« パイロット 「カスタム74」 のレビュー | トップページ | 万年筆関連 小ネタ集 6(10/10/21) »

ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入

 ペリカンの「M800 ブルー・オ・ブルー」を購入しました。最初は実物を見てから購入しようと思っていましたが、海外で一足先に購入された方々がアップされた写真を見てとても気に入りましたので、通販で購入しました。特別生産モデルだけに、実物を見る機会を待っていると買い逃す恐れがありましたので、いち早く購入に動きました。実際に届いた万年筆はとても綺麗で、とても満足です。

1570

■初のM800系列

 私にとっては初のM800系列の万年筆です。M800はバランスの良い万年筆だと聞いていましたので、いずれは手に入れたいと思っていました。ただ、M600とM1000でペリカンの縞軸はおなか一杯になっていましたので、ノーマルのM800はイマイチ食指が動きませんでした。なので限定品の発売を待っていたのですが、M300やM400系列とは異なり、なかなかM800系列の限定品が出てきませんでした。そんな中、満を持してブルー・オ・ブルーが発売され、待った甲斐がありました。価格もノーマルのM800とほとんど同じでありがたいです。

1572

 初期に出てきた資料写真では不透明度の高い軸かと思っていましたが、意外と透明度は高いです。かといってスケスケのスケルトンというわけではなく、普段は不透明度が高く、光にかざすとスケルトンという感じですね。派手な色軸が好きな私としては、あまりスケスケなのは好みではないので、これぐらいがちょうどいい感じです。

1573

 ペン先はEFにしました。私の好みからすればちょっと太めなのですが、これは仕方がないですね。M400系列だとRichard Binder氏のXXXFニブが使えるのですが、これはM800系列ですので使えないのが残念です。M800系列の極細改造ニブも販売してくれるとありがたいのですが。

(※関連記事)
 →ウェーバリー加工された「ペリカン XXXF ペン先」を購入した
 →縦横の字幅が異なる舶来EFは好みではない

■Regali Novelli

 購入したのはいつものイタリア万年筆ショップ Regali Novelli です。日本での発売が遅れるとの報がありましたので、できるだけ早く手に入れたいと思って海外に注文しました。ところが、結局送られてくるのがかなり遅れて、結局日本とほとんど同じになってしまいました。ドイツ製万年筆ですから、イタリアでの発売も日本のように遅れたのかもしれません。

1574

 価格は送料を含めて318ユーロ、カードへの請求額は36,824円でした。関税の支払いを考えると、大きく日本と変わるわけではないですね。個人輸入に伴うペン先不良等のリスクを考えると、このブルー・オ・ブルーに関しては積極的には海外通販は勧められないかな。デルタやコンウェイ・スチュワートなど、内外価格差の大きい万年筆で海外通販するのがお得でしょう。

1571

|

« パイロット 「カスタム74」 のレビュー | トップページ | 万年筆関連 小ネタ集 6(10/10/21) »

万年筆 / 購入・海外通販」カテゴリの記事

コメント

blue o' blueを入手されたようですね!!
実際に手にとって見ると、おもったより透明度が高いという印象と、
不透明に見えるシチュエーションとが混ざり合った軸と思っています。

光にかざすと透けているのに、光にかざさないと不透明感が強いという
二面性をもった軸で、なかなか写真と言葉での表現が難しい
軸かと思いますが、いかがでしょうか?

私はここ最近、blue o' blueを毎日の先発に使っていますが、
なかなか満足度は高いです。 ペン先は自己調整しましたが…

投稿: pelikanblueocean | 2010年10月19日 (火) 07時04分

EF Maniaさんとしては、プラチナの八角軸とどちらが好みですか?

私はM320グリーンと#3776セルロイドグリーンを持っていて、どちらかというと見た目ではM320の方が好きです。

もし可能なら、いつか何かの機会で2本並べた写真が見てみたい…なんて、リクエストしてみました。

投稿: しまみゅーら | 2010年10月19日 (火) 10時37分

 >pelikanblueocean さん

 注文してからかなり時間がかかりましたが、手に入れることができて嬉しいです。おっしゃるように、光のかざし方で、透明と不透明の両方を楽しめる面白い軸ですね。こういう万年筆がレギュラーのM800とあまり変わらない価格で購入できるのは、ありがたい話です。一つだけ残念なのは、インナーキャップが黒いことですね。いっそのことインナーキャップがない方が模様を楽しめていいですね。もっとも、ペン先が乾く問題が生じますが。
 私の購入したEFは、他のペリカンと同じく太めでした。仕方がないので細く研いじゃいました。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年10月21日 (木) 08時47分

 >しまみゅーら さん

 軸の模様で言えば、ブルー・オー・ブルーの方が綺麗ですね。ペン先はやはりプラチナの方に軍配が上がります。ペリカンのEFは細字好みの私には太すぎます。プラチナのブルーオーシャンは、模様としては少し単調です。もうちょっと白い部分が多い方が派手で良かったのですが。ただ、変わった形状も私の好みですので、その観点から言えば、8角軸の方がいいですね。なかなか甲乙つけがたいです。

投稿: EF Mania | 2010年10月21日 (木) 08時53分

 実物見て、気づいたら手元にありました(笑)
私は、極細苦手なので、Fにしました。

 青軸が急に増えてしまってます。

投稿: まっきい | 2010年10月21日 (木) 19時33分

 >まっきい さん

 購入おめでとうございます!お仲間ですね。私の場合は赤軸をたくさん購入する傾向にありますので、青軸は久しぶりです。
 手持ちのEFを見る限り、Fとあまり変わらない太さという印象です。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年10月22日 (金) 05時56分

EF Mania 様
私も、アメ横でペン先BBのものを買ってしまいました。店頭でルーペを取り出す度胸がまだ無く、切り割りが真ん中ではなかったのが残念ですが、晴れてスタブ調青軸持ちになれました。今のところは所有の喜びの方が大きいです。
万年筆文化のためにはしっかりしたお店で定価にて買うべし、との意見をネットで見かけ、ももっともだ、とは思うものの、値引きの魅力にはかないませんでした。それでも高額の買い物でしたから、しばらくおとなしくしていたいのですが、たぶんルビーも買っちゃうんだろうなぁ。オプティマブルーも欲しいし…。危ない道に踏み込んでしまったようです。

投稿: スタブ調、青軸が好き | 2010年10月26日 (火) 21時53分

 >スタブ調、青軸が好き さん

 購入おめでとうございます。私も店頭でルーペを取り出す勇気はないです。ですので、ペン先を目をこらしてみています。細字の場合は切り割り問題があまりないのは助かります。
 確かに今は文具店は厳しい状況ですから、店頭で購入するのが望ましいのでしょう。特に私の場合は海外から個人輸入することが多いので、もっと問題のある行動とも言えます。
 ルビーは私も気になっています。M300系列はまだ1本も持っていませんので、いずれは手に入れたいと思っています。ただ、発売の再三の延期はちょっと困りものです。最近のペリカンはどうしたのでしょうね。

投稿: EF Mania | 2010年10月28日 (木) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイロット 「カスタム74」 のレビュー | トップページ | 万年筆関連 小ネタ集 6(10/10/21) »