« ペン先 EEF のマイスターシュテュックが、新宿伊勢丹限定で登場 | トップページ | ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入 »

パイロット 「カスタム74」 のレビュー

 パイロットのカスタム74、F字です。本格的に万年筆を使ってみたいという時の入門用万年筆として、絶好の1本だと思います。

1561

(1)位置づけ

 「入門用万年筆」の定義には色々あります。どんな物でもいいから万年筆を使ってみたい場合はプレピーやハイエースネオ、サファリなどの低価格鉄ペンが絶好です。ただ本格的に万年筆を使いたいという場合はやはり金ペンが対象となります。舶来万年筆の金ペンだとどうしても2~3万円かかりますが、国産だと1万円の普及万年筆を各社が用意しています。

1567

 1万円の入門用金ペンとしては、パイロット「カスタム74、ヘリテイジ91」、セーラー「プロフィットスタンダード、プロギアスリム」、プラチナ「#3776」が代表例です。それぞれペン先の個性も軸の形状も異なりますから、これらの中から自分の好みの1本を選ぶと良いでしょう。

(2)ペン先

 パイロットのペン先はインクフローに定評があります。パイロットインクが粘性の低い性質を持つことも加わって、低筆圧でもスラスラと筆記できますので、長文筆記しても疲れないというメリットがあります。ただその代わり、ちょっとインクが出過ぎる傾向がありますので、字の始点や終点がぼやけた感じになりやすいです。そうした長所・短所を理解した上で、他の万年筆と使い分けると良いでしょう。

1566


 ペン先の号数は5号ニブです。3号、5号、10号、15号と数字が大きくなるに従ってニブは大きくなります。カスタム74系列だとカスタム742が10号、カスタム743と823が15号です。なお、ニブが大きければ書き味が良いという訳ではありません。ニブの大きさによって確かに書き味が異なりますが、人によっては小さいニブの方が扱いやすいと感じる人もいます。好みは人それぞれですので、店頭で試筆して自分にあったモデルを購入されると良いでしょう。

 (※関連記事)
 →縦横の字幅が異なる舶来EFは好みではない

(3)外観

 カスタム74は軸の両端が丸まっているバランス型です。ただバランス型の始祖であるシェーファーバランスとは異なり、軸の中央部は盛り上がっておらず、円筒形に近いです。楕円型・樽型を求める場合は、プロフィット21やプレジデントの方がそういう形状に近いです。

1564
(※上がカスタム74、下がプロフィット21です。)


 同じ1万円の「カスタム ヘリテイジ91」は、カスタム74とほぼ同じスペックで、違いはクリップ形状と軸の両端が平らになっているベスト型という点です。違いは形と色だけですから、好みに応じて"カスタム74 シリーズ""ヘリテイジ シリーズ"かを選ぶと良いでしょう。

 (※関連記事)
 →バランス型からベスト型への流行の変化が?

 なお、派生モデルとして透明軸の「カスタム74 透明」や模様軸の「カスタム レガンス」があります。基本スペックはカスタム74と同じです。

1563
(※上がヘリテイジ91、下がカスタム74です。)

(4)筆記バランス

 重さは17g、長さは14.3cmで、重さも長さも中庸で、とても使いやすい万年筆だと思います。私の最も使用頻度の高い万年筆です。(※正確には派生モデルである模様軸のレガンスですが。)

 キャップを後ろに挿しても挿さなくてもバランス良く使えます。

1562

(5)インク吸入量

 他社万年筆と比べた場合、カスタム74系列の大きなアドバンテージの一つが、世界最強のコンバーターであるCON-70が使える点です。CON-70は1.1mlと、ペリカンM400などの吸入式万年筆とほぼ同等のインクが吸入できます。吸入式万年筆と比べると、コンバーターだけに扱いやすくてメンテナンス性も高く、機構も堅牢です。もちろんカートリッジも使える訳で、実用万年筆としては隙のない布陣だと思います。

1565

 そんな最強のCON-70ですが、使用にはちょっとコツが必要です。慣れれば問題ないのですが、最初はちょっと戸惑うかもしれません。しっかりボトルインクにペン先を漬けて、ゆっくりとボタンをプッシュすれば吸入できます。

