« ペリカンの天冠が、梨地金属タイプに変更 | トップページ | カスタム74 か 742 か 743 か、どれを購入すべきかは難しい »

ペリカンから 「M710 イエロートレド」 が発売に

 ペリカンから M710 イエロートレドが12月中旬に発売になります。今までM800クラスの大イエロートレドと、大小のレッドトレドが発売になっていましたので、これで4種類の全部がそろうことになりました。

 →ペリカン 特別生産品 イエロートレド M710 万年筆 (高級万年筆の文栄堂)

■ビッグトレド

 私はこのイエローではなく、レッドの方のトレドを最近購入しました。トレドはペリカンのフラッグシップ・モデルだけあって、所有満足度が高いです。トレドについてはこれで打ち止めにする予定だったのですが、M800系列のブルー・オ・ブルーを購入して使っていると、このサイズでのトレドも欲しくなってきました。軽快に使うには小トレドの方がいいのですが、存在感という点で見ると、やはり大トレドの方が勝っています。

1526


 ただ通常品の大トレドは、彫刻部のバーメイルやゴールドトリムが、私の好みから外れます。購入するとすれば、すでに廃番の「M910 シルバートレド」がいいですね。私は基本的には黒軸趣味はないのですが、シルバートレドに関しては、シルバーの彫刻部と黒軸部がいい具合に調和していて美しいと思います。このシルバートレドが通常品として再販されれば最高なのですが。

1639


 (※関連記事)
 →ペリカン 「M710 レッドトレド」 を入手
 →ペリカン 「ブルー・オ・ブルー (blue o' blue)」 を購入

|

« ペリカンの天冠が、梨地金属タイプに変更 | トップページ | カスタム74 か 742 か 743 か、どれを購入すべきかは難しい »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
イエロートレドは、以前発売された同社のイエロースケルトン(ハイライターインク付き)万年筆を思わせる色使いですが、それでもきれいですね。
トレドは横綱を通り越して、親方クラスの万年筆だと思います。
こういう万年筆を手に入れること自体、一種のステイタスになってますね。

投稿: ヘンリー | 2010年12月 4日 (土) 11時59分

 >ヘンリー さん

 イエロースケルトンは、色使いが綺麗で良かったのですが、ペン先が太字だけでしたので、見送りでした。このイエロートレドはインク窓も黄色なのがいい感じです。個人的には、パープルやピンク系統の色が好きなのですが、さすがにトレドには似合わないでしょうね。(^^;

投稿: EF Mania | 2010年12月 5日 (日) 06時31分

英数字には太字でも支障ありませんが、日本語を書こうとすると滲んで大変ですね。舶来品の多くは英数字向きだと思います。
確かに、あの彫刻に紫やピンクは似合いませんね。紫では、以前ご紹介されたハイエースマーブルの色合いが好きです。極黒インクと一緒に買おうとしましたが、時既に遅く、廃盤になってました。

投稿: ヘンリー | 2010年12月 5日 (日) 17時20分

 >ヘンリー さん

 ハイエースマーブルは、低価格の割には凝った塗装でした。ただ塗装が何十にもなされていますから、コスト的に見合わなさそうです。あっさり廃番になったのは、その辺りに原因があるのかもしれません。マーブル模様など残った塗装がもっと普及してほしいところです。

投稿: EF Mania | 2010年12月 6日 (月) 11時11分

あの模様で3000円とは、セーラーもよくやってくれたものです。国産の万年筆は地味なものが多いですからね。

投稿: ヘンリー | 2010年12月 6日 (月) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペリカンの天冠が、梨地金属タイプに変更 | トップページ | カスタム74 か 742 か 743 か、どれを購入すべきかは難しい »