)総評

 標準的な大きさで軽量な万年筆で、主力として使うには申し分のない万年筆だと思います。チェック模様は独特なデザインでとても綺麗です。書き味はコリコリ系で少し好みが分かれるかもしれませんが、そうした書き味が好みの人であれば、気持ちよく使える万年筆だと思います。

1347


         ※スペック一覧

        ・重さ 全体:20g キャップ:8g キャップなし:12g
        ・長さ 全長:13.2cm キャップなし:12.4cm 後尾にキャップ:16.0m
        ・太さ 首軸最小径:9mm 首軸最大径:10mm 胴軸最大径:11.5mm 胴軸最小径:10mm キャップ先端:13mm キャップ後端:12.5mm

|

« デルタから 「トスカーナ」 が発売に | トップページ | プラチナから乾燥に強い万年筆 「プレジール」 が発売に »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

キャップや軸が半透明であるのは、軸が割れているかどうかの確認はしやすいです。
私の持っているとあるセンテニアルは少し割れがあったりします。

投稿: 二右衛門半 | 2010年5月16日 (日) 17時31分

 >二右衛門半 さん

 内側の割れだと、特に確認しづらいかもしれませんね。確かに少し軽めの軸ですので、割れたりヒビが入ったりするのはちょっと怖いです。

投稿: EF Mania | 2010年5月17日 (月) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デルタから 「トスカーナ」 が発売に | トップページ | プラチナから乾燥に強い万年筆 「プレジール」 が発売に »