(6)総評

 1万円台の入門用金ペンとしては非常に完成度が高く、誰にもお勧めできる万年筆だと思います。パイロット・セーラー・プラチナの各1万円万年筆は、それぞれ書き味や細かい意匠が異なります。百貨店など大きめの店舗では各社の試筆セットが用意されていることが多いです。そこで書き比べて、自分にあった万年筆を購入されると良いでしょう。

1569


※スペック一覧

・重さ 全体:17g キャップ:8g キャップなし:9g
・長さ 全長:14.3cm キャップなし:12.5cm 後尾にキャップ:16cm
・太さ 首軸最小径:9.5mm 首軸最大径:10.5mm 胴軸最大径:12mm 胴軸最小径:10mm キャップ先端:13mm キャップ後端:11mm

|

« ペン先 EEF のマイスターシュテュックが、新宿伊勢丹限定で登場 | トップページ | ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入 »

万年筆 / 感想・レビュー (国産)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

普段は貴重品や高級品のレビューを多くなさっているので、カスタム74の文字を見て意外に思いました。

日本メーカーとしては初心者用の位置付けですが、製品としては中上級クラスのスペックがあるコストパフォーマンスに優れた製品で自分も愛用しています。サイズ的にも大型太軸が流行る前の古きよき昭和の匂いがする万年筆で、眺めていて懐かしくなります。

パイロットのインクについてですが、あれは粘性というより表面張力が低いのだと思います。
表面張力は液体の表面積を小さくしようとする力ですが、これが高い古典的BBインクと低いパイロットのインクをガラス板などに垂らすと、前者は丸くなるのに対してパイロットはペシャッと拡がった感じになります。
表面張力が低い方が紙への浸透が良くなる(表面積が拡がりやすい)ので、ああ言う潤沢な書き味になっているのだと思いますよ。

投稿: 猫柳 | 2010年10月17日 (日) 00時50分

このEFを愛用しています。

初心者向け金ペンですが、よりやすいラインとしてパイロットならカスタム、プラチナなら14Kスタンダードなどがありますので、「長く使うことのできる一本」であり、布教で購入してもらう第1候補としてもよく名前のあがるペンですね。

2002年4月27日「筆記具担当者の独り言(吉宗史博・ナガサワ文具センター)」によれば、1万円クラスがかなりの完成度であり、それをより洗練させたものが2万円クラスだとのことです。この言を素直に取れば、1万円クラスでもかなりのレベルになるのではないかと思います。

投稿: 達哉ん | 2010年10月17日 (日) 02時52分

>カスタム74の文字を見て意外に思いました。
私は、もともと「プラチナ ギャザード」を2008年の大賞に選ばれているくらいだから、自然のなりゆきかと拝見しておりましたが、「カスタムレガンス」、からしばらく間を空けて、一気に、「ヘリテイジ91」、「カスタム74」(しかも黒)と展開されたのは、驚きました。
実は、ここ2週間くらい、各社の1万円前後の万年筆を検討していて、このブログを参考にして、パイロットに決定し、さらに、「ヘリテイジ91」に絞り込んだところですが、届いた製品はまさにレビューどおりでした。
「カスタム74」では、ITOYA限定ののシルバートリムのものに興味があります。

投稿: ねこ太郎 | 2010年10月17日 (日) 20時10分

すいません、訂正です。

×私は、もともと「プラチナ ギャザード」を2008年の大賞に選ばれているくらいだから、自然のなりゆきかと拝見しておりましたが、「

○私は、もともと2008年 の大量筆記賞に 「カスタム レガンス」を選ばれているくらいだから、自然のなりゆきかと拝見していましたが、

投稿: ねこ太郎 | 2010年10月17日 (日) 20時21分

これどうしても尻軸の形が好きになれなくて、今のところ、手を出していない品の一つとなっております。
パイロットのこのコンバータは抜き差しをすることにより差し込み口が広くなってしまうのが他のコンバーターより目立つ気がしますね。
とはいえ、カランダッシュやウォーターマンみたいに差し込み口がすぐ割れるよりかはマシかもしれません。
抜き差しに比較的強いコンバーターはどこなのでしょうね?
気になりますな。
ま、コンバーターもきょうびは高い買い物ですから、あまり実験はしたくないものですが。
いっそ、モンブランみたいにネジ式に切り替えたらその心配は無くなるのかな?

