« アウロラの "イタリア海" のシリーズは4モデルかも? | トップページ | S.T.デュポンの「デフィ レッド」はボールペンだけ? »

万年筆関連 小ネタ集 7(10/11/19)

■セーラーの公式オンラインショップが開設

1617

 →セーラーショップ

 セーラーから、公式のオンラインショップが新たに開設されました。今までも楽天市場に「いるかの万年筆やさん」という公式ショップがありましが、こちらは独自店舗となります。(※運営母体は同じようですね。)

 公式だけに充実の品揃えで、万年筆の他にも光触媒ペンのセラピカキレイや音声ペンなども購入できます。楽天の「いるかの万年筆やさん」と比較すると、ポイントや品揃えなどの点で一長一短がありますので、好みに合った方を選択されると良いでしょう。

■『趣味の文具箱 vol.18』は12月18日(土)に発売

 →趣味の文具箱18号は12月18日(土)発売です (「文具箱」の日記帖)

 『趣味の文具箱 vol.18』は今から一ヶ月後の12月18日(土)に発売になります。『趣味の文具箱』に何を期待するかは人によって異なると思いますが、私は新作の万年筆を綺麗な写真で眺めるのを一番の楽しみにしてます。それによって物欲が刺激されてしまうのが難点ではありますが。(^^;

■文具の蔵Riheiから「富士ひのき万年筆」が発売に

 →富士山木材の万年筆発売 オリジナルインクも 富士宮 (asahi.com)

 富士宮市宮町の文具店「文具の蔵Rihei」から、富士山のひのきの質感や色と香りを生かしたオリジナル万年筆が発売になったそうです。オリジナルインクの宮洋墨(みやいんく)は、「富士山ブルー、赤富士レッド、富士山湧水アクアブルー、朝霧高原グリーン、富士宮やきそばオレンジ」の5色あるそうです。(※"やきそば"だけ浮いていると感じるのは私だけでしょうか。(^^;)

 どんな万年筆なのか興味があるところですが、まだ公式サイトには画像が出ていないので確認できないのが残念です。

 追記:11/20 こちらのページ中頃の 「2010/11/1 OA」 の部分で、富士ひのき万年筆の画像が見られます。推測ですが、セーラーの世界の銘木シリーズ(智頭杉スタンダードなど)と同じ仕様ではないかと思います。

■坂本龍馬をかたどった万年筆が内田文昌堂から発売に

 →ペン先に「龍馬」 内田文昌堂150年で万年筆 (47NEWS)

 高知市にある文具店の内田文昌堂からは、創業150年を記念して、坂本龍馬のサインをペン先に彫刻したオリジナル万年筆が発売されています

 ペン先の刻印と言えば、上からプレスでガシャンと型押しするのが普通ですが、これはレーザー彫刻で1本ずつサインが入れられていて凝ってますね。こちらでペン先の写真が見られます。シンプルなペン先ですね。

|

« アウロラの "イタリア海" のシリーズは4モデルかも? | トップページ | S.T.デュポンの「デフィ レッド」はボールペンだけ? »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

EF Mania 様

「富士ひのき万年筆」、コミュニティエフエム放送局ラジオエフの地元遺産のページで、ちらりと見えるのがそれでしょうか?
ベスト型で、好きかも…。今日は中屋万年筆の百数十万円の万年筆を触らせてもらったので、他の万年筆がとってもお安く感じられ、危ないです。

投稿: スタブ調、青軸が好き | 2010年11月19日 (金) 23時28分

 >スタブ調、青軸が好き さん

 情報ありがとうございます。なるほど、ああいう外観なのですね。クリップやリングなどの使用から考えて、セーラーの智頭杉スタンダードなどのラインのような気がします。このシリーズも、ディグナムバイタなどいろいろオリジナル展開が多くなってきましたね。

投稿: EF Mania | 2010年11月20日 (土) 16時57分

EF Mania 様

いつも情報ありがとうございます。
既にご存じかもしれませんが、私も小ネタをひとつ…。
11月24日、いつもの百貨店万年筆売場をのぞいたところ、ペリカンの Edelstein (エーデルシュタイン、とでも読むのでしょうか?)Ink が店頭に並んでいました。無防備でのいきなりの対面だったため、抵抗する間もなく、財布の口が開いて、樋口一葉さんが出て行ってしまいました。パッケージデザインを知っていたので気がついたのですが、限定ではなく定番品で、昨日初入荷とのこと。店員さんも、中身は見たことがないとのことだったので、パッケージを開けてボトルをみせてあげました。蓋にはヒナ一羽のペリカンが銀色で立体的にデザインされています。いま思えば、色見本をつくってあげればよかったなぁ、と気がつきましたが後の祭りです。一瓶 50ml で 2,715円でした。レギュラーインク 62.5ml が確か定価840円ですから、それと比べると少々お高いですね。とりあえず、Onyx と Sapphire の購入です。初鰹みたいなものということで…。

投稿: スタブ調、青軸が好き | 2010年11月24日 (水) 20時33分

 >スタブ調、青軸が好き さん

 エーデルシュタインインクは、今までのペリカンからは想像できないような製品ですね。どちらかと言えばペリカンインクは無骨で実用一辺倒という感じでしたが、今回のはイタリア万年筆メーカーのインクと言ってもいいぐらいのスタイリッシュなインクシリーズですね。
 私はルビーに惹かれます。胴軸デザインと同じく、私はどうも赤色系統に弱いです。ただ、赤系インクは好んで購入するものの、使う場面があまりないので余り気味なのが難点です。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年11月25日 (木) 20時25分

EF Mania 様

ごめんなさい。価格を間違えて記載していました。2,415円が正しい価格です。最近、ミスが多くいやになります。ルビーはルビーレッドと一緒に買う予定です。

投稿: スタブ調、青軸が好き | 2010年11月25日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウロラの "イタリア海" のシリーズは4モデルかも? | トップページ | S.T.デュポンの「デフィ レッド」はボールペンだけ? »