« 万年筆の化粧箱を、1年半ぶりに処分した | トップページ | プラチナ 「#3776 バランス」 のレビュー »

ペリカン「スーベレーン・シリーズ」の特徴と傾向

1605

 ペリカン万年筆の基本モデルはスーベレーンです。この記事では、これからペリカン万年筆を買おうという方のために、各モデルの特徴を簡単に記しておきます。

 「M300 / M400 / M600 / M800 / M1000」の5モデルがスーべーレーンの基本モデルです。数字が大きくなるに従って、胴軸とニブが大きくなります。しかし、スーベレーンは単純に大きさだけで選べるというものではありません。各モデルは独特の個性を持っていますから、それに沿って自分にあったモデルを購入することが重要です。

■各モデルの概要

M300

 スーベレーンの中で最も小ぶりのモデルです。このサイズでよく吸入式を実現できたものだと感心するぐらいのコンパクトさです。手帳用としての用途がメインとなるでしょう。取り回しの良い万年筆ですが、デスク上で使う場合は小さすぎると感じるかもしれません。

M400/M600

 長さ、重さ、太さが一般的な万年筆のサイズで、一番スタンダードなモデルです。購入する場合はまずこれから検討すると良いでしょう。M400とM600を併記したのは、この二つはとてもスペックが似ているからです。ニブと胴軸のサイズが少し違うだけですので、コレクション目的でない場合は、この二つはどちらか一つ買えば十分だと思います。

 M400とM600のどちらを購入するかはとても難しい問題です。M400は人によっては若干小さすぎると感じるようです。なので大きめが好きな人はM600となるのですが、ほんの少しサイズが大きいだけで8400円高いというのも微妙です。無難なのはM400、試筆して大きさが気に入ったのならM600というところでしょうか。

M800

 M800は「太軸&重めの万年筆」のスタンダードです。吸入機構に金属が使われているために約28gと重めです。重めと言っても極端な重さではなく、また筆記バランスも優れているため、大量筆記でも疲れません。M400/M600とは別の筆記感ながら、別の魅力があって人気のモデルです。大きいだけに押し出しがありますから、契約書へのサインなどに使うにはM800の方が向いているでしょうか。

M1000

 M1000はかなり個性的なモデルです。その最大の理由はペン先の柔らかさにあります。昔と異なり万年筆のニブが総ガチニブ化している現代では、このM1000の柔らかさは独特です。

 M1000は高額な万年筆ですから、購入する場合は、自分が柔らかいニブが好きかどうかを見極めてからにした方が無難です。例えばパイロットのS系ニブなどを楽しんで使いこなせない人の場合、M1000はタンスの肥やしになる可能性が大です。それに対し、柔らかニブが好きな人にとっては絶好の万年筆です。最近ではビスコンティのパラジウム・ニブという対抗馬も出てきましたが、それでもM1000は他に類を見ない書き味を提供してくれます。

■各モデルのスペック

 スーべレーンと言えば縞(しま)軸で、緑縞・赤縞・青縞の3色があります。自分が好きな色を選択すればいいのですが、インクの見やすさを重視するなら、「黒>緑縞>赤縞≧青縞」となります。赤縞と青軸は光にかざしてみてもほとんどインク残量が見えないぐらいです。

 また、M1000には黒軸と緑縞しかありません。各モデルを別々の色で揃えたいという場合は、下位モデルは緑縞以外を買わないと色が重複しますので注意が必要です。(※私がその罠にはまってしまいました。(^^;)

801


 以下に各モデルのスペック一覧を掲載します。

モデル全長キャップ付胴軸のみ胴軸径重量
M300 112mm 129mm 106mm 9.9mm 10.6g
M400 126mm 146mm 121mm 11.9mm 14.8g
M600 134mm 153mm 129mm 12.4mm 17.6g
M800 139mm 163mm 129mm 13.0mm 28.7g
M100 147mm 172mm 136mm 15.0mm 34.1g

 (※関連記事)
 → Pelikan 「スーベレーン M1000」 のレビュー
 →ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入
 →ペリカン 「M710 レッドトレド」 を入手

|

« 万年筆の化粧箱を、1年半ぶりに処分した | トップページ | プラチナ 「#3776 バランス」 のレビュー »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万年筆の化粧箱を、1年半ぶりに処分した | トップページ | プラチナ 「#3776 バランス」 のレビュー »