投稿: 二右衛門半 | 2010年10月18日 (月) 09時25分

 >猫柳 さん

 最近はずっとスタンダード品のレビューがおろそかになっていましたので、ちょっと頑張ってみました。(^^; 変わった品に比べて、レギュラー品はどう書くのかが難しい面がありますので、ついつい安易な方向に流れてしまっていました。ただ、読者さんはレギュラー品のレビューを求める人の方が多いでしょうから、今のままではイカンと思って、ちょっとレギュラー品のレビューにもこれから力を入れようかと思っています。

 パイロットインクの解説、ありがとうございます。なるほど、ああいうのは粘性が低いのではなく、表面張力が低いと表現するのがいいのですね。パイロットインクは紙によってはにじんで大変なことがあるのですが、使いようによっては便利なこともあるので、かなり使用頻度が高いです。何よりも安いですしね。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年10月18日 (月) 14時57分

 >達哉ん さん

 プラチナの14Kスタンダードもコストパフォーマンスが良くていいですよね。私の好みからすると少し軸が細すぎるので、最近はちょっと使用頻度が低いですが。国産は1万円台の万年筆でも、海外の3万円クラスの実力がありますので、ありがたいです。国産各社には足を向けて寝られません。

投稿: EF Mania | 2010年10月18日 (月) 15時11分

 >ねこ太郎 さん

 しばらくの間は、スタンダード品のレビューにも力を入れようと思っています。もっとも、レビュー待ちの限定品も色々ありますので、そればかりというわけにもいかないのですが。そういえばギャザードのレビューも早くしないといけないですね。
 ヘリテイジ91のご購入おめでとうございます。拙作の記事が少しでも参考になったのでしたら、書いた甲斐がありました。

投稿: EF Mania | 2010年10月18日 (月) 15時25分

 >二右衛門半 さん

 ウォーターマンのコンバーターの差し込み口が割れるという症状は、二右衛門半さんの所でも生じていましたか。私もその症状が複数本で出ました。私だけかと思っていたのですが、やはりウォーターマンのコンバーターは脆いのですね。扱いには気をつけないといけないですね。
 抜き差しに強いのはプラチナという気がします。仕様変更の件はありましたが、あれは抜き差しはスムーズな印象があります。

投稿: EF Mania | 2010年10月18日 (月) 15時29分

やはりもうちょっと予算を作ってこっちを買ったほうがいいですかね…

投稿: mituno235 | 2011年8月25日 (木) 17時42分

 >mituno235 さん

 予算があるのでしたら、カスタム74は安心・安定ですね。個人的には、カラフルなヘリテイジ91辺りがオススメなのですが。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年8月31日 (水) 21時06分

4000円ぐらいの緊急予算が入ったのでニューヤングレックスを買いましたが、ここでニューヤングレックスの値段を予算から引く必要がなくなったので、6000~7000円になってた予算が、10000円になりました。できればカスタム74を買いたいと思いますが、父親とか祖母が怒るので、おそらく無理です。カラフルなヘリテイジ91とのことですが、私はあくまでスタンダードな「黒色(本体)と金色の装飾(クリップとか)」をつかったものが欲しいです。私はこれでも「柄」とかがあんまり好きじゃないのでスタンダードなものが欲しいです。

投稿: mituno235 | 2011年9月 1日 (木) 13時15分

 >mituno235 さん

 一万円overの筆記具というのは、やはり一般の理解は得にくいかもしれませんね。高額の万年筆は先の楽しみに取っておくのもいいかもしれません。私の場合は、貧乏な大学4年間は、セーラーのヤングプロフィットですごしました。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年9月 3日 (土) 18時52分

いや、おそらく値段という意味ではないです。
私は今万年筆を4本持ってますので、もう十分本数があるだろうということだと思います。
「ペン習字ペン」を買おうとした時「(ニューヤングレックスを)取り寄せしただろう」ということで買えませんでした。

投稿: mituno235 | 2011年9月 4日 (日) 07時37分

 >mituno235 さん

 通販での購入や一緒に店頭で購入すると、何を買ったかが家族にバレやすいですよね。私もこっそり一人で購入することが多いです。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年9月 5日 (月) 12時59分

一緒に買い物に行って透明のペンを見つけて、カートリッジ(安かったのでこのとき買いました。PILOT。)祖母の買い物かごに預けて、ペン習字ペンは財布の裏面に(財布と)一緒に握って隠してました。レジの直前にばれると言う最悪なパターンでした(笑)

