« カテゴリ:感想・レビュー (外国産) (目次一覧) | トップページ | 「ブルー・オ・ブルー」と「M101N トータスシェル」が発売延期 »

NAGASAWAオリジナル 「Savile Row(サビル・ロー)」 が発売に

 神戸のナガサワ文具センターから、店舗オリジナル万年筆が発売になります。プロギアベースの万年筆ですが、他とは一風変わったデザインが施されています。胴軸とキャップにスーツ生地が巻き付けてあり、非常に独特です。

 →ナガサワ文具センター創立128周年記念モデル Savile Row(サビル・ロー) (ナガサワ文具センター)

1499

■ブリティッシュ・スーツがテーマ

1496 胴軸もオリジナル性が高いですが、胴軸のリングもベルトをイメージした意匠になっていて、全体の雰囲気にとても合っています。ペン先はハサミのマークが刻印されていますし、尻栓と大先はマットブラックのブラスト加工が施されているなど、細かなところに非常にこだわった万年筆ですね。一般のモデルとの共通部分がほとんどありませんので、コストもかかっているだろうと思いますが、オリジナル万年筆としては個々までこだわってもらえると、購入しがいがありますね。

 この記念モデルは50本限定ですから、すぐに売り切れそうな気がします。私個人としては千鳥格子柄が好みです。購入はどうしましょうか。普通なら購入に走るのですが、いかんせん、プラチナのセルロイド8角軸を購入したばかりですので、悩みどころです。

|

« カテゴリ:感想・レビュー (外国産) (目次一覧) | トップページ | 「ブルー・オ・ブルー」と「M101N トータスシェル」が発売延期 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

うーん・・・これは見た目はいいですが生地が使用しているうちに汚れたり、へたったりしそうで怖いですね・・・所持するだけで実用にはならない感じがしますが、大丈夫なんでしょうか?

投稿: 猫柳 | 2010年9月 2日 (木) 22時44分

 >猫柳 さん

 布巻ですから、耐久性は高くなさそうですね。私も同じく布巻のDAXを持っていますが、やはりなかり汚れてきています。全くのコレクションにするか、あるいは汚れるのを承知で使い倒すか、どちらかということになるでしょうね。

投稿: EF Mania | 2010年9月 4日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カテゴリ:感想・レビュー (外国産) (目次一覧) | トップページ | 「ブルー・オ・ブルー」と「M101N トータスシェル」が発売延期 »