« ロングプロダクツから「ラピスラズリ オノトタイプ」が発売に | トップページ | パイロットから「カスタム一位」が発売に »

パイロット「カスタム823」を購入した

 プランジャー吸入式のパイロット「カスタム823」を購入しました。カスタム823はインクの吸入方式として、独特なプランジャー式を採用しています。その結果として、胴軸のほとんどをインクタンクとして利用することができ、回転吸入式では実現できないほどの大量のインクを吸入できます。

 色は「ブラック / ブラウン / 透明」とある中、他にはないユニークな色であるブラウンを購入しました。全体が半透明のブラウン色で、半ばデモンストレーターとも言えます。海外のネットショップでは Amber(琥珀)色との記述も見られます。

 →パイロット カスタム823 万年筆 (オフィスワン北浜店)

1882

■15号ニブ

 私がこのカスタム823を購入した最大の理由は、私の中で最近カスタム743がブームになっているからです。私は昔から5号ニブのカスタム74系列が好きだったのですが、最近は15号ニブを装着した743の書き味やバランスを好むようになってきています。そうして743を愛用する中、同じ15号ニブを装着した823はどんな書き味・バランスなのだろうという興味がわきまして、購入した次第です。大型ニブを装着した万年筆ですが、海外製万年筆に比べると安価ですので、割と気軽に購入できました。

1880


 ブラウンの胴軸ですが、事前に想像していたより中身が透けるという印象です。かなり濃いめのインクでも、残りインク量が一目で分かります。派手すぎず地味すぎず、バランスの取れたカラーで、気に入っています。ただインクタンク内に残る白いシリコングリスの跡が目立つのが興ざめです。洗い落とすわけにはいきませんので、我慢するしかないですね。

1884

■プランジャー式

 このプランジャー式は、ペン先からインクが噴き出す事故を防ぐために、インキ止めの機構も備えています。尻軸を閉めればインクタンクとペン先とが遮断されます。ですので、筆記時には尻軸を緩める必要があります。ただ私は面倒なので、尻軸はずっと緩めたまま使っています。気温や気圧が激しく変化する環境では使いませんので、それで問題は生じていません。

 →吸入式万年筆のインク吸入量が少ない理由

1881


 気になる点としては、プランジャー機構ゆえに筆記バランスが少しリアヘビーなところでしょうか。カスタム743に慣れた私の感覚では、なかなか慣れなくて、まだ違和感が残っています。その点、好みが分かれるかもしれません。購入してまだ日が浅いですので、もう少し使い込んでから詳細なレビューを書きたいと思います。

1883


※スペック一覧

・重さ 全体:29.5g キャップ:9.5g キャップなし:20g
・長さ 全長:14.8cm キャップなし:13.2cm 後尾にキャップ:16.3cm
・太さ 首軸最小径:10mm 首軸最大径:11mm 胴軸最大径:12.5mm 胴軸最小径:9mm キャップ先端:15mm キャップ後端:10mm

|

« ロングプロダクツから「ラピスラズリ オノトタイプ」が発売に | トップページ | パイロットから「カスタム一位」が発売に »

万年筆 / 購入・海外通販」カテゴリの記事

コメント

やはり823はリアヘビーなんですね……
透明ブラックの太字を購入候補に入れていたんですが、もう一度考え直してみます。

投稿: ヘンリー | 2011年10月15日 (土) 15時46分

 >ヘンリー さん

 吸入機構が金属である以上、どうしてもそうなっちゃいますね。大量のインクが吸入できるのは魅力的なのですが、どうしてもカスタム743の方が使用頻度が高くなっています。

投稿: EF Mania | 2011年10月15日 (土) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロングプロダクツから「ラピスラズリ オノトタイプ」が発売に | トップページ | パイロットから「カスタム一位」が発売に »