投稿: mituno235 | 2011年9月 5日 (月) 18時54分

※購入したので解決です。
ここにはなすところ移動しますね。こっちの都合ですがすいません。

投稿: mituno235 | 2011年9月12日 (月) 19時49分

いま、欲しいモノ的にインククローが良くなったと噂(ニューヤングレックスと比べてどうですか?)の「#3776 センチュリー」とカスタム74の勝負ですね。ニューヤングレックスで「キャンパスノート」の裏移りが多いので、もう少し渋めでいいです。

投稿: mituno235 | 2011年9月13日 (火) 18時40分

 >mituno235 さん

 カスタム74かセンチュリーかは、なかなか難しい問題ですね。どちらにも良さがあります。ただ個人的にはセンチュリーの方に軍配をあげたいです。カスタム74は少しインクが出過ぎる傾向がありますし、筆記される字が少しぼやける傾向があります。

 ただ、カスタム74で使えるコンバーターのCON-70はインク吸入量が多くて優秀なので、その点ではカスタム74の方が優れている感じです。

投稿: EF Mania | 2011年9月16日 (金) 07時07分

センチュリーもやはり私のようにカートリッジの場合ステンレスボール入りなのでしょうか・・・
ちなみに今欲しい万年筆として、条件を上げてみました。
1、国産一万円金ペンであること
2、インクフローがニューヤングレックスより少し渋めなこと(ペン習字ペンより少しインクフローがいい でも可。)
3、ボディカラー黒、クリップ色などが金色
4、細字(F)であること
この条件ですが、なかなか合う万年筆はなさそうですね。来年春まで時間がありますから、ゆっくり検討しましょう。

投稿: mituno235 | 2011年9月16日 (金) 17時15分

 >mituno235 さん

 プラチナのカートリッジはボール入りですね。あれは棚釣り(インクが下に落ちてこない)を防ぐという効果はあるんですが、カチャカチャ音がするので、好き嫌いが分かれます。

 インクフローが渋いのは、プラチナの#3776シリーズ(旧版)ですね。ただこれは鉛筆のような書き味ですので、これもまた好き嫌いが分かれますね。

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 04時12分

私はカートリッジ派ですが、万年筆を振るわけではないので、あまり気になりません。

まとめてみるといま#3776バランス(1万円のほう。これが鉛筆並み)vsセンチュリーvsカスタム74(ほぼ蹴り落とされた?)ですね。センチュリー>#3776>カスタム74 の順?センチュリーのインクフローで決まる情報です。ランスロット5に目を向けましたが、販売終了、しかも私の欲しい黒がM(もちろん中字のことです)しかありませんでした。
ちなみにダイソーでメガネケースを新調しました。メガネを持ってはいるんですが、万年筆ケースです。

投稿: mituno235 | 2011年9月18日 (日) 07時37分

 >mituno235 さん

 センチュリーは最近になってリニューアルされただけあって、非常にバランスの取れた万年筆になっていると思います。気になる点と言えば、胴軸の少しの段差ぐらいでしょうか。

 インクフローの適度さという点では、セーラーのプロフィットスタンダードやプロギアスリムも悪くない感じです。ただセーラーの1万円万年筆は、少し前に1万2000円に値上げされてしまいましたので、ちょっと薦めにくいです。

 ランスロットはペン先がパイロットのOEMですので、書き味はニューヤングレックスに近い感じですね。なので胴軸がよほど気に入ったというのでなければ、追加で購入する意義が少し薄いjかもです。

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 08時06分

全く関係ないですがグラマーは軸が太いため私の手にフィットせず、あまり使いません。グラマーより細い胴軸が必要なのです。
私の持つ位置は比較的ペン先に近いほうです。胴軸の段差については微妙なところでしょう。一応試筆はしなくても持ってみないといけなさそうです。でも私の住んでる県(今言っておきますが佐賀です)では販売されてるかが不透明です。ニューヤングレックスも取り寄せでしたし。

セーラー、デザインはともかく色は欲しいものにぴったりですね。また迷いが広がりそうです。値上げがまた評価を狂わせそうですが・・

そもそも条件の一つのFがないのでランスロット5は30分で候補から外れました。

投稿: mituno235 | 2011年9月18日 (日) 12時45分

 >mituno235 さん

 グラマーは相当に極端な形状の万年筆ですから、趣味的なコレクションとしては好まれますが、実用には向かないかもしれませんね。センチュリーは発売されてまだ日が経っていませんから、置いている店はまだまだ少ないと思います。まあニューヤングレックスを購入されたばかりですから、じっくり調べて購入するのが良いと思います。

