« プラチナ 「90周年記念 25G カーボン軸」 のレビュー | トップページ | パイロットの「石目」を購入するかどうかで悩む »

米Googleにおける「万年筆」の関連検索が興味深い

 米Googleでは、しばらく以前から特定の言葉で検索したときに、"related searches for..." と関連ワードが表示されるようになっています。そこで "Fountain Pen" で検索してみると、なかなか興味深い検索結果が得られました。この関連ワードが手作業によるものか機械的なアルゴリズムによる出力結果かは分かりませんが、面白いです。

1866

■パーカー人気

 まずブランドを見ると、パーカーが最初というのはいかにもアメリカらしいです。また、日本で人気のペリカンがないところが目につきます。こうしたところは、ブログ「Penペン草子 万年筆初心者の断想」さんのアメリカのペンショーについての記事内容とも一致します。やはりアメリカではパーカーやシェーファー、ウォーターマンが人気なんですね。


 ショップでは、私も海外通販したことのある Fountain Pen Hospital が真っ先に掲載されています。ニューヨークに実店舗があることもあり、大手なんでしょうね。Levengerはオフィス用品全般を扱った店舗のようです。

 →「キャップレス マットブラック」を購入した
 →パイロット 「キャップレス 螺鈿」 を入手
 →マーレン 「ル・レーヴ ピンク」を入手

1771


 タイプの項目ではビンテージ、デモンストレーター、スターリングシルバーはよく分かるのですが、Metropolisというのは何なんでしょうね。Metropolisという名前の万年筆はいくつかありますけれど。自動生成のバグかもしれません。

|

« プラチナ 「90周年記念 25G カーボン軸」 のレビュー | トップページ | パイロットの「石目」を購入するかどうかで悩む »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラチナ 「90周年記念 25G カーボン軸」 のレビュー | トップページ | パイロットの「石目」を購入するかどうかで悩む »