« 阪神梅田本店で「2011 私の文具スタイル」が開催中 | トップページ | Omas 360 のスプリングを取り外した »

ペリカン 「スーベレーン M600」 のレビュー

 ペリカンの「スーベレーン M600」、緑縞のEFです。

1889

 →ペリカン スーベレーン M600 緑縞 EF (amazon.co.jp)

(1)位置づけ

 ペリカンのスーベレーン・シリーズは、いくつかのカテゴリに分けられます。「携帯用の小型 M300」、「軽めの細軸 M400 / M600」、「重めの太軸 M800」、「超大型で柔らかペン先 M1000」と、それぞれが独特の個性を有しています。しかし上の記述で分かるように、M400とM600は他と比べると違いが小さいです。それだけに、M400とM600のどちらを購入するかは判断が難しいです。

 →Pelikan 「スーベレーン M1000」のレビュー


 M600はM400に比べて、「8mm長く、0.3mm太く、2.5g重い」です。それでいて価格が8,400円高いですので、一般にはM400の方が人気があります。しかしそれでも私はM600の方を購入しました。それはM400は私には小さすぎると感じられたのです。実際、カスタム74など国産のレギュラーサイズと比べると、M400はかなりコンパクトサイズです。私はあまり小さな万年筆は好みませんので、価格が高くてもM600を購入した次第です。

1892

(2)ペン先

 ペン先は小さめですが安定したインクフローで、快適に筆記できます。ただ極細好きの私からすると、ペリカンのEFはFとの違いがあまりなく、太すぎるように感じられます。ですので、私は Richard Binder氏のカスタムXXXFニブを購入したり、昔の細かった時代のEEFニブを入手したりして、極細ニブに付け替えて利用しています。

 →ペリカン 「400 緑縞 EEFペン先」 を入手
 →ウェーバリー加工された「ペリカン XXXF ペン先」を購入した

1890
(※写真のペン先は18金ですが、実際のM600のペン先は14金です。)


 ペリカンのニブユニットはネジ式で取り外すことができます。そしてM600とM400のニブは互換性があり、交換可能です。ただ、M600のニブはM400に比べるとわずかに長いです。ですので、M600のニブをM400に装着するのは避けた方が良いです。問題のない場合もあるのですが、個体差によっては、ペン先がキャップの天井にぶつかってしまう恐れがあります。

1893

(3)筆記バランス

 17.4gと軽い万年筆で、キャップをつけてもつけなくても快適に筆記できます。胴軸が少し短めですから、一般的にはキャップを後ろにポストした方が書きやすいでしょうか。ただ私はそれでも、キャップはつけずに使用しています。

1888

(4)その他

 インクは回転吸入式で、そこそこ多めのインクが吸入できます。一時はピストンが重くなって悩んだこともありましたが、シリコンスプレーを使うことで解決しました。

 →"シリコンスプレー"で吸入機構のメンテナンス

 なお、天冠は少し前に金属の新仕様に変更されました。

 →ペリカンの天冠が、梨地金属タイプに変更

1635

(5)総評

 ペリカンを代表するスーベレーンの中では一番影の薄いモデルです。スペックはM400に似ていますから、M400の感想やレビューはM600にもほぼ当てはまると言っていいでしょう。

 EFがあまり細くないのが個人的には不満ですが、デスク上で使う軽量レギュラーモデルとして、とても優秀な万年筆だと思います。回転吸入式の万年筆が欲しい方にとっては、パイロットのカスタム92と並んで有力な候補の一つと言えるでしょう。

1891


※スペック一覧

・重さ 全体:17.5g キャップ:6.5g キャップなし:11g
・長さ 全長:13.2cm キャップなし:12.3cm 後尾にキャップ:15.3cm
・太さ 首軸最小径:10mm 首軸最大径:11mm 胴軸最大径:12mm 胴軸最小径:10mm キャップ先端:14mm キャップ後端:11mm

|

« 阪神梅田本店で「2011 私の文具スタイル」が開催中 | トップページ | Omas 360 のスプリングを取り外した »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
初めて手に入れた吸入式万年筆がM600で、私の中のスタンダードになっています。
緑軸のFニブを愛用していましたが、書き味が荒れてきたように感じたため、自己調整を試みましたが失敗しました。(笑)
現在は、Mニブを換装して使用中。構えずに気軽に使えるところがいいですね。

投稿: KEN | 2011年9月16日 (金) 12時29分

こんにちは。

M600は気になりつつも購入していない軸。よい限定品が出ないか待っているところです。
初めてペリカンを試し書きしたときに、一番しっくりきたのがこちらのモデル。
現在はM400がメインになっています^^;

もっと気になるのはパイロットの742と743の細字。他国産2社のものは持っているのですが、
司法試験向きの742(最近使ってる人は少ないのですが・・・)か、大型ニブ好きの私としては743か。マジメに縦字を書く時用にどちらがよいのか迷っています。

投稿: だらだらと | 2011年9月16日 (金) 19時05分

こんにちは。
「ストックホルム」という限定品のM600系を使っています。これに慣れてしまったのでM800は大きくM400では小さく感じます。けれども、当時、都市シリーズが出ていなければM400にしていたと思います。

投稿: からんせ | 2011年9月16日 (金) 21時47分

 >KEN さん

 私もM600が最初に購入した吸入式万年筆です。調整は難しいですよね。私も少し自己調整に手をつけていますが、最近はペリカンに関しては、記事に書いたように既製の改造ニブを購入するというお手軽方式で済ませています。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 04時14分

 >だらだらと さん

 M600は以前は限定モデルが多数出ていたのですが、最近は出ていませんね。M640自然の美観シリーズのリリースが影響しているのかもしれません。

 私は743を愛好していることもあって、743を薦めたいのですが、ただ742と比べて1万円アップの価値があるかどうかとなると、なかなか悩ましいところです。大型15号ニブの購入は823の方にするというのも一つの戦略かもしれません。ただ823はリアヘビーなので、個人的には743の方をよく使います。

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 04時22分

 >からんせ さん

 都市シリーズは素晴らしいモデルが多く、素晴らしいシリーズだったと思います。ただ都市シリーズが発売されていた頃は、私は限定モデルにあまり興味がなく、完全にスルーしてしまいました。残念です。これから、都市シリーズに匹敵するような限定モデルが出てくれることを期待しています。

投稿: EF Mania | 2011年9月18日 (日) 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪神梅田本店で「2011 私の文具スタイル」が開催中 | トップページ | Omas 360 のスプリングを取り外した »