 セーラーは大手国産三社の内の一つですのでがんばって欲しいのですが、1万円台というスタンダードモデルの値上げは正直感心できません。残念なことです。

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 17時40分

どうもこれはプロフィットスタンダードvs#3776センチュリー って言ったところですかねえ。やはりセンチュリーなんでしょうか・・・

値段で少し評価が下がりましたね、プロフィット。

投稿: mituno235 | 2011年9月18日 (日) 20時30分

 >mituno235 さん

 3万円ぐらいの万年筆なら2千円の違いはたいしたことがないですが、1万円の万年筆で2千円の違いは大きいですよね。

投稿: EF Mania | 2011年9月19日 (月) 10時57分

3万円なんて今の私の状況ではとても手が出せません。1万円で十分ででしょう。その差がまたネックですが・・・

投稿: mituno235 | 2011年9月19日 (月) 12時20分

http://sipnavi.jp/town/25654/index.html
ニューヤングレックスはここで買いました。

投稿: mituno235 | 2011年9月25日 (日) 09時40分

 >mituno235 さん

 オフィス用品全般を扱う店という感じですね。こういう店の方が意外とプレピーなどの低価格万年筆が置いていたりもするのですが、高級品となると厳しそうですね。

投稿: EF Mania | 2011年9月26日 (月) 01時12分

ペチット1は置いてあったような気もします。しかしプレピーは聞いてみると置いていませんでした。(グラマーのインクがわからないというときに(今はいいですけど)、プラチナのインクを使う~ってのでついでに)

投稿: mituno235 | 2011年9月26日 (月) 18時58分

注 たしかにプリンタのインクや紙、マウス、その他OA機器とかが置いてあります。普通の安いボールペンが棚に入って売ってます。画用紙やクレヨンなどもあって、確かに全部買えます。万年筆は透明ショーケースがあります。海外もいくつかあります。ショーケースの上にペリカンのと、万年筆を立てるスタンド(穴があいてるもの)ハイエースネオがありました。に2階もあるみたいですが、行ったことがありません。(USBケーブルは1階にありましたが、その他のOAは2階みたいです。)

投稿: mituno235 | 2011年9月28日 (水) 16時17分

 >mituno235 さん

 そういう店ですと、ペリカンのペリカーノがあるのが定番ですよね。私は細字好きだけに、太字しかないペリカーノ系統は購入したことがないのですが、安くて使いやすいということで人気のようですね。

投稿: EF Mania | 2011年9月29日 (木) 02時53分

そう言えば2000円ほどのペリカンでしたね。箱入りでした。ペリカーノという製品かどうかはわかりませんが。

投稿: mituno235 | 2011年9月29日 (木) 21時27分

 >mituno235 さん

 箱入りですと、ペリカーノでしょうね。あれはモノ自体は良いと思うので、細字バージョンも出てくれると嬉しいのですが、欧米製品だけに難しいでしょうね。

投稿: EF Mania | 2011年9月29日 (木) 21時59分

海外万年筆もいつか買いたいと思っているのですが、(どんだけ買えば懲りないのかと)外国には漢字がないからという理由で国産より太いそうですね。ちなみにニューヤングレックスは購入初期に比べて少しインクの出がおかしくなりました。何回か落としたりしたので、その影響かもしれません。某巨大掲示板(あえて名を伏せます)では、ペンクリニックに行けと言われました。佐賀にあるか探してみます。

投稿: mituno235 | 2011年9月30日 (金) 17時03分

 >mituno235 さん

 国産万年筆の場合はペン金の入門は1万年からですが、海外万年筆の場合は、3万円からが入門となりますので、ちょっと敷居が高いですね。

 ペン先を落としてペン先に段差ができたりした場合は、15~30倍程度のルーペで見れば、ペン先の状態が分かります。ただ、インキ出が渋いぐらいでしたら、洗うことで治るかもしれません。

