« 英国の万年筆店「The Writing Desk」もサイトリニューアル | トップページ | インク壷のフタ問題を傾けることで解決 »

セーラーから「プロフィットFL」が発売に

 追記(11/01/09):プロフィットFLを購入しました。
 →セーラー 「プロフィットFL」 を入手

 セーラーから、首軸に金属を使用した「プロフィット FL」が12月中旬に発売になります。FLとは"For Lawyer(弁護士)"の略で、超・大量筆記する司法試験の勉強や本番でも疲れにくいバランスの万年筆を目指した万年筆だそうです。私も司法試験の受験者ほどではないですが、かなりの大量筆記をしますので、それに適しているかもしれない万年筆の発売ということで、期待しています。

 →SAILOR(セーラー) プロフィット FL 万年筆 (ペンギャラリー報画堂)

■前寄りバランス

1591

 これは嬉しい発売です。私は前寄りの方を持って筆記するために、リアヘビーの万年筆が苦手です。どちらかと言えば重心はペン先側にある方が好ましいと思っています。このプロフィットFLは、まさにそうした私の要望通りの仕様に仕上がっていて、大注目の万年筆です。

 細かい仕様もなかなか凝っています。首軸の金属は「真鍮 / ニッケルクロムブラックIP仕上げ」と、ガンメタル調の渋い仕上がりになっています。また、胴軸も梨地仕上げになっており、マット調の軸を欲しいと思っていた私の好みにも合います。私は基本的には黒軸は好みではないのですが、この万年筆はそんな私でも物欲をそそられます。


 もう一つの注目点としては、ペンギャラリー報画堂さんの商品ページを見ると、ペン先の字幅がEFとFの選択肢しかありません。これはそれのみの発売ということでしょうか。"For Lawyer(弁護士)"という名前通り、司法試験向けということを考えれば、細字のみの仕様はそれなりに筋が通っています。ただ、なかなか面白い仕様の万年筆ですので、もっと字幅のラインナップがあった方が、万年筆愛好家には嬉しいところでしょうか。


780
 (※中屋万年筆のルテニウム・ペン先です。)

 少しだけ残念なのは、ペン先がロジウム仕上げという点ですね。全体の雰囲気からすると、白く輝くロジウムよりも、ルテニウムメッキなどの渋い仕上がりの方が合っていると思います。まあ、ルテニウムは一般的ではないペン先の仕上げ方ですので、そこまで要求するのは贅沢かもしれません。また、私は21Kペン先よりも14Kペン先の方が好きですので、その点は少し残念です。ただいずれにしても、購入予定にしています。

|

« 英国の万年筆店「The Writing Desk」もサイトリニューアル | トップページ | インク壷のフタ問題を傾けることで解決 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

これは良いですね。なんというか生理的に好みの万年筆な気がします。
フロントヘビーというコンセプトも、大型のキャップリングも実用万年筆にはありそうでなかった仕様なので一本あると面白そうです。
字幅が細系とのことなのでセーラー21金の書き味が好きな方なら、弁護士以外でも買う人は多い気がします(笑)

投稿: 猫柳 | 2010年11月 7日 (日) 01時47分

 >猫柳 さん

 フロントヘビーな万年筆はありそうであまりない仕様ですので、この万年筆の発売はありがたいです。デザインも渋めで、黒系にしては私の好みの範疇です。惜しむらくは、ちょっと価格が高めな所ですね。トリムが特殊で胴軸が梨地という凝った仕様だけに、仕方がないですね。

投稿: EF Mania | 2010年11月 7日 (日) 02時12分

う。
ここでルテニウム仕上げなる誘惑をされると怖いなぁー。
こっちも渋め渋めできんきらきんじゃない方向に向かいつつありますから、この記事は怖いです。

また、セーラーさんの低重心もいいなぁー。
リアヘビーにならないようキャップは尻軸に差していますが、それでも不十分な場合がありますので貴重な品となりそうです。

怖い怖い。

投稿: 二右衛門半 | 2010年11月 7日 (日) 08時04分

 >二右衛門半 さん

 ルテニウム仕上げだと完璧でした。私は派手めの万年筆が好きですが、ガンメタルなど渋めのルックスも、種類の違う派手さがあって、その良さを感じるようになってきました。
 首軸は共通規格でしょうから、他のセーラー万年筆に装着することもできそうで楽しみです。

投稿: EF Mania | 2010年11月 8日 (月) 03時34分

これは、とても魅力的ですねー。大型キャップリングも、梨地も、フロントヘビーも好みなので、かなり心惹かれます。最近のセーラーは、かなり攻めの姿勢でたまりません。

投稿: そめや | 2010年11月 8日 (月) 07時30分

 >そめや さん

 この万年筆は、いろいろな要素が含まれていていいですよね。一つだけの要素だと微妙なところもあるのですが、違う点が多くあるのは好印象です。

投稿: EF Mania | 2010年11月 8日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英国の万年筆店「The Writing Desk」もサイトリニューアル | トップページ | インク壷のフタ問題を傾けることで解決 »