« 風雨による地デジの映りの悪化は厳しい | トップページ | ペリカン「M600 Green o' Green」の正体とは? »

新型#3776ニブをしばらく使用してみての雑感

 プラチナの「#3776本栖」を購入して以来、筆記の8割方で使用してきました。それだけ気に入って使用しています。3週間ほど使用してみての新型#3776の感想を書きたいと思います。

 →プラチナ 「#3776 本栖」 のレビュー

1830

■新型ニブ

 まず変化として一番感じられるのはインクフローの良さです。私の印象でインクフローの良い順番で並べると、以下のようになります。

パイロット > セーラー21K = 新型#3776 > セーラー14K > 旧型#3776


 今回の新型#3776ニブのインクフローは、出過ぎもせず渋過ぎもせず、ちょうど良い按配だと思います。潤沢なフローによって気持ちよく筆記できます。もちろんそうした印象は使用インクや紙によって変わってきますが、広範に使えるバランスに仕上がっていると思います。

 ただインクフローが良くなったために、「にじみやすい紙に書くとき」や「すぐインクが乾いて欲しいとき」には、旧型の#3776の方に軍配が上がります。ですので、用途によって新型と旧型を使い分けています。

1850


 新型#3776では首軸内に入り込むニブの長さが短くなりました。これによってペン芯ズレが生じるのではないかと危惧していましたが、今のところは問題は生じていません。ペン芯の形が変わり、ニブの幅一杯にペン芯が支える形になっていますので、これからもペン芯ズレの問題は生じないと推定しています。

■新型#3776の書き味

 書き味に関しては旧型と違いは感じません。インクフローは良くなりましたが、#3776らしい鉛筆のような書き味は健在です。ただインクフローが良い分、低筆圧でもインクが出ますので、若干ですが、鉛筆っぽさは減っています。そのため、長時間筆記していても疲れにくいです。パイロットやセーラーとの書き味の差別化はしっかりできている感じですね。「インクフローが良くなったのなら#3776を買う意味がないのではないか」との心配は杞憂だと思います。

 というわけで、新型#3776は今の私のお気に入りです。しばらく前まではパイロット15号ニブが私のお気に入りでしたが、今はその座を新型#3776が奪っています。もちろん心変わりがいずれあるかもしれませんが、しばらくはメインの座は揺るがない感じです。

1851

|

« 風雨による地デジの映りの悪化は厳しい | トップページ | ペリカン「M600 Green o' Green」の正体とは? »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

>#3776らしい鉛筆のような書き味は健在
おっと、これを見逃してました。書き味はニューヤングレックスに準じる方がいいです。インクフローで書き味が変わるということは?書き味が一番のポイントなのです。
今のところまとめると、インクフローのカスタム74、高級感、インクフロー改良の#3776センチュリー、全般的にokだが値上げされたプロフィット、ですね

投稿: mituno235 | 2011年9月19日 (月) 10時40分

 >mituno235 さん

 鉛筆のような書き味は#3776に独特のものですから、だいたいの万年筆ではニューヤングレックスのような書き味になると思います。鉛筆傾向なのは#3776の他にはアウロラがそうですね。

 国産1万円台の傾向については、そんな感じだと思います。

投稿: EF Mania | 2011年9月19日 (月) 11時07分

今までインクフローだけで決めてました。ペン習字ペンの書き味より#3776の書き味がいいですか?書き味がいいものが欲しいのでやはり「ペン習字ペンより書き味がいい」という条件になりました。

投稿: mituno235 | 2011年9月19日 (月) 12時29分

 >mituno235 さん

 ペン習字ペンはあまりにペン先が細すぎるので、針でひっかくような書き味ですね。それに比べれば、やはり#3776の方が書き味は良いですね。

投稿: EF Mania | 2011年9月23日 (金) 19時29分

これは#3776で決定ですね。必要であれば来年に「セーラー プロフィットスタンダード」を買います。しかし「プロフェッショナルギアスリム金」と競合しています。買わないと思うのですが、どっちがいいかな…と

投稿: mituno235 | 2011年9月23日 (金) 21時03分

 >mituno235 さん

 プロギアスリムは小型で、携帯用ですね。キャップを後ろにつければそれなりの長さになるので、筆記時には問題ないですが、逆に言えばキャップを後ろにつけるのは必須だと思います。プロフィットスタンダードの方は、キャップをつけなくても問題のない長さです。

投稿: EF Mania | 2011年9月23日 (金) 21時26分

私はグラマーではキャップをつけていますが、それ以外はつけないことが多いです。 もし買えたらプロフィットスタンダードを買うことでしょう。コンパクトにこだわる必要はないのです。(ちなみに私が新しく買ったメガネケース(万年筆用ですが)には「ペン習字ペン」でギリギリでした)  そもそも今「ハイエース ネオ」は凍結(インクを抜いて、洗って保存)してありますので、#3776を買ったら「プレピー」が凍結になります。もしプロフィットスタンダードを買ったらもう1本のプレピーも、凍結になると思います。

投稿: mituno235 | 2011年9月24日 (土) 09時01分

 >mituno235 さん

 プレピーは安いですが、質がそれなりですので、どうしても他の高級万年筆を購入すると、使わなくなってしまいますよね。同じ書き味でも、やはり高額の方をついつい使ってしまいます。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年9月26日 (月) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風雨による地デジの映りの悪化は厳しい | トップページ | ペリカン「M600 Green o' Green」の正体とは? »