投稿: EF Mania | 2011年10月 1日 (土) 00時10分

もし佐賀でペンクリニックがあったら左利きの私向けに調整してもらいたいですね。

15倍のルーペが家にあった気がしたのですが、紛失しました。探してみます。

投稿: mituno235 | 2011年10月 1日 (土) 09時10分

ちなみに言うとキャップをつけた状態でしか落としてません。

海外は「LAMY サファリ」で初めてにしたいと思います。
シャイニーブラックと珍しいカラー、白の対決です。

投稿: mituno235 | 2011年10月 1日 (土) 09時15分

 >mituno235 さん

 mituno235 さんは左利きでしたか。左利きですと、万年筆の選択では気を遣う必要がありますね。左利きですと、文字を書く際に押し書きする機会が多いですから、下手な万年筆を選ぶと、ペン先が紙に引っかかりやすくなります。

 左利きということですので、ローラーボール(水性ボールペン)やゲルインキボールペンなども試されるのもいいかもしれません。万年筆よりもそれらの方が向いている可能性もありますので…

投稿: EF Mania | 2011年10月 2日 (日) 05時17分

ボールペンも一応持っていますが、万年筆のように「書くことを楽しむ」ことができないので、あまり使いません。(赤は結構使いますが。)
ニューヤングレックスではペン先の表側が右になるように書いています。なぜかときどきかすれますが。(書き始めではなく筆記中)ペン習字ペンも同様です。

投稿: mituno235 | 2011年10月 2日 (日) 09時31分

 >mituno235 さん

 左利きですと、書きにくさはある程度は仕方がない面がありますね。以下のリンク先を見ると、左利きの人は他国でも大変なのだと分かります。
http://www.nibs.com/Left-hand%20writers.htm

投稿: EF Mania | 2011年10月 5日 (水) 07時05分

そのURLの3、5番が私の筆記に近いですね。2回目ですがペン先の向きは紙にたいしてちょうど右向きです。紙の縦の方と平行になります。

投稿: mituno235 | 2011年10月 5日 (水) 08時06分

 >mituno235 さん

 なるほど、紙を斜めにするタイプの筆記方な訳ですね。左利きはやはり大変そうですね。

投稿: EF Mania | 2011年10月 5日 (水) 08時08分

こっちで勘違いがあったみたいですね。すいません。

紙は普通に(机から)平行にして書きます。紙は傾けない(斜めにしない)んですが、やはり度の万年筆でもときどきかすれます。(グラマーとプレピーはかすれることがあまりありません。またペン習字ペンは例のくぼみで筆記角度がぴったりになるので、やはりかすれません。)

投稿: mituno235 | 2011年10月 5日 (水) 18時08分

 >mituno235 さん

 紙ではなくて手の方の角度を変えるのですね。左利きですと、横書きの場合は手にインクがつかないようにするのに苦労しそうですね。一方、右利きの場合は縦書きの時にインクが手に付くので困ります。そうした点から考えると、左利きは縦書き向きかも。

 ただ今の時代だと、縦書きをする機会は国語の勉強をするときや礼状などの手紙を書くときぐらいかもしれませんが。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年10月 6日 (木) 05時49分

インクが結構付きますね、横書き。取れにくいので苦労します。

横書きでも付かないときのほうが多いので安心ですが。

投稿: mituno235 | 2011年10月 6日 (木) 06時55分

 >mituno235 さん

 万年筆のインクがどうしても落ちないときは、メラニンスポンジでこすると良いようです。ただ皮膚には良くありませんから、どうしても落としたいときに使う裏技みたいな感じですね。

投稿: EF Mania | 2011年10月 6日 (木) 07時34分

その話は前聞いたような・・・ メラニンスポンジとは、流行りの「掃除用消しゴム」のことでしょうか?
ちなみには私はもっと荒い(皮膚に悪い)方法を使ってます。銀たわしです。私の皮膚ではこすっててもあまりはげ落ちることがありません。

投稿: mituno235 | 2011年10月 6日 (木) 17時34分

 >mituno235 さん

 銀たわしはさすがにヤバいでしょう。(^^; メラニンスポンジは台所で茶渋取りなどに使うスポンジです。まあ、多少インクがついていても気にならないなら、放置していてもいつの間にか落ちているものですが。

投稿: EF Mania | 2011年10月 8日 (土) 05時53分

一度ついたら休憩まで手が洗えないのも問題ですね・・・まあEF Maniaさんの言う通りにいつの間にか落ちますのでいいんですが。1度手を洗っあとはて気にしないのが一番ですね。

投稿: mituno235 | 2011年10月 8日 (土) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペン先 EEF のマイスターシュテュックが、新宿伊勢丹限定で登場 | トップページ | ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入 »