« インクウェルを落として破損させてしまった | トップページ | 「#3776 本栖」の公式画像とレビューが登場 »

中屋から「ブライヤー サンドブラスト仕上げ」が復刻

 プラチナにて1980年まで製作をされていた「サンドブラスト仕上げのブライヤー万年筆」が、中屋万年筆で復刻されました。独特な表面処理がなされた万年筆で、なかなか面白いです。木軸万年筆のファンの方には注目のモデルと言えるでしょう。

 →中屋万年筆ブライヤーモデル 全5タイプ (中屋万年筆 公式)

■次の中屋万年筆

 私は2009年5月に「十角軸 赤溜」を購入し、今も愛用しています。それから2年が経ち、そろそろ2本目を購入しようと考えています。次も漆軸の万年筆を購入しようと思っています。ツイスト軸も気になるモデルなのですが、十角軸と重なる面がありますので、デスクペンかネオ・スタンダードの購入を考えています。

 →中屋万年筆から 「十角 ツイスト軸」 が発売に

赤溜


 色は桔梗か菖蒲のどちらかにしようと検討中です。前回は首軸を石目乾漆グリップにしましたが、今回も何か工夫をしたいですね。ただ桔梗や菖蒲色は価格が高めですので、価格の面で断念するかもしれませんが。ボチボチ購入に動きたいと思っています。

 →中屋万年筆の 「十角軸 赤溜」 が届く

|

« インクウェルを落として破損させてしまった | トップページ | 「#3776 本栖」の公式画像とレビューが登場 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インクウェルを落として破損させてしまった | トップページ | 「#3776 本栖」の公式画像とレビューが登場 »