« 人気記事ランキング (2010/08/19 版) | トップページ | Stylo Art 軽井沢さんのマイカルタレッドが気になる »

セルロイドの危険性と取り扱いマニュアル

 ブログ「二右衛門半の文具ブログ」さんの先日の記事で、セルロイドの取り扱いマニュアルが紹介されていました。

 セルロイドの扱いの難しさについては、大まかには聞いていましたが、適切な取り扱い方について、詳細には知りませんでした。このPDFマニュアルは、これからセルロイド万年筆を扱っていく上で参考になりました。読者さんの参考にもなると思いますので、私のブログでも紹介することにしました。

 →21日のWAGNER関西大会への出品物 (二右衛門半の文具ブログ)
 →安全取扱いマニュアル [PDFファイル] (ダイセルファインケム株式会社)

プラチナ セルロイド 八角軸

■発火性

 セルロイド万年筆が1~2本程度ならそれほど神経質になる必要もないと思いますが、地球温暖化の影響か、今年の夏はとても暑いです。クーラーのない直射日光の当たるデスク上に置いておいたり、自動車のダッシュボードに置いておいたりするのは危険ですから、気をつけた方がいいでしょう。

 →プラチナ 「#3776 セルロイド 八角軸 ミッドナイトオーシャン」 を入手
 →Visconti 「ディヴィーナ デザートスプリング」 のレビュー

ディヴィーナ デザートスプリング


 なお、セルロース・アセテートはセルロイドとは異なり発火性はありません。今はセルロイドを生産している工場も少なく、また在庫管理の難しさもあって、セルロイドよりもセルロース・アセテートが使われることが多いですね。例えばアウロラのオプティマなどに使われているアウロロイドは、セルロース・アセテートです。

 → Aurora 「オプティマ」 のレビュー

オプティマ

|

« 人気記事ランキング (2010/08/19 版) | トップページ | Stylo Art 軽井沢さんのマイカルタレッドが気になる »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人気記事ランキング (2010/08/19 版) | トップページ | Stylo Art 軽井沢さんのマイカルタレッドが気になる »