« パイロット キャップレスの極細ニブ化 | トップページ | Google画像検索がアップデート »

iPod nano の加熱・発火問題によるバッテリー交換

ipod nano 第1世代の iPod nano のバッテリーが過熱したり発火したりする問題が報道されています。実は私も、当の第一世代 iPod nano を所有して、現役でバリバリ使っています。

 アップルは、最初はバッテリー過熱の兆候 (変色や変形など) が見られた場合にのみ、無料のバッテリー交換に応じていました。しかし経産省の指導があり、バッテリーについて不安を持つ場合も、バッテリーの交換手続きが行えるようになりました。

 →経産省、初代iPod nano事故でアップルに再発防止指示 (AV Watch)
 →アップル、第1世代iPod nanoのバッテリ過熱で交換対応を開始 (マイコミジャーナル) ‎

23:30 追記:タイムリーなことに、こんな事件もあったようですね。
 →iPod発煙、電車遅れる 東急線の車内、けが人なし (産経新聞))

■交換か新調か

apple  う~ん、どうしましょうか。2005年9月に iPod nano を購入して、約5年間は問題なく使用してきました。ただ最近はバッテリーの持ちが悪くなってきて、そろそろ限界を感じてきたのも事実です。ここでバッテリーを交換するか、あるいは iPod touch 辺りでも購入して新調してしまうか、迷います。私は携帯電話は iPhone ではありませんから、iOS4がどんなものか体験したい気持ちもあります。


 iPod touch を購入するにしても、新型が発売されるであろう9月までは様子見ですね。それまで今の iPod nano を使い続けるか、あるいはバッテリー交換を申し込むか、迷います。交換の場合は電話で申し込む必要がありますが、混雑していて手続きに1時間ぐらいかかった、という話も聞きますし、ちょっと面倒です。

 ただ以下のような事例を見ると、さすがに心配になってきます。

 →iPodが火ふいた!! (いつかChappyと呼ばれたい)
 →ショート? (えんじょい~~)

|

« パイロット キャップレスの極細ニブ化 | トップページ | Google画像検索がアップデート »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイロット キャップレスの極細ニブ化 | トップページ | Google画像検索がアップデート »