« ペリカンの「ブルーオー’ブルー」の外観は、個人的に好み | トップページ | 天冠が梨地のペリカンを入手した »

Fedexの関税請求書が届く

 Fedexから関税の請求書が届きました。以前にイタリアのネットショップ「Regali Novelli」から、EEFニブを持ったデルタの「アメリゴ・ヴェスプーチ 1KS」を購入しました。その時の関税です。

1383

 →デルタの EEF(Extra Extra Fine) ニブの万年筆を入手

■立て替え払い

1385 私は数年前に外国からの万年筆の個人輸入を始めてから、何度も関税の支払いをしてきました。しかし、今まで利用してきたのは、アメリカからは USPS、イギリスからは Royal Mail と、各国の郵便局系の運送会社でした。ですので、日本国内での配送は郵便局でしたので、関税の支払いは受け取り時に直接現金を払う方式でした。


 しかし今回のイタリアからの通販では、Fedexで送られてきました。Fedexは、関税は受け取り時に払う方式ではなく、一旦Fedexが関税を代理で支払い、後に送られてくる請求書で支払うという方式です。どちらの方が便利なのかは微妙なところです。どちらかと言えば、その場で払う郵便局方式の方が楽でしょうか。

 送られてきた請求書には、銀行振込用紙とコンビニ払込票の二つが同封されていました。ネットバンキングで払おうかとも思いましたが、振込手数料のかからないコンビニ払いで払いました。請求書が送られてきてから10日以内に払うようにということなので、時間的には余裕がありました。

1359

|

« ペリカンの「ブルーオー’ブルー」の外観は、個人的に好み | トップページ | 天冠が梨地のペリカンを入手した »

万年筆 / 購入・海外通販」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペリカンの「ブルーオー’ブルー」の外観は、個人的に好み | トップページ | 天冠が梨地のペリカンを入手した »